バリ島 すめれけて日記

バリ島在住の広島女が、インドネシアやバリ島のあれこれをお知らせします。 アナタの知らないインドネシアを覗いてみてください!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

象まみれになるぞう… (其の弐)

バリアドベンチャーの「エレファントロッジ」に泊まった、私と友人。

夜はまだまだ長いんです。

当たり前ですが、私の住んでるジンバランとこのタロ村は夜の様子もえらい違います。

まずジンバランには象がいませんけぇね・・・。

さて、象アクセスから象に乗った私たち。

象に乗って公園まで行きます。

まずは公園の中心にまで行き、象たちによる芸を見ます。

その前に象と触れ合うコーナー(?)もあります。

ここで象に餌をあげるんですが、象ってのはあんなデカイ体のクセに木みたいなもんを食べてるんですね(ちなみにココナッツの木でした)。
お世辞にも美味しそうと言えないものを義務的に食べてる象。すぐに飽きてしまった私と友人。そーいうとこもこの友人とは気が合うとこだと思います。

んで、特設コーナーで芸を見ます。
Bali-Adventure-night-002.jpgBali-Adventure-night-001.jpg
最初、3頭の象がいたのですが、1頭は「ケッ、やってられっかっ!!」ってな感じで芸をすることを拒否。

なんだか仲良くなれそうな象じゃのぉーと思いました。

そんなぐれた象はさておき、ただひたすらに芸に励む象2頭。
何が彼らをそんなに駆り立てているのか・・・。そんなことが気になって仕方ない私。私が象に生まれていたならば、象牙を獲られてもいいから、こんな芸はしたくないなぁー、いや、芸の為なら女房も泣かすってか・・・!?と意味不明なことを考えていた約15分未満のショータイム。

そんなショータイムが終わると、タロ村の中を象に乗って散策します。
Bali-Adventure-night-003.jpg
日本人のお客さんにはお決まりってなことで、「ぞーおさん、ぞぉーおさん、お鼻が長いのね♪」と童謡を歌いだす象使いのにぃちゃん。

全く反応を示さない、私と友人・・・。

バリ島に5年も住んでると、こんなことで微笑むことができなくなるんでしょうか!?

コースの途中で、蛍を発見!!

ってかわんさか飛んでて終いには珍しく感じなくなるけぇ不思議です。でも幻想的な雰囲気でしたよぉー。

ちなみに蛍はインドネシア語では、「コナンコナン」と言うそうです。

「名探偵じゃ」、と象使いに言っても笑ってくれませんでした。一世一代の歌を歌ったときに無反応だった仕返しじゃろうか・・・。

そんなこんなで約30分くらいのナイトサファリ終了です。

ゴール地点は、エレファントロッジ内の「マンモスヘッドバー&ラウンジ」です。

象から降りるときに、安全の為に受け止めてくれる(?)担当のおにぃちゃんの手を思い切り握っちゃったわよ、私ったら。逆セクハラじゃ。

マンモスラウンジでの嵐のディナーの様子はまた次回っ!!

エレファントサファリパークロッジ(ELEPHANT SAFARI PARK LODGE)
住所 : Jl. Elephant Safari, Taro Ubud
電話番号 : 62-361-721480(オフィス)

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
スポンサーサイト

出雲のパワースポット、須佐神社に行ってきたっ!!(番外編)

さぁ、今日は私が行きたくて仕方なかった「三次ワイナリー」のご紹介をします。
Miyoshi-wine-003.jpg
なので、月初め恒例の祝日&お祭り情報はまた今度・・・。

そのウェブサイトには、

霧がいざなう三次ワイン

三次市特有の気候風土に

育まれた葡萄一粒一粒に、

情熱と最新の技術を注いで誕生した

『三次ワイン』

ゆっくりとグラスにみたされていく

ワインは、まるで三次盆地を覆い尽くす

霧の海のように

神秘的な時の流れの尊さを教えてくれます


と、文節おかしくねぇかい!?ってな文章が載っています。

私の目的は、ズバリ試飲ですっ!!

しかも一緒に須佐神社に行ったメンバー(母、姉夫婦、私)の中で呑めるのは私だけっ!!

