バリ島 すめれけて日記

バリ島在住の広島女が、インドネシアやバリ島のあれこれをお知らせします。 アナタの知らないインドネシアを覗いてみてください!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出雲のパワースポット、須佐神社に行ってきたっ!!(其の弐)

さぁ、今日もバリ島とは関係のない話をしますでぇー。

日本のお話の方が、漢字が多いせぇか、賢いブログに見えません!?気のせいかぁ!?

さて今日は、「須佐神社の七不思議」についてご紹介します。
Susa-Jinjya-005.jpg
一気にご紹介します。

まずここ、須佐神社は山深い場所にあるってのをまず頭に置いていただいて、

①塩井(しおのい)
日本海が満潮の際に、なぜか境内に潮の湧き出る場所があります。これが「塩井」です。
時間などによって水の湧き出方に違いがあるのは、潮の満ち引きに関係があるからだそうです。ってことはこの場所が日本海に続いているため!?・・・ですかぇ??

②神馬(しんば)
須佐神社に奉献された神馬は、たとえどんな毛色の馬でも、後々には白馬に変わり、吉凶や国の大事を予知するスピリチュアルな馬になった、と言われています。
NHKの登坂アナウンサーのように染めるのをやめただけかもしれません・・・。

③相生の松(あいおいのまつ)
今は枯れていますが、本殿の裏に一本の松に雄松、雌松の両肌のものがあります。
両性具有ってヤツですかぇ!?

相生の松ではないんですが、こんな大杉(蓮?)もあります。
Susa-Jinjya-003.jpgSusa-Jinjya-004.jpg
この木、周囲が6m、高さが35mだそうです。

母曰く、この木に触ってその手で自分の痛い箇所に触ると痛みが和らぐとか・・・!?

実体験者 … 母&義兄
2時間後いかに!? … あーっ、軽くなった。(By 母)
4時間後いかに!? … 合わしてあげにゃあ、可哀想じゃん。(By 義兄)

いい婿殿ですっっっ。娘(私含む)は鼻で笑ってたのに・・・。

④陰無桜(かげなしざくら)
その昔、隠岐の国に太陽がかげって耕作不能の場所があったそうです。
これを占ったところ、出雲の須佐大宮の桜の陰のせいであるということで、桜が切られてしまいました。その切り株から生じた桜は、以後、茂らず枯れずに今日に至っています。

ってことは隠岐地方は今も耕作不能なのかい!?

⑤落葉の槙(おちばのまき)
須佐之男命のお妃である稲田姫が御子様を出産された時、後産を槙の葉で包み、それを松葉で綴って川に流されると、流れ着いたところに槙(柏)と松が生えてきました。
これが「落葉の槙」です。

⑥星滑(ほしなめら)
須佐の中山の頂き近くに滑らかな岩肌が見え、その中央に光るものが「星滑」と呼ばれています。
大きく光ればその年は豊作、小さければ不作であると伝えられています。

⑦雨壷(あまつぼ)
境内摂社の厳島神社より下にあり、道路の下手の田の畔にある岩のことです。
その岩の穴をかきまわすと、神の怒りで大暴風雨が起こると言われています。

とまぁ、こんな七不思議があるんですね。

行く前に調べておけば良かった・・・。

そうそう、須佐神社の駐車場横におそば屋さんがあります!!

店内はテーブル席が5つ程の狭いお店なのですが、美味しいお店です!!店員のにぃちゃんが素朴で良かった!!

あと、三次ICからお越しの場合は、途中に「道の駅」が5軒くらいありましたよ!!
トイレ休憩も兼ねてその中の1軒に立ち寄ったんですが、野菜、花、お饅頭なんかがたくさん売られていました。見るだけでも楽しいわな。

しかし、高速道路のサービスエリアのトイレもだけど道の駅のトイレも須佐神社のトイレもどこもキレイですなぁー。

国際空港(ングラライ空港のこと)のトイレですらあのザマのインドネシアから戻ってくると、日本の潔癖ぶりにたまげてしまいますわ。

皆さんもドライブがてらに行ってみてはいかがですかい!?

次回は念願の「三次ワイナリー」をご紹介しますぜっ!!

