バリ島 すめれけて日記

バリ島在住の広島女が、インドネシアやバリ島のあれこれをお知らせします。 アナタの知らないインドネシアを覗いてみてください!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リッツのスパが、テルムマラン・バリと名称変更しました!!

Spa-Ritz-001.jpg
あの世界のリッツカールトンのスパの名称が変更になりました。

新しいお名前は、

THERMES MARINS BALI !!

Thermesは調べてみたとこ、おフランス語で「熱の浴室」という意味でした。(翻訳サイトで訳したら、そうなったんです・・・)

つまり、『海の熱の浴室』という意味なのでしょうか??

熱海のことでしょうか??

と浅はかな私は思っていたのですが、違いますぜ!!

こちらは、日本にも施設を持つ、おフランスのタラソテラピー施設の名称なんです!!

んで、調べてみました・・・。

フランスには、タラソテラピー発祥の地ブルターニュを中心に、約70ものタラソテラピーセンターが建ち並んでいます。

古い歴史を持つ港町サンマロの老舗ホテル「ル グラン トテル デ テルム」の中に、タラソテラピー施設「テルムマラン ド サンマロ」がオープンしたのは1963年。以来、フランスで最も権威あるタラソテラピー施設として、人々を魅了し続けてきました。
フランス大統領をはじめとする数多くの著名人や、2~3世代にわたるファミリーゲストたちを顧客として持つことは、その証しともいえるでしょう。
長い年月に培われてきたテルムマランのタラソテラピーは、セラピストの高い技術力と共にその独自性が高く評価され、フランスのみならず世界中に紹介され、広められています。
『海』の持つパワーを取り入れることは、世界中の老若男女に “心身にやさしいナチュラルセラピー”や“贅沢な生活習慣” として受け入れられています。

日本でテルムマランが誕生したのは1997年。
仏テルムマランとの業務提携により、千葉県勝浦市に『テルムマラン パシフィーク』をオープン。
そして2003年には愛知県蒲郡市の『テルムマラン ラグーナ』が加わりました。
本格的なタラソテラピーを体験できる日本有数の施設として、多くの方々から高い評価をいただいています。
テルムマラン・ヨコハマベイのホームページから)


テルムマランと読むのですね、ほほぉー。(読めんかった・・・)

もともとバリ島のリッツカールトンはテルムマランの温海水の多機能プール「アクアトニックプール」やトリートメントを一部取り入れていました。
今回の名称変更を機に、全てをテルムマランモノに変更するのでしょうか!?

ちなみに、2004年10月にはエジプトに『テルムマラン・デ・カスケード』が、2006年の8月に横浜に初の都市型タラソテラピーセンターである『テルムマラン・ヨコハマベイ』がオープンしています。

ますますリッツのスパ、いやいやテルムマランバリの人気上昇でしょうね。

テルムマランバリ (THERMES MARINS BALI)
住所 : JL. Karang Mas Sejahtera, Jimbaran
電話番号 : 62-361-702222
場所・アクセス方法 : ジンバランのリッツカールトン内。デンパサール国際空港からは車で約20分ほど。

↓ポチっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
スポンサーサイト

ラヤクタ通りでお手頃価格のタイ料理を喰らう。

Cha-Baa-001.jpg
Cha-Baa-002.jpg
新しい事務所はラヤクタ(トゥバン)通りにあります。

この通りには中華料理、バリ料理、ジャワ料理、パダン料理、ナシチャンプル屋、バクソー専門店などたくさんのワルン(食堂)があります。

この辺を毎日ランチ時に散策するのが、最近の日課となっております。

今日はそんな日課の成果をご紹介します。

ご紹介するのは、タイ料理と中華料理のワルン(食堂)です。

その名も、『Cha Baa』。

まだオープンして間もないのか、中々清潔感あふれる店内です。しかもメニューは写真入りなので、見やすいし、イメージしやすい上、メニューの裏表でタイ料理、中華料理と分けてあるのも中々うれしいです。

注文したものは、トムヤムヌードル(海老入り)ナシゴレン・アヤム四川風ブロッコリー炒めです。
Cha-Baa-003.jpg
Cha-Baa-004.jpg
Cha-Baa-005.jpg
注文時にインパラに似たねぇちゃんに、「辛くする??」と聞かれます。
ここで、「はい、辛くします」というと、当たり前なのですが、ホンマにすごい辛いのが出てきますけん、お腹のあんまり強くない方、要注意でっせ!!

私は、トムヤムヌードルを注文したのですが、出てきたのは普通のトムヤムクンでした。麺はなかったどす・・・。
インパラねぇちゃんは若干そそっかしそうだったので、間違えたのでしょう。私も急にオーダー変更しましたし・・・。
ねぇちゃんの仕事っぷりを観察してたら間違いを人に押し付けるタイプの女子だったので、ここで文句を言っても「あんたが、トムヤムクンって言うたやんけ!!」と逆切れされそうだったので、黙って従いました。大人になったもんだ、私・・・。

お味ですが、最初の一口で唐辛子を食べてしまったようで、辛い、辛すぎます!!

パクチーは残念ながら入っておらず、クマンギというバジルの一種が入っていました。私はクマンギが大好きなので、「これもアリかなぁー」と思いましたけど。

スープをかき混ぜると下からしょうが、レモングラス、赤わけぎ、チャオンという葉っぱがごしょごしょと出てき、それまで水面下で偉そうにたそがれてた海老様が流されていきます。
私はこのトムヤムクンをかき混ぜる瞬間が1番好きです。

お味は若干酸味が足りないものの、レモングラスやしょうがなどがそれぞれ存在をアピールしてきて、「うーん、トゥクトゥク・・・」とワケのわからん言葉を口走りそうになります。
しかも、海老大3匹と海老小4匹が入ってて中々うれしいじゃないの!!

ナシゴレン・アヤムは、ぱらぱら系ご飯の中に見落としがちですが、唐辛子を刻んだものがものすごくたくさん入っています。こりゃあ、辛いんでないかい??味は醤油系でした。

四川風ブロッコリー炒めは、私はわさびっぽい味がするのぉーと思ったのですが、しゃっちょ殿からは同意は得ず・・・。
よぉく見るとかなりの量のにんにくです。唐辛子もたくさん入っていますし、ソースもピリ辛で、ご飯がすすみます。

四川料理ってのは山椒とか唐辛子といった香辛料を効かせる辛い中華料理として有名なんですねぇー。
有名どこでは、麻婆豆腐、坦坦麺、回鍋肉、青椒肉絲、麻婆茄子などの町の中華料理屋さん的メニューだそうです。思わず、三宅祐司や、とんねるずの憲さんの顔が浮かんできました。

今度はもっと本格的なタイ料理を注文したいもんです。

☆その他のメニューのご紹介☆
○パッドタイ(タイ風焼きそば)
・パッドタイ・アヤム(鶏肉) : Rp12,000
・パッドタイ・サピ(牛肉) : Rp13,000
・パッドタイ・ウダン(海老) : Rp14,000
・パッドタイ・コンボ(スペシャル) : Rp15,000
・タイヌードル・アヤム : Rp12,000
・タイヌードル・サピ(牛肉) : Rp13,000
・タイヌードル・ウダン(海老) : Rp14,000
・タイヌードル・コンボ(スペシャル) : Rp15,000
・トムヤムヌードルスープ・アヤム : Rp12,000
・トムヤムヌードルスープ・ウダン : Rp14,000
・トムヤムヌードルスープ・コンボ : Rp15,000
・グリーンカレー : Rp30,000
・ナシゴレン・アヤム : Rp12,000
・ナシゴレン・サピ : Rp14,000
・四川風ブロッコリー炒め : Rp8,000
・タイティー(タイのお茶) : Rp7,000

お得な料金でタイ料理が食べたくなったら、是非ここへ!!

チャバァー(CHA BAA)
住所 : Jl. Raya Kuta No,88 Tuban
電話番号 : 62-361-757585
営業時間 : 10時から22時まで
場所・アクセス方法 : プラザバリから、北へ500メートルほど行った右側。レギャン地区のホテル(バリパドマ)からは車で約10分ほど。

↓ポチっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ

2008年2月オープン!! アジャンタヴィラス、サヌール!!