完全に私のワガママです。

でもまぁ1年に1回の帰国なんじゃけぇ許してくだせぇ。

白ワインが欲しかったんで、ガバガバ呑んで色々試した結果、1番甘口の「巴郷/極甘口」を購入しました。

このワインは、広島県内産のデラウェアを原料として極甘口に仕上げており、食前酒・デザートワインや食後酒に最適だそうです。

あのときは日本に帰ってきたばかりで、まだお酒に弱い時期だったので「巴郷/極甘口」を買ってしまいましたが、段々と日本滞在も長くなりイケる口になってきたら、もうちょっとピリっスキっとの辛口にすりゃあ良かった・・・と後悔しちゃいました。

敷地内にはワインの工場、ワインのみならず三次&広島県のお土産が置いてある物産展コーナー、170名収容可能なバーベキューハウス、50名収容可能なバーベキュー屋外テラス、16名収容可能な特別室があります。

物産展コーナーには、乳団子もありますよ。

広島人なら誰もが歌えるCMソングで有名な(?)竹屋饅頭があったかは見てません。すみません、乳団子派なもんで・・・。

姉は、ご当地ソフトクリーム好きなので、三次ワイナリーにあるであろう、「ワインソフト」を楽しみにしてたんですけど、結局それは食べずに三次ワイナリー近くにあるケーキ&和菓子屋さんで、ケーキを食べました。

三次にもこんなおしゃれなお店があるんですねぇー(おっと失礼・・・)、というような店内でいただくケーキ。

季節柄、栗とか葡萄を使ったケーキが多かったです。
Miyoshi-wine-001.jpgMiyoshi-wine-002.jpg
私は、写真左のモンブランを喰らいました。

写真左と写真右は同じくモンブランなのですが、違いは栗の産地です。

左はおフランス、右は国産です。ちなみに国産の方が値段が高いんです。

試飲ワインをがばがば呑み、ケーキを食べ、至福のひと時ですわー。

でもよく考えたら、三次ワインってうちの近所の酒屋さんでも購入できるんですよぉ。でも試飲はできませんけぇねぇー、こりゃあ三次ワイナリーまで行かにゃあー、って完全に酔っ払いのおっちゃんじゃね、こりゃ・・・。

広島三次ワイナリー(HIROSHIMA MIYOSHI WINERY)
住所 : 広島県三次市東酒屋町445-3
電話番号 : 0824-64-0200
営業時間(物産展) : 9時30分から18時まで
営業時間(バーベキューガーデン) : 11時から18時まで
※土日祝日、バーベキューガーデンは11時から20時まで営業しています!!

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

↓こんなのもあったっ!!↓
広島ブログ

バリハイクルーズ、レンボンガン島の宿泊施設!!

今朝、出勤時に信号待ちをしていたら、隣りのバイクのねぇーちゃんがものすごいオカマさまでした。

80年代系のピンクの口紅に青いアイシャドー、そしてコンシーラーでも隠し切れない強情な青いおヒゲ・・・。

なんだか懐かしい系のオカマさまです。

最近のオカマさまは押切もえみたいな感じですけぇね。(おっと暴言・・・)

彼女(彼!?)は、すんごいきっつい香水のにほひとともに颯爽と去って行きました。

朝からどこに行くんだろ!?

あの風貌で普通の会社員だったら、インドネシアも捨てたもんじゃない、と思ってみたり。

若干濃いので、爽やかな話題をば・・・。

今日は海の帝王として名高い、バリハイクルーズのビーチクラブ内にある宿泊施設『ハイタイドハッツ(HAI TIDE HUTS)』についてご紹介します。

こちらは、バリ島から船で1時間程の場所にあるレンボンガン島にあります。

ほんの1時間程行っただけで、青い空、白い砂浜、ガチョンのいない澄んだ海が広がっていますぜ、こりゃあまさに楽園!!

ここへは、日帰りのクルージングで来られる方は数多くいらっしゃるものの、1泊宿泊してみよぉーかぁーってな方はあまりいないように思います。

「もっとマリンスポーツしたい!!」、「もっと自然を満喫したい!!」ってな方の為のご宿泊プランです。うれしいですね。

バリハイクルーズからのインフォメーションには、

ロビンソンクルーソーのように漂流してみませんか。

と書いてありました。

うーん、すごいです。
天災、人災なんかがもたらすであろう漂流をあえて、「してみないか??」と誘ってるんですけぇ。うひょー、「帰る頃にはアナタもタフガイ!?」というサブタイトルが付きそうで、参加者の脳裏に「もしかしたらねずみとか食うんじゃなかろうか??」、「もしかしたら土人の生贄になるんじゃなかろうか!?」という期待と不安を持たせてしまいます。
あっ、ちなみにレンボンガン島は無人島ではござぁせんので。