須佐神社(SUSA SHRINE)
住所 : 島根県出雲市佐田町宮内730
電話番号 : 0853-84-0605

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
スポンサーサイト

出雲のパワースポット、須佐神社に行ってきたっ!!(其の壱)

今日は、バリ島とは全く関係のない話をば・・・。

今回帰国中に、島根県の出雲地方にある『須佐神社』なる場所へ行ってきました。
Susa-Jinjya-001.jpg
おススメしてくれたのは、母と妹ちゃん。

しかもあのっ!?スピリチュアルカウンセラー(?)の江原啓行さんも太鼓判を押してるほどのすんげぇパワースポットらしいのです。ちなみに私、江原さんのモノマネが得意です、どーでもいいけど・・・。

私、その手の話はあまり信じておりません。「神々の島、バリ島」に住んでるのにモッタイねぇー!!と妹ちゃんには責められましたわよ。

否定もせんけど肯定もしません、というズルイ考えです。

パワースポットにしてみても、私にとっては仕事が終わって帰る家や、広島の自分の部屋も明日への活力を与えてくれるパワースポットなんですのよ。

でもまぁ、行ってきました。

その後に頼むけぇー、島根ワイナリーか三次ワイナリーに連れてってちょーだいってのを条件にして・・・。

須佐神社ってのは、有名な天照大神の弟君の須佐之男命の魂を祀った神社ざます。

須佐之男命に縁のある神社ってのは実は全国に数多くあるんですよ。でもこちらは唯一その魂を祀ってる由緒正しい神社なんざます。

江原さんが、まだそんなに太ってない頃にその著者(江原啓行神紀行、四国・出雲・広島編)で紹介されて以来、日本一の神社&パワースポットとして注目を集めてるってわけなんです。

我が家にはその江原さんの本があって、何年か前に友人の結婚式で広島県が誇る世界遺産「宮島」に行ったときにも宮島内にある江原さんおススメのパワースポットを妹ちゃんと訪れましたわよ。

さて行き方ですが、私たちは五日市ICから高速道路に乗ってそのまま中国道へ進み、三次ICで降りました。

この方がまわり道しなくて良い・・・と母の知人の1年に何度もこの地を訪れる人が行ってました。

要は、三次で降りろってことですね。んで広島県と島根県の県境である赤名峠なんかを通って出雲に向かってくださいまし。

さてこちら、島根県の文化財に指定されてます。

現在残っている本殿は、戦国武将尼子晴久の時代(尼子晴久は1514年から1561年まで生きてた)に建て替えられたものです。

現在の「須佐神社」という名前に落ち着いたのは明治4年のことです。

奈良時代には須佐社、平安時代には須佐神社、室町時代には十三所大明神、天文年間には大宮大明神、近世では須佐大宮もしくは出雲大宮と呼ばれていました。

ここはお参りの方法が独特なんですよ。

それを知るために、須佐神社の近くで雑貨屋を営まれてるおっちゃんのとこに行き話を伺いました。

雑貨屋のおっちゃんに聞くのも良いのですが、タクシーの運ちゃんもよく知ってそうです。

こちらは入り口です。
Susa-Jinjya-002.jpg
まず境内に入る前に、干支が書かれてる場所があるんですけど、そこに行き自分の干支の上に立って、「すんません、お参りさせてくだせぇ」と挨拶をします。

んで細かいことは忘れたのですが、右足から中に入らないといけないようです。

しかも石畳の真ん中は神様の通り道なんで、はじっこを通らねばいけません。一休さんと逆のことをせねばいけんのですねぇ。

んで本殿にいきます。

出雲大社は4拍手ですけど、こちらは「2拝、2拍手、1拝」と普通の神社と同じスタイルです。

まぁ方法ってのも大事なんだろうけど、心からってのが大事なんじゃないのっと私は思うんですよね。スタイルにばっかとらわれてたんじゃあダメっすよ。

んでこちら、七不思議ってのがあるんですよ。

まぁこれは次回ってことで。

須佐神社(SUSA SHRINE)
住所 : 島根県出雲市佐田町宮内730
電話番号 : 0853-84-0605

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

不完全燃焼、アジアビーチゲームっ・・・。

日曜に公約通り(?)、プンチャックシラットを見に行って来ましたよ!!