先日、お伝えしたように引越しをした我が社。

電力のワット数が少ないらしく、1階と2階で同時にエアコンをつけることはできませんし、誰かがプリンターを使うとすぐにブレーカーが落ち、まだまだ問題山積みです。

しかも私の目の前にはテロリストヒゲをたくわえた、ベルナルド氏がいてこれがまた中々迫力があります。

さて今日は、サヌールに新しくオープンしたヴィラのご紹介をします。

その名は、アジャンタヴィラス(Ajanta Villas)です。

アジャンタってどっかで聞いたことないですか??

手塚治虫先生の『ブッダ』に出てきたような・・・。

早速調べてみました。

すると、インドにアジャンタ石窟寺院なるものがあることが判明しました。

アジャンター(अजंता )石窟(寺院)群とは、インドのマハラーシュートラ州北部、ワゴーラー川湾曲部を囲む断崖を550mにわたって断続的にくりぬいて築かれた大小30の石窟で構成される古代の仏教石窟寺院群のことをいう。

さらに、

発見の経緯
アジャンター石窟寺院は、1815年、ハイダラーバード藩王国の藩王に招かれて狩猟に参加していたイギリス人士官ジョン・スミスが虎狩りをしていたときに、巨大な虎に襲われてワゴーラー渓谷に逃げ込んだ際、断崖に細かな装飾が施された馬蹄形の窓のようなものを見つけたことが発見の契機となった。彼はアジャンターの石窟寺院を発見したとき、すっかり放棄されてコウモリのすみかになった石窟のうち第10窟に自分の名前を記している。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


ジョン・スミスって・・・。

中1の英語の教科書に出てきそうなお名前ですねぇー。

世界遺産にも登録されているそうです。

そんな、アジャンタ石窟寺院のお名前の付いたこちらのホテル、どんなもんでしょうか??

場所は、サヌールのダナウ・タンブリンガン通りの北、ナチュラルスパの隣りのちょうどカーブになってるところにあります。

ハイアットから行くと右側なので、ビーチには近そうなのですが、いかがなもんか??

こちらは2008年2月にグランドオープンしたばかりの、まさに出来立てほやほやのヴィラなんどす!!

さて、こちらは私のオススメ、1ベッドルームヴィラです。
Ajanta-Villas-005.jpg
Ajanta-Villas-004.jpg
敷地入って、真ん中にどどんと大きなプール、そして左右にそれぞれ建物があり、1つはリビング、ダイニング、キッチン、もう1つはベッドルーム、バスルームになっています。
なんだかんだオープンエアーのリビングって蚊にくわれるべ・・・と思っていたので、この試みはうれしいです。
しかも2人にはもったいないくらい広いスペースですし・・・。
新婚さん、もしくはカップルで泊まって喧嘩したときも、別々の建物で寝ることができる・・・といううれしい特典付きです。

そしてこちらは、2ベッドルームヴィラ・平屋バージョンです。
Ajanta-Villas-003.jpg
Ajanta-Villas-001.jpg
Ajanta-Villas-002.jpg
こちらのタイプは、ベッドルームが左右2棟に分かれていて、それぞれにキングサイズベッド、バスルームがあります。
リビング、ダイニングはオープンエアーとなっています。
2ベッドルームにしては若干狭いかなぁーという印象を受けます。

ちなみに全てのお部屋がキングサイズベッドで、ツインベッドはありません。

そしてこちらは、2ベッドルームヴィラ・2階建てバージョンです。
Ajanta-Villas-006.jpg
Ajanta-Villas-007.jpg
こちらのタイプの場合は1階の部分にリビング、ダイニング、キッチン、2階に上がると左右に2部屋あり、それぞれがベッドルーム、バスルームになっています。

写真右の壁掛けがブルガリ様のクッションの生地っぽいです。「パクったの??」とぶっちゃけ聞いてみたところ、「ひゃはー」と笑っていました・・・。

でもこの生地はどこぞの島の織物なので、パクったかどうか真相は藪の中です。

ちょいと面白いシャワーを発見!!
Ajanta-Villas-008.jpg
レインシャワーとはちょいと違いますのぉー。

くるくる回ると面白いなぁーと思ったのですが、そんな奇跡は起こらないようです。

さて気になるビーチですが、これが曲者で・・・。

ホテルのインフォメーションなどを読むと、「A beautiful beach is only 50 meters away via private beach access.」と書いてあり、「おっ、ビーチには面してないけんども、50メートルじゃったら近いじゃんけ!!」とうはうはです。

しかしですね、ビーチに行くにはこんなとこを通らねぇといけんのです!!
Ajanta-Villas-010.jpg
Ajanta-Villas-011.jpg
ま、まさにアジャンタ洞窟を思い起こさせます!!(知らんけど・・・)

写真右なんて、ネガティブなどこでもドアのようでござぁす。

しかも直線距離では50メートルでしょうが、実際に歩いた距離はそれ以上でっせ!!どよーんとした雰囲気のマーケット内を歩いて行くと、おばちゃんやこどもたちがじぃぃぃぃーっと見つめてきて、異様な雰囲気です。

この重いゾーンを越えると目指すビーチが現れます!!
Ajanta-Villas-009.jpg
喜び倍増!?

マーケット内でトラブルなど起きないようにか、それとも迷子にならないためかはわかりませんが、ヴィラからビーチ、ビーチからヴィラへ行く際は必ずスタッフが同行してくれるそうです。

まぁ、とにかくビーチへのアクセスが惜しいっっっ感いっぱいのリゾートです。

アジャンタヴィラス(AJANTA VILLAS)
住所 : Jl.Danau Tamblingan No,21, Sanur
電話番号 : 62-361-285953
場所・アクセス方法 : クタ方面からお越しの場合は、バイパスサヌールのマクドナルドの信号を右折、ダナウタンブリンガン通りに入り、ロータスカフェの前、ナチュラルスパの隣りです。
デンパサール国際空港からは車で約40分ほど。

↓ポチっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ 【“2008年2月オープン!! アジャンタヴィラス、サヌール!!”の続きを読む】

あの大喰いたちも食べた、海老カツフライっっ!!

Mie-88-001.jpg
大喰い選手権を見てると、「あら!!私って少食だわん!!」と思いませんか??

テレビを見てるだけでお腹いっぱい、気分が悪くなってきて、最後まで見たことが実はありません。ずっと見てたら食欲がなくなってダイエットにいいかもしれません・・・。

あの人たちの胃、および内臓はどうなってんだい??

早死にしないのか他人事ながら心配になりますし、こんな人が家族におったら美味しい料理作っても(まぁ、作れんけど・・・)、作りがいがないんだろうなぁー、と思います。

と、批判から入りましたが・・・。

そんな大喰い選手権が、1年ほど前ですがバリ島で繰り広げられました。

その頃は私は知らなかったのですが、ギャル曽根さんも来島したそうです。

その大喰い選手権の際に彼らにエサ、おっと食糧を提供したレストランを今日はご紹介します。

その名は、『MIE 88(ミードゥラパン・ドゥラパン)』!!

華僑の人がオーナーなので、縁起の良い「8」を2回も繰り返しております。

「MIE=麺」と店名にしてるくらいなのですから、メインは麺類です。私も昔、このお店に行った際は麺類のメニューばかり頼んでいました。(MIE 88 Specialというラーメンです)

しかしここ数年、こちらのお店ったら麺類以外のほうに力を入れているように感じられます。しかも麺類以外のほう麺類よりも実は美味しかったりするんです。
ラーメン屋に行ったら、ラーメンよりギョウザやチャーハンのほうが美味しかった!!という現象に似ています。

今回注文したものは、ナシゴレン・シンガポールナシ・チャプチャイ、そして大喰い選手権のメニュー、W海老カツフライことプラウンピロー(海老枕??)です。

写真左がナシゴレン・シンガポールで、右がナシ・チャプチャイです。
Mie-88-005.jpg
Mie-88-002.jpg
ナシゴレン・シンガポールは、食べてる最中も完食した後もなぜにこれが「シンガポール風」なのかは、全くわかりませんでした・・・。
別にマーライオンのヒゲが入っているわけでもないです。
中には海老(結構たくさん!!)、ほろほろ卵が入っています。お味はエバラ焼肉のタレを隠し味にして作ったチャーハンのようです。

これはなぜに「シンガポール」なのか??謎は深まります。

ナシ・チャプチャイとはですね、日本語で言うと「中華丼」どす。

「ナシ=白ご飯」の上に「チャプチャイ=八宝菜」が乗っかっていて、ボリューム満点です。
もっとすごいのになると、ナシゴレン・チャプチャイという体育会系的な食べ物もありますが、これは『MIE 88』ではなく他店のメニューでした。

そしてこちらが、大喰い選手権に出てきた海老カツフライだぁぁぁぁぁ!!
Mie-88-004.jpg
Mie-88-003.jpg
こちらは、海老を1匹揚げたわけではなく、海老1匹に海老のつみれ的すり身をまとわせそこにコロモを付けて揚げています。

つまりセーターとジャケットを着込んで着ぶくれした人ってな感じどす・・・。

備え付けのソースがありますが、甘いようなすっぱいようなよぉわからんお味で、これだったらタルタルソースとかレモンだけとかのほうがよっぽどいいです、きっと!!