さて、そんな宿泊施設は全16棟。そのうちの1棟はヴィラタイプ(2ベッドルーム)になっています。

建物はルンブンスタイル(米倉スタイル)です。
Balihai-Huts-001.jpg
萱葺き屋根が周囲の自然と溶け込んでますねぇ。

お部屋内の設備は、エアコン、ファン、セーフティーボックス、隣接した別棟にトイレとホットシャワー(バスタブはありません)があります。

料金はお一人様1泊US$125です。
※2009年4月1日からの料金です。

料金には、ビーチクラブ、リーフクルーズの通常プログラムが2日分付いているのでお得ですのぉ。

この辺きっと、夜はこぼれんばかりの星空ですよ。

日帰りプログラムでは体験しきれない、新しいレンボンガン島を是非その目で見てはいかがですかい!?

バリハイクルーズ(BALIHAI CRUISES)
住所 : Benoa Harbor, P.O.Box 3548
電話番号 : 62-361-720331

◇今日のルピアレート◇

2008年10月24日 : 1円 = 102.45ルピア

驚異の100越えですぜぇー!!

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 【“バリハイクルーズ、レンボンガン島の宿泊施設!!”の続きを読む】

初潜入、KU dE TA様っ!!

初体験です。

初潜入です。

私のような庶民は入れないのかと思っていました。

それは天下の、
Kudeta-001.jpg
ざます!!

うひひー!!行っちゃいましたぜー!!しかもサタデーナイトにっ!!

もう正気の沙汰ではなかったです。

実は私と『クーデター(KUDETA)』様は意外なとこでつながりがあったんです。

昔、この近くに住んでいたんですのよ。(それだけかいっ!?)

そんで、近所のワルンにアヤムゴレンを食べに行ったら、お店が混む前にいっちょ腹ごしらえするかぁーというクーデター様のスタッフをよく見かけました。

なんだ、まかない付きじゃないんだ。

なんだ、意外と庶民ちっくじゃん。

こちらのスタッフ、一時期「ものすごく、そんぼん(偉そうな、横柄な)じゃ・・・」という噂がありました。

確かに、自分たちもアヤムゴレンやレレゴレンを食べたり、ブンコスしてるのに、そこで一緒に食べてるほかのお客さんを、「アンタたちとは違うのよっ!!」的な感じで見ていました。

しかも私が姉と一緒に広島弁であーだこーだ言いながらアヤムゴレンを食べてると、「あら、ヤダっ、ジャパニーズ!?うちに来れない輩ね、ふふん」ってな感じでせせら笑いされたことがあります。(私は行ったことないけど、姉は既にデビュー済みだったのに)

私は、せせら笑いってのを初めて見ましたぜ。

そんなわだかまりのあった、私とクーデター様。まぁ被害妄想という説も多々ありますが。

ついについにデビューしましたわよ!!

ここに偶然ご飯を食べに来てたロシア人マフィアと出会って恋に落ちるんじゃねぇーか、アラブの石油王がお忍びで来とりゃーせんか・・・、私の胸は弾みます。

あと、スタッフはホンマにそんぼんなのか!?ってのを確かめないといけませんです。

まず入ったとこでですね、日本だとファミレスでも席まで案内してくれるじゃないですか!?そんなんはなく早速、放置でした。甘えるんじゃないっ、自分の好きな席くらい自分で決めちゃえよ、という心意気でしょうか。

決して、混雑の為入り口のとこでスタッフがテンぱっていた為ではないはずです。だってクーデター様ですわよ。

そんな感じで私たちはずんずんと奥に進み、2階のテラス席に行きました。
Kudeta-002.jpg
ビーチに近いところには、リクライニング式になってるイスでカップルがいちゃいちゃしてる「ラブラブ席」なんかもあって、素敵だったのですが、ラテン系美男美女が熱く愛を語り合ってる横に行くのもテレくさかったので2階にしましたの。

貧乏臭く、「ビンタンビールありますか!?」と聞くと、「おー、そーりー。1階の席にはあるわよ」とのこと。

その言葉には、「ビンタン飲むとかほざくようなヤツがこんな素敵な2階の席に来るんじゃねーよ!!」という意味があるんじゃね!?とビクビクする小心者な私。

うっせーだったら、カクテル飲んでやるーと、1杯が150,000ルピア(約1,765円)もするのを飲んじゃいましたわよ。さすが人の奢りですわね。

お酒も美味しいですけんど、ここは「雰囲気で酔わす場所」ね、と思いました。

朝は雰囲気ガラリと変わり、青い空、青い海、南国の花々の中で朝食を取ることもできますぜ。

あっ、そうそうここで私、日本の芸能人を見かけましたわよ♪

いつもキョロキョロ落ち着きなく人を観察してると、たまにいいことがありますわね。

クーデター(KU DE TA)
住所 : Jalan Laksmana No,9 Seminyak
電話番号 : 62-361-736969
営業時間 : 朝から夜中まで(曖昧ですわね)
場所・アクセス方法 : オベロイ通りに入り、道なりに進んで行き、C151を過ぎ、老舗ホテル、オベロイの隣りです。
レギャンのホテル(例えば、バリパドマ)からは車で約10分程。