土曜の夜は、ガルーダウィシュヌクンチャナ公園(GWK)で、開会セレモニーがおこなわれていたようで、花火なんかもどどーんと上がっていました。

この写真は、花火を見に行ったら既に終わっていた写真です・・・。
AGB-Bali-001.jpg
最初、花火の音を聞いて雷だと思ってたんですよぉ。のほほーんと「きよしとこの夜」見てる場合じゃなかったですよ、急いで見に行けばよかったです。

なんか嫌な予感です。

んで次の日、お昼にブノア岬に行ってきました。

目指すは、プンチャックシラットとその他の競技。

しかし、まぁ案内が少ないっ…。

一応、「プンチャックシラット会場まで4キロ」とかいう看板は出てるんですが、それらしき場所に着いても「プンチャックシラット会場」とかいう看板は皆無です。

ブノア岬に点在するマリンスポーツ屋は普通に営業してるし・・・。ホンマにアジアビーチゲーム(略して、ABG)がおこなわれているのか不安です。

もしかしたら、昨日の花火で全予算を使ってしまい、急遽中止になったんじゃあねぇの?ってなことまで考えちゃいましたよ、私ったら。

結局、プンチャックシラットはBMRというダイビング会社の隣りで開催されていることが判明しました。

行ったけんども、終わってましたよぉおおおお!!

ですがバリ島のヴィラ経営者同様に、転んでもタダでは起きない私。

ほいじゃあブノア岬でおこなわれている、ビーチポロもしくはビーチバスケットボールを見てやろうと思い、中国寺院方面へ行きました。

しかしですね、漁師町が広がるばかりでそれらしき競技会場は見当たりません・・・。

その辺でぼんやりしてるおじさんに「アジアビーチゲームはどこでやってますか??」と聞くと、「かたにゃ、サヌール(サヌールって聞いたよ)」という驚愕の回答がっっっ!!

地元住民も知らないのかぇ!?

暑いし、諦めて帰りました(根性なし・・・)。

私が高校1年のときに、広島でアジア大会があったんすよ。

たくさんのインドネシア人が選手村から脱走しましたね・・・。

で、高校から授業の一環で陸上競技なんかを見に行くことができたんですよ(今思えば、サクラですわな)。そんときは会場であるビックアーチまで案内もあったし、パンフレットもあって時間もわかったし、高校の体育祭ではテーマソング「砂漠の薔薇」でマスゲームをしましたよ。

広島の公民館では、「一館一国運動」ってのをやってて、1つの公民館が1つの国を応援しようっていう企画(?)もありましてね。
うちの近所の公民館はインドネシア、もう1つの近所の公民館はモンゴルを応援してましたわ。

そんな親切心はねぇのかい!?

それとも見に来るなってことなのかい!?

私には大会運営者の自己満足的な大会じゃねーの!?と思いましたよ。

今日は厳しいわよ、私。

◇今日のルピアレート◇

2008年10月20日 : 1円 = 95.75ルピア

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

ようこそってな写真!!

今日も目ぼしいネタがないので、問題を出します。

さぁ、ここはどこでしょう!?
Flight-001.jpg
私は毎日、ここを通ってますわ。

これはデンパサール国際空港に今まさに到着する飛行機の中から撮った写真です。

東側から降りてますね。

そうするとブノア岬やブノア港の上空を通るんで、ノボテルブノアで働いてるイケメン営業マンのソニーさんが見えるかもしれませんでぇ。

ガルーダの大阪便もこっちから降りるような・・・。それからJAL便も。

こんなに低いとこを飛んでるんだから、あんまり高くに凧揚げせんとってください。

◇今日のルピアレート◇

2008年10月15日 : 1円 = 95.50ルピア

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

演歌っぽいバリ島!?

さぁ、ここはどこでしょうか!?
Ombak-image-001.jpg
すごいです。

波の谷間に 命の花が ふたつ並んで 咲いている♪
兄弟船は 親父のかたみ 型は古いが しけにはつよい♪
おれと兄貴はヨぉー 夢の揺り籠さ♪

と最近顔がむくんできた鳥羽一郎氏に崖のとこで歌ってほしいですわ。

ここはですね、なんとタナロット寺院です。

いっつもお寺と蛇ばかり見ていたので、ちょっとこちらに注目してみました。

ここでサーフィンしてぇ!!という方も多いでしょうが、下は岩だらけで危ないらしいです。

タナロット寺院(PURA TANAH LOT)
拝観料 : Rp6,000/お一人様
場所・アクセス方法 : バリ島東部タバナン県の南東部です。クタ地区のホテル(例えば、サンティカビーチホテル)からは車で約1時間程。

◇今日のルピアレート◇

2008年10月6日 : 1円 = 90.50ルピア

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。