ラーメン用のサンバル(チリソース)が各テーブルにあるので、それを付けて食べたところ、美味しかったです。

1皿に5個あります。

しかし、これを何十個と食べた大喰いの方々は凄いですね!!

もたれんのでしょうか??

もたれないのでしたら超人です、いや超人じゃけぇ、テレビに出るんでしょうが・・・。

☆主なメニューのご紹介☆
オタオタ(インドネシア風蒲鉾) : Rp3,000
ミー88・スペシャル : Rp15,000
ナシゴレン・シンガポール : Rp15,000
ナシ・チャプチャイ : Rp17,500
プラウン・ピロー : Rp40,000(5個入り)

ミー88(MIE 88)
住所 : Jl. Kediri No.8A, Tuban, Kuta
電話番号 : 62-361-750737
営業時間 : 8時から22時まで
場所・アクセス方法 : 空港からラヤ・トゥバン通りに入り、最初の信号を左折。左折後40メートルほど行った右側。アストンイン・トゥバンの近くです。
また、イスタナクタギャラリアの前とデンパサールにもそれぞれお店があります。

↓ポチっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ

事務所が移転しました!!

New-Office-002.jpg
New-Office-001.jpg
2月23日の土曜日に、事務所が移転しました!!

新しい事務所は、前と同じくトゥバン地区にありますが、新・事務所の周りにはインドネシア人に人気のTシャツ屋さんや、中華料理屋、ホテルなどがあって、前の場所よりかなり賑やかです。
(前の事務所は、空港の滑走路の近くでしたけん、ある意味賑やかじゃったんですが・・・。)

新・事務所は2階建てのルコという建物で、1階の部分に私、ベルさん、べんぞー、サダさんの4人、2階にしゃっちょ殿がどどんと鎮座しておりまする。

写真左はベルさんたち、右は私の机です。

インドネシア人のホテルスタッフやその他もろもろの人に場所を説明するのに、これほど便利な場所はありゃあせん。

場所を説明するのに、

Wong Soloというアヤムバカールレストランの前
Manuabaというクリニックの並び
プレンクンというアヤムゴレンなどが美味しいお店の近く

の3つを言ってわからんインドネシア人はおらんです。

100%わかります。

私は、このWong Soloでご飯を食べると70から85%の確率で下痢をする・・・という凄まじい伝説を持っています。

ちなみにこちらのオーナーには奥さんが8人いて、奥さんそれぞれにWong Soloのお店を与え経営させている・・・という凄まじい伝説を持っています。

日本にも明治時代にそういうおっさんがいましたよね、いろはって店でしたっけ??

こっちは木村荘平さんって人で東京に牛鍋チェーンを20店舗以上作り、それぞれに愛人を配置して経営させていたそうです。(「はいからさんが通る」に書いてありました)

そういう人がインドネシアにもいたんですねぇー。

このおっちゃんの顔写真入りのポスターがレストランに貼ってあるので、必見でっせ!!しかも、『インドネシアで1番有名な多妻男!!』みたいなことが書いてあって、中々うけます。

そんなWong Soloの前で新しくスタートした、PARTENZAを宜しくお願いします。

新・オフィス詳細
住所 : Ruko Nusa Indah Blok 6 Jalan Kuta Tuban No,87
電話番号 : 62-361-765514
場所・アクセス方法 : ラヤ・クタ通りのWong Soloの前です。デンパサール国際空港までは車で約5分ほど。

↓ポチっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ

ジンバランの丘の上を探検してみました!!

Jimbaran-003.jpg
皆さん、ここどこじゃと思います!?

山口県の秋吉台のようにもみえます。

『千と千尋の神隠し』で最初に千尋たちが迷い込んだ場所にもみえます。

ここはですね、ジンバランの山の上なんです。

私の住んでるところから、山の方を見上げると崖に沿って素敵なヴィラが建ってるんです。でも私の住んでるところから、そのヴィラは見上げるだけで行くための道路がないんです。

ヴィラに宿泊したお客さんはどんな思いで私たちの住んでる団地を見下ろしてるのか!?、非常に気になります。

噂では、そのヴィラの裏は海らしい・・・。

なんていう名前のヴィラなんか??

どうやったら辿り着けるんか??

気になった私は日曜日に探検に出かけてみました。

道路ないって言いつつ、あるんちゃうーん!!と思い、家のすぐ近くの山を登ってみたとこ、やはりありませんでした。他人の言うことは信じないといけません。

んで一旦、団地からバイパスに降り、ウダヤナ大学のほうから山に登ってみました!!

第1の難関・・・。

アロマトークのある突き当たり。ここは左に行くと未知なる世界、右に行くとウルワツ寺院などに向かう道路です。

さぁ、どっちに行くんだい!?

結構保守的な私は「冒険したくない・・・」ということで前から知ってる右に曲がりました。

そしてGWKを越え、第2の難関・・・。

まっすぐ行くとウルワツ寺院やニュークタビーチ(旧・ドリームランドビーチ)、左に曲がると倒産しちゃったバリクリフやウンガサンに向かう道です。

さぁ、どっちに行くんだい!?

野生の直感で、左に曲がる私。

こりゃあ、裏側は海説は嘘やなぁー・・・と確信。

道なりにかなり進んで行くと、左側に「Asli Jewelry Villa 1Km」というちっちゃい看板がっ!!

あっ!!このヴィラ聞いたことある!!行ったことある人が「何もない辺鄙なすごい場所にあった!!」と言ってたような・・・。その言葉を信じて左折してみました。

そんで道なりに進んで行くと、上の写真のような光景だったちゅうわけですわ。

バリ島の風物詩、棚田なんてありゃあせん。椰子の木なんてものもありゃあせん。
しかも電線が低い!!危ないんでないかい??

サボテンなど、普段バリ島では中々見かけない植物が生えています。ヌサレンボンガン島と同じような乾燥した土地のようでござぁす。

ホンマにここはジンバランなのかい!?

ぶあーっと道路が開けると遠く彼方にブノア港やスランガン島が見え、結構絶景です。でも電線が邪魔じゃけど・・・。

この周辺には、ホンマにお世辞抜きで何もないです。

レストラン、ショップ、ミニマーケットなんてありゃあせん!!民家は所々に密集していますが、それもぽつんぽつん・・・という感じで寂しいことこの上ないです。

しかも、計画しつつ途中で資金がなくなって、建設をやめたかのようなヴィラ、家、謎の建築物がたくさんありました。
日曜じゃけん工事しとらんのかなぁーと思ったのですが、その寂れ具合から工事をしなくなってかなりの年月が経ってると思われます。

さらに進んでいくと下の写真のようなヴィラがっ!!
Jimbaran-001.jpg
これがAsli Jewelry Villaかと思ったのですが、前まで行くと違いました。

「The Beverly Hills Bali」という韓国人がオーナーのヴィラです。(写真右下の黒い塊のようなのがヴィラです)

こ、こんな何もない場所に突如、巨大な村のようなヴィラが現れるのですけん、わたしゃたまげましたぜ!!もう「ゲームか冒険アニメの世界」です、よぉ、わからんけど・・・。

Asli Jewelryはこのヴィラの隣りにちょこんとありました。

たまげたついでにもっと先に行くと、もんのすごい急な坂があって下って行くと鬱蒼とした森の中に趣きのあるお寺登場!!

さらに下って行くと、結構村なんかが出現してきて、なんとですね第1の難関だった、アロマトークのところに出てきました・・・。

なんじゃそりゃ・・・。

下の写真は途中で見かけた、サボテンの花です。
Jimbaran-004.jpg
さて皆さんはどっちの歌を思い出しました??

①財津和夫の「サボテンの花」
②ミスターチルドレンの「Youthful Days」

私は②でした。あの2番の歌詞が好きです。

実は私、サボテンの花を初めて見ました。ちょいと萎れていますが・・・。

↓ポチっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ

老舗スパ、シエスタの新メニューのご案内!!