◇今日のルピアレート◇

2008年9月27日 : 1円 = 87.00ルピア

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

豪華ディナークルーズに行ってきました!!

Dnr-Cruises-003.jpg
今日はちょっと豪華にディナークルーズの話なんかをしようかしら・・・。

日本でディナークルーズなんか行こうとしたら、なんぼかかるん!?

今ちょっと横浜港から出発する、マリーンルージュというクルージングのディナークルーズの料金を調べたらなんと、1人11,000円でしたわよ・・・。

こちらバリ島ではその約半分の値段でディナークルーズを堪能できます!!

そんなわけで行ってきました、ディナーバリクルーズという「そのまんまやんけっ!?」と突っ込みたくなるような会社のディナークルーズにっ!!

クタ地区のホテルに宿泊の場合は、16時15分頃にディナーバリクルーズのお迎えがやってきます。

そしてブノア港に向かいます。

出発時間は大体17時30分頃。

最近は風が強いので、船に乗ってデッキに上がる際はスカート要注意です!!

風に煽られスカートがマリリンモンロー並みにめくれ上がる心配があります。すると下にいる人が船が出発する前から酔ってしまう恐れがありますんで。
私の前に上がっていた貴婦人は思いっきりスカートがめくれ上がり、パンツ丸見えでした。至近距離から見てしまった幸せな私・・・。

そんなハプニングもありつつ・・・。
Dnr-Cruises-043.jpg
早々にオレンジジュースで乾杯!!

皆さん、結構着飾っています♪やっぱこういうときはビシッとキメないと!!

出発し、料理が出てくるまでシュレック似のおっちゃんたちによる生演奏!!
Dnr-Cruises-001.jpg
おっちゃんたちはリクエストした曲をなんでも演奏してくれるはずです。

沈みいく太陽をバックに歌い続けるシュレック!!
「真っ赤なー太陽、沈む砂漠に、大きな怪獣がのーんびり暮らしてた♪」という歌を思い出します。

クルーズも終盤に差し掛かるとシュレックは個々のテーブルを周って歌を披露しますが、船自体がちっちゃいので全テーブルにまる聞こえです。

そして気になるディナー♪
Dnr-Cruises-002.jpg
最初に上の写真のような一口生春巻き!!
写真で見ると不味そうなのですが、味がしっかりしていて美味しかったです。

そしてパン食べ放題、そして前菜(この日は若いパパイヤのサラダでした)とお寿司と海藻のよぉわからんもん(なぜならもう暗かった)、そしてメインのシーフードナシチャンプル!!

真ん中にナシクニン(イエローライス)がにょきっとあり、インターナショナルな中にインドネシア有り…というメニューです

すんません、写真撮ったんですが、全部出来が悪いので、載せれんです。

しかしこんな豪華ディナーを前にして私ったら、船に酔ったのか、貴婦人のパンツに悪酔いしたのか、あまり食欲がありませんでした。

メインなんて、ナシクニンを一口しか食べてないという有り様・・・。

途中で、スタッフのおねーさんがチキンソテーやらビーフステーキ系のものを持って来てくれるのですが、全て「No, Thanks...」

一緒に行っていた姉に、「私、海上で暮らす部族の人と結婚したら痩せるかもしれん・・・」というと、「そうしんちゃい、そうしんちゃい!!」と承諾を得ました。

確かそんな部族がフィリピン辺りにいたような・・・。

そして最後にお楽しみのデザート!!

この日はヨーグルトとブラックライスプティングでした。残念ながらこちら見つめるだけで一口も食べることできず・・・。

意外とデリケートな自分を発見できたディナークルーズの旅でした。

ご予約、お問い合わせはコチラから!!

ディナーバリクルーズ(DINNER BALI CRUISES)
住所 : Jalan Wisata Tirta, Pelabuhan Benoa
電話番号 : 62-361-8562905

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。