こんだけスパ天国なバリ島にいながら、スパ&マッサージ嫌いの私。

理由は触られるのがイヤ&オイルのネトネトがイヤだからです。

あと、妙に緊張します。

昔、ウブドの小さいマッサージ屋さんでマッサージをしたときに、担当の女の子に、

おならしないでね!!

と言われたときは緊張がほぐれました。

別に私の顔がおならしそう感あふれる顔だったからではなく、前に彼女が担当したアメリカ人男性がマッサージ中に巨大なおならをし、それが、またものすごく臭かったので、「お前はするなよぉー」的ニュアンスだったんだと思います、いや思いたいです。

なもんで、スパに関する知識はほとんど皆無です。
しかも困ったことに興味もないし、新しい情報を取り入れようとする意欲もない・・・。スパは実際にやってみないと良さはわからんでしょうけど、こんな理由からやりたくない。
どんだけ頑なな性格なんじゃ・・・。
私のスパに関する情報源は某大手旅行会社で働いてる友達の「あそこ良かったでぇー」という一言です。この一言を鵜呑みにしている愚か者です。

今日は、そんなスパアレルギーの私が「およ、こりゃ珍しいんでないかい??」と食いついてしまったメニューのご紹介します。

それは老舗スパ、シエスタ(午睡)の新メニュー、『アーユルヴェーディック カティ・バスティ』です。

なんじゃそりゃー!?ビジュアル系バンドのバンド名のようです。

写真を見て思わず笑ってしまいました・・・。
Siesta-001.jpg
Siesta-002.jpg
お腹の上で工事してるぅー!!

言うまでもないでしょうが、写真左がお腹部分、写真右が腰ですけん。

こちらのメニューは、小麦粉+ハーブを練り上げたものをお腹&腰の上で土手にし、そこにセサミオイルをお腹、腰に垂らしていき、じっくりと温めながら全身のマッサージをしていく・・・というものです。
疲労が溜まりやすい腰と、冷えやすいお腹を温めることによって、代謝が促されるので腰痛、生理痛などに効果があります。

主に、肩こり、腰痛、冷え性、便秘がち、むくみが気になる方にオススメです。

おっ、便秘がち以外は私も当てはまりますわ!!

やってみたいような・・・。

このコースの流れをご紹介します。(所要時間 : 約60分)

・腰から背中へのマッサージ
        ↓
・カティ・バスティをする(腰に小麦粉+ハーブを練り上げたものを土手にし、その中にセサミオイルを垂らします)
        ↓
・全身(後ろ面)のセサミマッサージ
        ↓
・お腹のマッサージ
        ↓
・ウダラ・バスティ(お腹に小麦粉+ハーブを練り上げたものを土手にし、その中にセサミオイルを垂らします)
        ↓
・全身(前面)のセサミオイルでのマッサージ
        ↓
・シャワー

気になる料金は、US$55!!

それから、アーユルヴェーダ・シロダラとセットになったパッケージもあります!!

①アーユルヴェーディック パッケージA
料金 : US$100 (所要時間 : 120分)
アーユルヴェーディック カティ・バスティとシロダラのパッケージです。

②アーユルヴェーディック パッケージB
料金 : US$130 (所要時間 : 180分)
アーユルヴェーディック カティ・バスティとシロダラとクリームバスのパッケージです。

☆アーユルヴェーダってなんじゃらほい??☆

⇒アーユルヴェーダはスターウォーズに出てくる悪役・・・、ではなくインドに古来から伝わるなんちゃらです。

アーユルヴェーダ(आयुर्वेद aayurveda)はインドの伝統的な学問で、その名はサンスクリット語の「アーユス(आयुस् aayus 生気、生命)」と「ヴェーダ(वेद veda 知識)」の複合語である。現代でいう医学のみならず、生活の知恵、生命科学、哲学の概念も含んでいる。
約五千年の歴史があり、チベット医学や古代ギリシア、ペルシアの医学等にも影響を与えたといわれており、インド占星術とアーユルヴェーダも深い関わりがあるとされている。「ヴァイシェーシカ」や「サーンキャ」を基礎においている。
【出典 : フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』】


医療と哲学の融合と勝手に理解しました。

バリ島では、アーユルヴェーダの流れを汲んだシロダラをおこなうスパが急増中!!

シロダラとはオイルを額のチャクラに垂らし不眠や頭痛を取り除き、記憶力と集中力を高め、心と身体のバランスを整える治療です。

本場インドでは、生薬やハーブなどを含んだオイルが使用されますが、バリ島ではセサミオイルを使ってるスパが多いです。セサミオイルって書くとお洒落な感じがしますけんど、要は「胡麻油」ですけん・・・。
スパのねぇちゃんたちは料理してるような気分にはならんのでしょうか・・・!?

スパ好きの皆さん、是非お試しください!!

ご予約、お問い合わせはコチラまで!!

シエスタ(SIESTA)
住所 : Jl. Tukad Badung No,9 Jimbaran
電話番号 : 62-361-703288
営業時間 : 10時から21時まで
場所・アクセス方法 : バイパスをヌサドゥア、ジンバラン方面に進み、空港を過ぎ最初の信号を右折。右折後、10メートルほど行き左側。
ヌサドゥア、ジンバラン、クタ、スミニャック、サヌール地区にご宿泊の方は1名様より無料送迎有り。

☆シエスタの充実設備☆
・施術ルーム : 9室 (ツインベッド4室、シングルベッド5室)
・シャワールーム : 男性用4室、女性用5室
・非塩素殺菌のやさしい水を使ったプール
・美容室

↓ポチっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ

カタール航空で近隣諸国に遊びに行こう!!

Qatar-Airways-001.jpg
ここ最近、毎晩暴風雨です。

私の家の向かいの家は若干建物が老朽化しているので、風がふくと屋根がばったんばったん跳ね、なぜか玄関の前に植えてるちっちゃい椰子の木がぐるんぐるん大暴れし、玄関や壁を殴っています。

ここの息子くん、怖いのか知らんけど暴風雨になったら「ままぁー、ままぁー、とろーん(助けてぇー)!!」と泣き叫んでいます。

本気で「とろーん(助けてぇー)!!」と言ってる人を初めて見ました。

さて今日はですね、デンパサール国際空港にやってくる少しマニアックな航空会社をご紹介したいと思います。

それはバイパスから空港に行く途中、『ソウルガーデン』の手前にデカデカと看板を掲げる『カタール航空(Qatar Airways)』です。

カタール航空は、カタールのドーハを本拠地としている国営の航空会社で、アジア、ヨーロッパ、アメリカなどの主要都市へとつながっています。

本拠地はドーハ国際空港 (DOH) で、日本へは全日本空輸とのコードシェア便として関西国際空港へ乗り入れています(IATAコードは、QRです)。

デンパサール国際空港からは、マレーシアのクアラルンプール経由のドーハ行きという便が出ています。

私はマレーシアに行くために利用したのですが、時間がいただけん!!

夜中の0時くらいにデンパサールを出発し、明け方3時にクアラルンプールに到着するんですぜ、あーた!!

ドーハまで行くお客さんが機内から降ろされるのかどーかは知ったこっちゃないのですが、中々厳しいものがあります。

しかも乗ったらすぐ、機内食サービス!!

夜中の1時にコテコテのチキンソテーが出てくるんですぜ、あーた!!

いくら食いしん坊万歳のワタクシも食べませんでした。(胸焼けしますけん)

でも、せっかく乗ったのにタダでは帰れん!!と思った、がめつい私はコーヒーをもらったのですが、カタールのフレッシュ(コーヒーのミルク)は日本のと比べて、かなりでかいですぜ、あーた!!

アイスコーヒーなどの1回分のシロップが売ってるじゃないですか!?あのくらいの大きさのミルクなんです!!

私の隣りに座ってたインド人のにぃちゃんは、ブレッドトークで買ったらしいチョコレートたっぷりのパンを指までしゃぶって食べ、さらに機内食もたいらげていました。

このにぃちゃん、カタール航空のチェックインカウンターを待つ順番が前後だったんです(にぃちゃんが前に並んでた)。

そのせいか、ばっちり隣同士だったんです(私が窓側だった)。

にぃちゃんもそれを覚えていたようで、座った瞬間から、

僕のほうが前に並んでたのに、なんでキミが窓側なんだい??まぁ、いいけど・・・。

と言ってきやがった!!

そして、3分後。

キミも覚えてるだろ??僕のほうが前に並んでたよね、なんで僕は通路側なんだい??まぁ、いいけど・・・。

と愚痴愚痴言っとるんです。

「私、リクエストしましたけん、窓側がいいって」と私が言うと、「あうっち!!」とおでこをぴしゃりと叩き、嘆きのポーズ。

僕はいつもリクエストしなくても窓側なんだ。なんで今回は窓側じゃないんだい??まぁ、いいけど・・・。

とまだ言っとる・・・。

「席、代わりましょうか??」なんて口が裂けても言うもんか!!と決意しました。

最初、「こんな便にいったい誰が乗るんだろ!?きっとガラガラなんだろうなぁー」と思っていたのですが、いやいやそんなことはござぁせんでした。

ドーハからさらにヨーロッパ諸国やアフリカに帰る人でほぼ満席状態でした。

ところで、カタールってどこでしょうか??

サッカー好きの人ならずとも「ドーハ」くらいは聞いたことあるでしょうが、「どこの国と隣接してるんだい??」や「母国語はなんだい??」と質問され、きちんと説明できる人は少ないでしょうに。

カタールってのはですね、正式名称カタール国で、中東・西アジアの国です。
首都は「ドーハの悲劇」でおなじみのドーハ。アラビア半島東部のカタール半島のほぼ全域を領土とする半島の国です。
ペルシア湾に面していて、南はサウジアラビアと接し、北西はペルシャ湾を挟んでバーレーンに面しています。

公用語はアラビア語です。

経済体制は石油と天然ガスに依存していて、輸出の大半が石油・天然ガス及びその関連製品で占められています。
インド、パキスタン、イランなどからの外国人労働者がカタール国籍を持つ総人口よりも多く、外国人労働者に労働力を大きく依存しています。
ちなみに、この外国人労働者を除いた国民一人当たりのGDP(実質国内総生産)は、ルクセンブルク(西ヨーロッパの小国だす)を越えて世界第一位とする言説もあるほどです。

ほぉ。

西アジアなのですね、そういえば2006年にはアジア大会がありました。

しかも石油原産国です。

石油+王 = お金持ちぃぃー♪

事前にきちんと調べておいてドーハまで行き、誰でもいいから石油王の何番目かの妻におさまればよかった・・・。

こちらのCAさんは、多種多様です。

空飛ぶ絨毯に乗ってそうなアラブ系美女もいれば、ピロシキが好きそうなロシア系美女もいます。

しかし中には歌を歌って愛を語らう中国山岳部族系の女子もいて、なんだなんだここは人種のるつぼかぁぁー!?とテンションも上がります。

ちなみに英語は通じるような通じんような、笑顔とジェスチャーで意思を伝えました。

カタール航空は元々王族が所有していた航空会社なのですが(ピタマハのオーナーが王族ってのとはワケが違うじゃないの!!)、1997年に現オーナーによる新しい経営チームが設立されました。

機体はほとんどはAIR BUS社ですが、シアトル⇒ドーハ間にはボーイング社の機体を導入する予定だそうです。

下の写真は機内の様子です。なかなかキレイでしょ!?
Qatar-Airways-002.jpg
Qatar-Airways-003.jpg
注意書きもアラビア語です。当たり前じゃけど、よ、読めん・・・。
この文字は日本とは逆で、右から左に読むと聞きましたけど、定かではありません。

それから、マイルをためるのが好きな人に朗報です!!

カタール航空の特典クラブは世界の中でも高い率でマイルを稼ぐことのできる、「フリークエント・フライヤー・プログラム」だそうです。

でも、そんな航空会社聞いたこともねぇー、怪しいんでねぇの??と思いの方、カタール航空は航空評価会社、Skytrax社による統計で5つ星に達する4つの航空会社のうちの1つなんです。
だからデンパサール空港に行く途中の看板にもちゃんと「☆☆☆☆☆」が書いてあるんですねぇー。

カタール航空がデンパサールに乗り入れを開始したのは、ここ1年ほどです。

機体もまだまだ新しいですし、なんたって安い!!

期間限定のプロモーション料金だったのですが、ぶっちゃけ私は180ドル未満でマレーシアに行きましたけん!!

オフィスは空港内とカルティカプラザホテル内にあります。

カタール航空(QATAR AIRWAYS)
◎カルティカプラザホテル内
住所 : Krisna Room, Discovery Kartika Plaza Hotel, South Kuta beach 80361
電話番号 : 62-361-752222
◎デンパサール国際空港内
住所 : Wisti Sabah Building Room 11, 2nd Floor, Ngurah Rai International airport
電話番号 : 62-361-760274

デンパサール発着スケジュール

デンパサール⇒クアラルンプール⇒ドーハ
(00:10発⇒03:10着、04:10発⇒07:10着)
(03:30発⇒06:30着、07:30発⇒10:30着)

ドーハ⇒クアラルンプール⇒デンパサール
(23:35発⇒11:55着、12:55発⇒15:55着)

異国情緒を楽しみたい方には、オススメでっせ!!

↓ポチっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ

最終日、何しようか悩み中の方に朗報どす!!

Dep-plan-002.jpg
Dep-plan-001.jpg
東南アジア各地から日本に帰る飛行機は大体が深夜に現地を出発し、朝日本に到着します。

私は以前、中華航空ジャカルタ発、広島行きを利用していたので、明け方コーランの流れる眠らぬ街ジャカルタを出発し、夜の8時に広島に到着という、丸1日を空の上・・・というもったいない感いっぱいを満喫していました。

こないだ日本に帰ったときに、ガルーダインドネシアの関西空港便を利用し、久々の朝帰り(あっ、意味違うか・・・)を経験しました。

アレってアレですよね・・・。

なんちゅうか、「今日も仕事かぁー、かったるいなぁー」感漂う町をひとりスーツケースを持って歩くのはなんだか悪いことをしてないのに罪悪感に苛まれます。
別に私はバリ島に遊びに行ったのではなく、仕事してたんですが、いちいち「すんません、南国帰りですの・・・」と自嘲的な笑いをしてしまいます。
そんでもって電車内が混んでたりしてた日にゃあ、デカいスーツケースを持ってる自分が申し訳なくって・・・。

一気にバリ島のうだうだモードから日本のしっかりきっちりモードに切り替わって、いーんだか悪いだかよぉわからん状態です。

もしかしたら旅行の浮かれポンチモードを素早く切り替えるために、わざと朝日本に着くスケジュールになっているのかもしれません。

この夜中に現地を出発する・・・ってのも中々の曲者で、大体のホテルが18時までのお部屋ご利用を半額もしくは出血大サービスの無料とかにしてくれます。

でもJALの関空便なんて1時5分出発でっせ!!

2時間前でも23時です。

皆さん、どうしてはるんですか??

各スパやヴィラなんかはデイユースサービスとして、半日だけヴィラを貸し出したり、ホテル内にシャワー完備のラウンジを作ったりしています。

そんな中、弊社Partenza Tourでも帰国日プランを考えました!!

その名も『帰国日お買い物&ディナープラン』!!

スケジュールはこんな感じどす。

ご宿泊ホテル出発⇒DFSギャレリア、併設のマタハリモールでお買い物⇒レストランにてディナー⇒デンパサール国際空港へ

レストランは5つ星ホテルパトゥラバリ内の日本食レストラン『天空』もしくは、ジンバランのシーフードレストラン『ブルーオーシャン』からお選びください。

それでは気になるメニューを、どどんとご紹介!!

○天空レストラン
シェフ考案、Partenzaオリジナル・セットメニュー(1名様分)

☆メニュー、その壱☆
・小鉢
・焼き魚
・野菜の天ぷら
・お味噌汁
・おしんこ
・ご飯

☆メニュー、その弐☆
・小鉢
・和風ハンバーグ
・お味噌汁
・おしんこ
・ご飯

※その他のオーダーは別会計となります。

上の写真右の和風ハンバーグ、かなり美味です。お肉ぎっしりハンバーグと和風ソースが美味しい!!
天ぷらもさくさくですし、大きな海老が真ん中にどーんと鎮座しているのを見ると、それだけで勇気100倍です。
そして何より、炊き立てのご飯が美味しいんです!!ご飯だけでご飯2杯食べれます。(なんじゃ、そりゃ!?)

「今から日本に帰るのに日本食なんて・・・」と言わず、日本に帰る前にきちんと仕事のしてあるバリ島の日本食を楽しむのも中々渋いでっせ!!

そして、バリ島の風物詩ジンバランビーチのシーフードバーベキュー!!

○ブルーオーシャン
Partenzaオリジナル・セットメニュー(1名様分)

・ロブスター 300g
・ホワイトスナッパー 300g
・イカ 300g
・海老 3匹
・ハマグリ 3個
・空心菜の炒めもの
・ご飯
・サンバル(チリ)ソース
・ドリンク (ソフトドリンクもしくはミネラルウォーター)1杯

※その他のオーダーは別会計となります。

上記は1人前ですけん!!
何度もバリ島に来てるリピーターさんも滞在中についつい行ってしまうという、ジンバランのシーフードレストラン。
デンパサール国際空港の飛行機の離発着を見ながら、「あー、もうすぐオイラも出発するのねぇー」なんてしみじみするのも良しです。

料金は出発ホテルの場所によって異なります。

○料金
・南部リゾートエリア : US$40/お一人様
(ジンバラン、ヌサドゥア、ブノア、クタ、レギャン、スミニャック、サヌール)
・デンパサール、ウブド、チャングー、タナロット : US$44/お一人様
・チャンディダサ、トゥランベン、キンタマーニ、ブドゥグル : US$44/お一人様
・ロビナビーチ、ムンジャンガン : US$46/お一人様

○注意事項
・各料金は、 税、サービス料込みの価格となります。
・上記は1名様分の価格です。
・最小催行人数は2名様とさせていただきます。
・お一人様でご利用をお考えの場合は、別途ご相談ください。
・ディナー付きなので、航空便によっては、ツアーの催行が難しい場合があります。

最終日の予定が空白で焦ってた皆さん、こういう過ごし方はいかがですか??

ご予約、お問い合わせはコチラから!!

↓ポチっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ

大停電の夜に・・・、ニュピを想う。

Nyepi-001.jpg
久々に風邪をひいてしまいました。

2006年の10月17日以来の風邪です。

そんなに風邪をひかない強靭な肉体が自慢だったのに、残念無念です。

病院に行って、「治る注射をブスッとしてください」とお願いしたものの、「鼻風邪だけで注射はできん!!」と先生に怒られてしまいました・・・。

そんな中、昨日は夜22時くらいから、朝まで停電でした。

念願の岩井俊二監督の「リリィシュシュのすべて」を見てたのに、いいとこで停電になってしまって、なんだかやり切れない思いが燻ぶっています。

懐中電灯があったので、それを使ってなんとか停電を凌いでいたのですが、そのときフト年に1度のアノ日が近いことを思い出してしまいました・・・。

アノ日とは・・・。

そう、バリ島サカ暦の新年ニュピです。

今年は3月7日(金)です。

ニュピの日には停電でもないのに、バリ島では火や電灯を一切使ってはいけません。

この日は、本当はバリヒンドゥー教徒が断食と瞑想に専念する精神修養の日なので、レストランやお店の営業は禁止、私たち外国人にも様々な制約が課せられます。

私は妄想に専念します。

毎年、ニュピの翌日の新聞などには、「外国人サーファーが海に行こうとしたとこを逮捕された」や「散歩に出かけた観光客に厳重注意!!」などという記事が掲載されています。

バリ州政府は、ニュピが円滑に進み、外国人に対しても理解をしてもらうために、以下の内容の通達を出しました。

この時期、バリ島へご旅行予定の皆さん、是非参考にしてください。

①3月7日(金)の未明午前0時頃から、翌8日(土)の午前6時までの間、外出、移動、車両の使用、火と電灯の使用、及び静寂を妨げる行為を禁止します。

②バリ島のデンパサール国際空港においては、国内線、国際線ともにトランジット便及び、緊急着陸便を除き、全ての離発着を禁止されます(乗客の乗降は一切認められず、トランジットの乗客及び航空機のみが空港の使用を許可されます)。

③バリ島に出入りする船舶に対する全ての海運サービスの提供を禁止し、各港を閉鎖します。

以上のように、ニュピの間の行動制限は私たち外国人を含むバリ島内の全ての人々に適用され、警察、医療機関、消防等の治安及び人名に関わる、特殊かつ緊急を要するケースを除き、バリ島内での野外活動が禁止されます。

つらいですのぉー。

なもんで、在住外国人はこの期間、ホテルに宿泊する人が多いです。

ホテルなどでは電気を点けることは許されますけんど、「最小限ね!!」という決まり付きなので、お庭やロビーの電気は消されてる場合が多いです。
この傾向は小さいホテル、値段の安いホテルに行くほど強くなります。

でも中には「家で過ごそうじゃないか!!」という人もいて、そういう人はニュピ前に窓ガラスなどに紙を貼り灯りが漏れないよう気を付け、前の日にインスタント食品を山ほど購入し、備えています。

毎年私はこの何もできない、時間の無駄、ひとりで妄想、その後鬱状態というニュピが嫌なので、毎年この時期に合わせて日本に帰っていたのですが、今年はそーもいかないので、ホテルに宿泊します。

現在、ホテルを探し中です。

PS2とDVDは持って行かないと!!(んじゃあ、家と一緒やんけ!!)

あっ、でもホテルは探検できますけん!!

↓ポチっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ

ローカルプライスでステーキを食べようじゃないか!!

King-Steak-002.jpg
King-Steak-006.jpg
昨日、引越しが本当に終了しました。

エアコンも移動終了、湯沸かし器も移動しました。

前に住んでいた家は、しゃっちょさんの旧宅だったのですが、しゃっちょさんの荷物も全部キレイにし、次に住む人よ、ウェルカム!!な状態になっています。

快適な生活っていいなぁーと思って、今朝爽やかに玄関を開けると、マットの上でう○こしてる猫と目が合いました・・・。

朝から猫のう○こ掃除・・・。

素敵な再出発の日どす・・・。

さて今日は、猫のう○この話をした後で誠に恐縮ですが、うちの近所にある、メニューにステーキのある、中華風インドネシア料理のレストランのご紹介をします。

名前は『キングステーキ』と言い、バリ島内にはジンバランのバイパス沿いと、シンパンシゥール交差点をサヌール方面にちょこっと向かった場所にあります。

目印は頭髪の寂しくなったオーナーのおっちゃんの顔写真のついた看板!!

残念ながら写真を撮るのを忘れてしまいました(バカーっ!!)。

写真のおっちゃんはこぼれんばかりの笑みで、元気はつらつ、てかてか系親父なのですが、店内で見かけた本物は顔色の悪いお疲れ気味のおっちゃんでした。お肉を食べ過ぎて痛風にでもなったのでしょうか!?

お店はバイパスに面しているので、駐車場はありません。

大体の車が路肩に止めています。

夜とか路駐の車で大変なことになっています。

さて注文したものは、『アスパラガススープ』『ナシゴレンシーフード』『ミーゴレンシーフード』『サーロインステーキ・ローカル』です。(私がひとりで食べたわけではござぁせん)
King-Steak-004.jpg
King-Steak-003.jpg
King-Steak-001.jpg
『サーロインステーキ・ローカル』の『ローカル』とは、いわゆるインドネシア国産ビーフという意味でござぁす。他にもオージービーフ使用などがありますが、料金はローカルに比べ高くなっています。

バリ島では、「インドネシアの牛さんの肉=硬い」という素敵な公式があります。

こちらのお肉は若干硬めなものの、それなりに良いお肉なのか、「おりゃー財布食っとるようなのぉー」という悲劇はありませんです。

そして何より、ソースが美味しいです。

オススメのナシゴレンは、日本のラーメン屋さんのチャーハンのような、はたまた永谷園のチャーハンの素で作ったチャーハンのような味で、遠い昔、高校生の頃のお弁当に入ってたチャーハンを思い出します。
唐辛子の刻んだものが入っていますが、全く辛くないので日本人には特に親しみやすいお味だと思います。
辛いのがお好きな人は、一緒についてくるチャベポトン(唐辛子の刻んだもの)を混ぜつつ食べましょう!!

残念なのは、野菜がネギ以外は入っていないことです。せめて定番のでっかいキュウリでもいいので欲しかったです。

その点、ミーゴレンには野菜がぼちぼちと入っていました。

☆主なメニューの紹介☆
・アスパラガススープ : Rp8,000
・ナシゴレンアヤム : Rp8,000
・ナシゴレンツナ : Rp10,000
・ナシゴレンシーフード : Rp12,000
・ミーゴレンアヤム : Rp10,000
・ミーゴレンシーフード : Rp12,000
・サーロインステーキ・ローカル : Rp26,000

写真下のような下手くそな字で書いてあるメニューもありますので、要チェックです!!King-Steak-005.jpg
こちらは、インドネシア人はよくデートなんぞでステーキハウスに行く傾向にあるようで、デンパサールのステーキハウスの前には車がじゃんじゃん止まっています。
皆さん、じゅーじゅー焼けるステーキを前にどんな素敵なお話をしてるんでしょうか・・・。

キングステーキ(KING STEAK)
住所 : Jl. By Pass Ngurah Rai Jimbaran
電話番号 : 62-361-7443173
営業時間(月~土) : 11時から23時まで
営業時間(日) : 16時から23時まで
場所・アクセス方法 : クタ方面からの場合、ジンバランのマックの交差点を過ぎ、2個目のUターンポイントでUターンします(以前、銭湯があった場所の前)。そこからクタ方面に戻ります。
ガソリンスタンドを過ぎ、約20メートルほど。おっちゃんの看板が目印です。

↓ポチっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ

バリハイクルーズからの悲しい&楽しみなお知らせでぇす!!

Bali-Hai-002.jpg
久々に海の帝王、バリハイクルーズからのお知らせです!!

久々すぎて、「海の」と変換したら「膿の」と出てきてたまげました。

ビーチリゾートに住んでる女子とは思えん変換ミスです・・・。

最初に残念なお知らせをどどんと2発。

①これまでは、『バリハイリーフクルーズ』(←ポントゥーンで遊ぶヤツですね)に参加のお客様も、ご希望がある際は、ご昼食後にビーチクラブ(レンボンガン島上陸作戦)への送迎をおこなっていたようなのですが、2008年2月15日からはリーフクルーズに参加のお客様は、ご希望がある場合でもビーチクラブへの送迎サービスができなくなってしまいました。

リーフクルーズに参加の方はポントゥーンだけを満喫してくだせぇ・・・と言うことですね。

「いや、わしゃどうしてもビーチに行くんじゃ!!」と言って泳いで渡らないでください。

またヴィレッジツアーへの参加は引き続き可能なので、レンボンガン島上陸も夢ではないでしょう・・・。

2008年3月8日から3月21日までの期間、アリストキャット船が定期点検のために、ドッグ入りします。そのため、この期間はアリストキャット船を使ったレンボンガン島へのツアー、ディナークルーズは催行されません。

またバリハイⅡ号の今年の定期点検、ドッグ入りはまだ未定です。

そして楽しい企画のお知らせを・・・。

③あと1週間ほどでバレンタインデーです。

バリハイクルーズでは毎年恒例の、バレンタインクルーズをサンセットディナークルーズ&アリストキャットイブニングクルーズにて催します。

ピンクでデコレーションした船内に、ピンクシャンパン・・・。
女性へのお花のプレゼントなど楽しい企画が盛りだくさんです。

◎料金
・バリハイサンセットディナークルーズ : US$40/お一人様
・アリストキャットイブニングクルーズ : US$55/お一人様

詳しくはコチラを!!

バリハイクルーズ(BALI HAI CRUISES)
住所 : Benoa Harbour Bali Indonesia
電話番号 : 62-361-720331

※写真はスミニャックのやや北、ザ・サマヤの前のビーチです。台風の後だったので、若干流木などが上がっております。(Photo by HIDEKA san)

↓ポチっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ

もうすぐイムレック(旧正月)です!!

Imlek-001.jpg
もうすぐイムレック(旧正月)です。

今年のイムレックは、2月7日(木)です。

その昔、先日亡くなったスハルト政権下のインドネシアではイムレックは祝日ではなかったそうです。

理由は故スハルト氏は華僑を押し潰す政策を取っていたからです。

私は故スハルト氏は顔立ちがチャイニーズっぽいなぁーと思い、「彼はチャイニーズなんじゃろうか!?」と密かに疑っていたので、この事実にはちょいとたまげました。
(私の勘もあながちハズレではなく、現に『スハルト氏はチャイニーズだっ!!』という噂話もちらほらとあったそうです。)

さて、こちらバリ島ではイムレックと言えどもさほど盛り上がりを見せません。

あえて言うならば、ホテルが中国や台湾、香港、シンガポールからのお客さんで満室になるくらいです。

しかし今日は無理やり、イムレックのあれこれをご紹介します。

挨拶

この日、チャイニーズ系の人たちは「恭喜發財(グォンチーファーチャイ)」と挨拶をします。
読んで字の如く、めでたそうです。(説明になっとらん…)

玄関に貼ってる赤い紙

をよぉく見かけます。前の会社の社長は寮の部屋の前に貼っていました。
これは春聯(チュンリェン)と言い、家の玄関の左右に分けて貼ります。
宋の時代に始まった習慣だといわれています。
春聯はめでたい一対の句で、「物華天宝 人傑地霊(豊富な物産は天の賜物であり、優秀な人材は土地の霊気によって誕生する)」、「歳々平安日 年々如意春(年ごとに平安な日々を迎え、毎年が春の如し)」といった高校の漢文の授業を思い出すような文が縁起が良いということで人気です。

“福”という字が逆さになったアレ

旧正月時期になると、中華料理レストランなどの壁に赤い地に黄色い文字で「福」という字が逆さまに書いてある紙を見かけます。
おっちょこちょいの店員が間違えたわけでも、漢字が読めないスタッフが貼ったわけでもなく、これはわざとなんですね。
諸説ありますが、「倒れる」の「倒」と「到着」の「到」が同じ発音なので、「福」を倒して『福倒了=福到了』で『福が到着する』という駄洒落のような意味で、幸福になるように願いを込めています。

日本でも楽しみなアレ

そうです、お年玉ですねぇー。
私も前の会社のときは台湾人の黄さんからもらっていました。(もうしっかり大人なのに…)
台湾では『紅包(ホンパオ)』という名前で、中国語を話せんスタッフもこの言葉だけはしっかりと覚えていました。
中国本土では「圧歳銭(ヤースイチェン)」と言い、三国志の時代(220年~260年)には魔除けの器具がお金の形をしていたため、その名残りで庶民がお金に糸を通して子どもの服に魔除けとして縫い付けたのが圧歳銭の始まりといわれています。

迷信とか…

中華系の人たちは旧正月の日に雨が降るとその年の商売はウハウハで、晴れてたら今年の商売はダメだ…と言います。
去年のイムレックの日にバリ島では雨が降らなかったのですが、「ジャカルタでは降ったらしいから良しとしよう!!」と言ってる前向きなチャイニーズの人がいました…。
また旧正月の日に掃除をしてはいけない、と言われています。掃除をすると幸運が逃げてしまうからだそうです。
塵ひとつ逃したくないチャイニーズの方のがめつさを感じる迷信です。
そういえば、前の社長は寮のお手伝いさんが、イムレックの日に掃除してたらえらい剣幕で怒ってましたわ…。いつもは掃除せん…と言って怒鳴っているのに…。
旧正月くらい静かに怒らず過ごせよっ!!と私なんぞは思ってしまいます。
また香港では、旧正月前に靴を買ったらダメといわれています。
これは広東語で靴を表す「ハーイ」と、つらいときやり切れないときに発するため息の「はーいやー」が似てるからだそうです。

なんでもかんでも縁起を担ぐんですねぇー。

そういや、寮内の家具の配置は風水によって決められ、車のナンバープレートは中華圏でラッキーナンバーとされる『168(いーりゅーぱー)』でしたわ。

私のチャイニーズバリ人の友だちは、2008年6月1日(01,06,08)に結婚すると、まだ特定の彼女もいないのに張り切っています。

いまどきの若者っぽいヤツでもこんな迷信に支配されてるんですねぇー。

まぁとにかく、ちょっと早いのですが恭喜發財!!

↓ポチっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ

引越しは1日にして終了せず・・・。

CIMG1036.jpg
先週、引越しをしました。

土曜日の夜に荷造りをし、日曜に移動しました。

1台のトラックで十分な荷物の量でした。

新しい家はまだまだペンキの匂いがするものの、ひとりには十分な広さです。(あまりに広いと持て余してしまいますけんね)

さて、ここで私の感じた『バリ島での引越しあれこれ』をご紹介します。
まぁ、あくまで私の感想なので、全部がこんな感じじゃないとは思いますが、一応参考にしてください。

其の壱、修理屋とかのおっちゃんは、朝9時までに来なかったらその日は来ない。

其の弐、荷物運びのトラックの運ちゃんは、いらないものを喜んでもらってくれるので気兼ねしなくて良い。

其の参、インドネシア人の大家さんにカーテンを頼むと、ピンクの艶かしいカーテンが付く。

其の四、大屋さんは最初の出会いと話し合いが大事。

①ですが、これは洗濯機取り付け工事のおっちゃんと、電話線のおっちゃんと、エアコン取り付けのにぃちゃんと工事のときに使ってた足場を持って帰るおっちゃんがそうでした。

洗濯機のおっちゃんは日曜のお昼に来ると言っていたので、律儀にどこにも行かずに待ってたものの来ない・・・。夕方になっても来ない・・・。
貴重な日曜をおっちゃん待ちで終わらせてしまった孤独な私。

月曜日の朝起きて、顔洗ってるとおっちゃんがやって来ました。朝7時30分の出来事でっせ、あーた!!

昨日はすまんです・・・。

なんてあるはずもなく、黙々と作業開始。

「昨日来るって言ったじゃん!!」と問い詰めても、どうせうそ臭い言い訳が返ってくるので、そんな野暮なことは聞きません。

私、仕事に行ってもいいんじゃろうか・・・。

チラ見してるとおっちゃんは「仕事行っていいよぉー、てぃだあぱあぱ(大丈夫)!!」って、なぜにあんたが決めるんじゃ・・・。

一応、職場に行き心配なのでお昼休憩時に一旦帰ってみました。

足場を引き取りに来たおっちゃんは、「明日、持って帰るけん」と言いつつ、ずっと来ないで今朝やっと足場を引き取りにきました。朝7時20分の出来事でっせ、あーた!!
きっと使う必要ができ、急遽取りに来たんでしょうに・・・。

エアコンのにぃちゃんは約束から2日後にやって来ました。

朝8時30分の出来事でっせ、あーた!!

前の家にエアコンを取り外しに行き、新しい家に持って来て作業に取り掛かろうとしたら、にぃちゃんが、「あどぅー!!」と一言・・・。

なんと、作業に必要な道具を持ってくるのを忘れたそうです・・・。

しかも私に、「んばぁ、ぷにゃ、かったる??(あのぉー、カッター持ってますか??」と聞いてきて、私に借りようかいな、という勢い・・・。持ってるはずもなく・・・。

そんでもって作業に必要なホースかなんかを前の家でエアコンを取り外した際に置き忘れたそうで、取りに帰るにぃちゃん。

しかもですね、現在我が家にはにぃちゃんが忘れていったメジャーが転がっています。

電話で伝えると、「またいつか取りに行きます・・・」とのこと。

次のエアコン取り付けの工事があるその日まで取りに来ないんだろうなぁー。

②はですね、バリ島には引っ越し業者なんてものはいません、多分。

なので家から家への移動の際は自分の車、もしくは道端にある「レンタルします」と書いてある軽トラを探さないといけません。

んでその軽トラの運ちゃんが家の中まで運んでくれるのです。

私が捨てようと分けていたものを運ちゃんはめざとく見つけ、それがたとえ壊れているものでも持って帰ってくれます。
雑誌などは1キロ何ルピアかで買い取ってくれる業者もこの広いバリ島内にはいるので、運ちゃんもウハウハです。

見た目、胡散臭い怪しい人が多いのですが、見掛け倒しな場合が多いです。

③はですね、大家さんが入居前に用意してくれてたカーテンが、温泉街のストリップ劇場も、はたまた林家ペー&パー子もびっくりなほど、ドピンクのカーテンだったのです。

前に住んでたアパートも寮もこの色のカーテンでしたわ・・・。

私の人格を疑われそうなほどのピンクです。

④はですね、大事だと思います。

まぁ当たり前のことですけど、これが難しいです。

うちの大家さんは、近所に住むエカさんというバリコレクションで働いてるおっちゃんで、大変働き者&責任感の強い人です。

私が希望していた、「電話線お願いします」と「ベッドお願いします」と「洗濯機の工事のできるおっちゃんを探してください」というのを、私が入居すると決めた日までに準備してくれていました。

頭金を払うときも、ちゃんと領収書を書いてくれ、残高の支払いの日にちを決定し、納得してもらいました。

上司として出会っていても、いい関係が築けそうです。

しかも1月18日にはそれはそれは盛大なお祭りをしたようで、我が家の庭にある祠(?)は写真上のようにこんなにも豪華絢爛です。

一心不乱にお祈りしてるのは、大家さんのエカさんです。

バリ島の大安吉日には、エカさんがお祈りをしてくれます。今日はクニンガンだったので、お供え物を手にやって来ていました。

最初に会った瞬間に、「あっ、この人だったら大丈夫かも・・・」と感じた私の直感はあながちハズレではなかったようです。

今の問題は家の中に収納家具がないことです。

会社の人は、「道路に面した場所にある家具屋さんで買いなよ!!」といっているものの、あーいうところは値段交渉をせんといけません。

ちょっと値段高くても、アルファやカルフールなどがいいと思うんですけどねぇー。

快適な生活までの道のりはまだ険しそうです・・・。

↓ポチっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ

インドネシア、バリ島の2008年2月の祝日&お祭り情報!!

Nikko-Beach-001.jpg
早いもんで、もう2月。

こちらインドネシア、バリ島は毎日太陽がんがんの暑い日が続いております。

さて私事で恐縮なのですが、先週引越しをしました。
場所は同じくジンバラン内の高級住宅地(らしい)、タマングリヤの上、『Nuansa Utama』という団地(?)です。
地図上では会社には近づいたものの、山の上なので、下界(バイパスですの)まで降りるのに2キロも距離があります。

山の上なので、「絶対っ、浸水しないっっ!!」と大家さんの太鼓判付きです。

この大家さん、すごく素敵な人で私が入居する前までに希望していた電話線が引かれていました。すごい、感動じゃ!!

さて今日は、2月のインドネシアの祝日&お祭り情報をお届けします。

☆2月のインドネシアの祝日☆

7日(木) : チャイニーズニューイヤー (TAHUN BARU IMLEK 2559)
⇒Gong Xi Fa Caiでおなじみのチャイニーズニューイヤーです。
前の会社は台湾人観光客が多かったこともあり、この期間はスタッフがみんな殺気立っていましたなぁー。

☆2月のバリ島のお祭り集中日☆

2日(土) : ハリラヤクニンガン(Hari Raya Kuningan)
⇒この日は、地上に神々が降りてくるという、とても神聖な日です。
各家々の氏寺には、先祖の霊を迎えるために盛大なお供え物が用意されます。
バリの人々は、この世の万物の平和と幸福のために祈りを捧げます。
クニンガンの日にはすべてのお供え物をお昼の12時頃までに供え終わらなくてはいけないません。なぜならば、その時間を過ぎると神々は天界に帰ってしまうからです。(半ドンなのでしょうか??)
よく日本の『お盆』と同じ・・・というように例えられますが、バリ島では先祖の霊も神なので、ただ単に先祖供養として霊を迎えるだけでなく、もっと神聖な意味があります。

7日(木) : 新月
⇒新月の日には、バリヒンドゥー教徒はお寺に行きお供え物を捧げます。
特ににぎわっているお寺は、デンパサールのジャガッナタ寺院とマタハリモール・ギャレリアの近くにあるグリヤ・タナ・キラップ寺院です。

21日(木) : 満月
⇒この日も新月の日同様にたくさんの神事がバリ島各地で行なわれます。

27日(水) : ハリ・プガッ・ウワカン(Hari Pegat Uwakan)
⇒クリオン(バリ島の吉日)が水曜日にあたるこの日は、毎月吉日とされバリ島の人々はお供え物を捧げます。
特に、このブダ(水曜という意味のバリ語)・クリオンは、ガルンガンからクニンガンまでの一連の祝日を締めくくる重要な日とされています。
クニンガンから数えると25日目にあたり、ガルンガン前日から家々の前に立てられたペンジョール(お飾り)が、この日一斉に処分されます。

うちの家も入居する前に、大家さんが盛大なお祭りをおこなったようで、かなり豪華絢爛、日本人が住んでいるのに、そんじょそこらのバリ人家庭よりも立派なお飾りがあります。
私もバリ人を見習ってお供え物しようかいな・・・!?と思わず考えてしまったほどです。

↓ポチっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。