バリ島 すめれけて日記

バリ島在住の広島女が、インドネシアやバリ島のあれこれをお知らせします。 アナタの知らないインドネシアを覗いてみてください!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物騒な世の中です・・・。

JAWA_002.jpg
5月にまたまたガソリン代が上がるそうです。

1番安いガソリンが現在、1リットルがRp4,500(約50円)なのですが、最低でも1リットルがRp6,000(約67円)にまで値上げしてしまうらしいのです。まぁ、日本に比べたらまだまだ安いのですが・・・。

ガソリンを上げにゃあ、インドネシアが経済破綻してしまう!!

と、スーシーロ・バンバン・ユドヨノ大統領。

ガソリン代が上がると、必然的に船などで運ばれてくる野菜や玉子、大豆、麦などの値段も上がります。

そうすると困るのは庶民です。

ここ数年のインドネシアの物価の上昇はすさまじいです。

ほんの3年くらい前までは、4,000ルピアでナシチャンプルを買うことできましたし、2,000ルピアという驚異の値段のナシゴレンに遭遇したこともあります。

そんなインドネシアの中でも、観光産業で飯を喰ってるこちらバリ島。

日本人だって、欧米人だって、台湾人だって、韓国人だって、自分の国ではガソリン代の上昇や野菜の値段の高騰に悩んでいると思います、きっと。

そんな自分の国でのしがらみを忘れるための、パラダイス・バリ島!!

なので生活臭を出したらダメっすよ。
子どものミルクが買えなくても、うそ臭い笑顔をお客さんにふりまかないといけません。

でも出したいです、そんな生活苦。
そして犯罪に手を染める人々の話を聞いてください!!
これはお客さんにも多いに関係ある話ですけん!!

実はここ最近、バリポストでは毎日のように、「ホテルに泥棒が入った!!」という記事が紙面に上がります。

1番衝撃だったのは、1人のインドネシア人男性がクタ地区の6件のホテルに宿泊客として侵入し、客室からお金を盗んだ・・・という事件。
こいつは、他にもサヌールのホテル2件でも同じ犯行をおこなっていました。
ヤツが犯行現場に選んだホテルはクタ地区の、ロスメンと呼ばれるいわゆる安宿でした。

そして更に衝撃の事件がっ!!

クタ地区のホテルのウェイトレスが客室に侵入し、お金を盗んだ・・・という事件。
こちらは、ウェイトレスの夫もこのホテルで働いていたようで、ふたりの共犯だったということです。

こちらもやはり安宿でした。

やっぱり安宿は危ないんかいな・・・と思っていたのですが、またまた驚愕の事件がっ!!

今度はウブド地区にある日本人にも人気のホテルで、強盗がっ!!
ここは安いお部屋タイプもあるものの、1泊50~100ドルぐらいするお部屋もある中級ホテルです。

これはもぉ、安宿だけが危ない・・・と言えないですね。

特にウブドのヴィラタイプのお部屋なんかは、結構出入りが簡単だと思うんですよ。でもCCTVなどのあるホテルやヴィラはそんなにたくさんはありません。

なので皆さん、貴重品の管理は慎重に!!ですよ。

ちょいと偉そうにアドバイスを・・・。

①貴重品はセーフティーボックスに入れましょう!!
②セーフティーボックスがお部屋にない場合はフロントに預け、中身をしっかりと確認し、自分で封をしましょう!!
③お金は分けて持ちましょう!!
④施錠をしっかりしましょう!!

そんでもしも泥棒に遭遇したら、でっかい声で、「まりーん、まりーん (MALING)!!」と叫びましょう。マリン(Maling)はインドネシア語で泥棒という意味です。

ブノア岬で「まりーん!!」と叫ぶと、「あー、あの子はバナナボ乗りたいんじゃろうか・・・!?」と思われますので、しっかりと「L」「R」を区別して発音しましょう!!(バナナボートは、「マリン(MARINE)スポーツ」ですね・・・。)

こんな偉そうなことを言ってる私もその昔、寮に住んでるときにお手伝いさんにお金を盗まれたことがありやんす・・・。(その人はその日で辞めることになっていた)
盗られた額は大したことなかったのですが、「こんなとこまで開けちゃったのぉー!?」と気持ち悪く思ったもんです。

そんな私に当時の社長さんが言った言葉・・・。

お金をわざと見えるとこに置いておけ!!もちろんちゃんと数を数えていくらあるか覚えておくんだ!!

そうしたら絶対に盗られないそうです。盗ったら犯人はすぐわかりますし。
でもこれは寮生活とか、共同生活とかの知ってる人のときは使えそうですけんど、ホテルではいかがでしょうか・・・!?

ホンマに自己管理をきちんとお願いします。
そして楽しいバリ島滞在にしてくださいな。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
スポンサーサイト

おフランス人がオーナーです、ル・ジャルダン!!

Le-Jardin-011.jpg
いつまで経っても慣れないことがあります。

それは間違い電話。

今朝5時くらいに、家の電話がなったんです。

家の番号を知ってる人はごくわずかなので、何事かっ!!と出たとこ怒ったようなおばちゃんの声で、「ハロー、ティタ!?」と・・・。

うちにはティタという名の人間も猫もいないので、「間違えてますよー」と伝えると、いきなりガチャンと切られました。

なんなんだ、一体・・・。と思いつつ2度寝に挑む私。

そうしたら、また電話が。

出たらまた先ほどのおばちゃんが、「ハロー、ティタ?」と・・・。「違います!!」と伝えると、「あんた誰!?」とおばちゃん。そりゃあこっちのセリフじゃっっっ!!

そうなんです、インドネシア人は自分が間違えてかけて、こっちが親切に「間違えてるよぉー」と伝えると、「あんた誰!?」と若干キレ気味に聞いてくるのです。

その気持ちはわからんでもないけど、おかしいですわ。

前に、「あんたこそ誰!?」と聞いたことがあるのですが、そしたら相手は「・・・」と無言。答えたくないんでしょ!?だったら私も答えたくないんじゃー、とお互いに「・・・」。最後は相手が切りました。(勝利!!)

さて、今日もスミニャックのヴィラをご紹介します。

名前は、『ル・ジャルダン(LE JARDIN)』!!

おフランス語でござぁすわよ。

JARDINと書いて、ジャルダンと読むそうです。

「お庭」という意味でござぁす。

1番上の写真は、友達のアリィくんです。
前はザ・サマヤで働いていました。元サマヤの優秀なスタッフがたくさんこのヴィラに引き抜かれ働いているそうです。

ここは2ベッドルームヴィラが9棟3ベッドルームヴィラが2棟のリゾートです。
リゾート内には昔から生えてた木々がそのまま切られずに残っているので、2007年7月にオープンしたばかりのリゾートのくせして(?)、緑に囲まれた素敵なリゾートになってます。マンゴーがたわわに実った背の高い木もありました!!

2ベッドルームヴィラと3ベッドルームヴィラのみしかないのですが、2人でご宿泊も可能です。普通はその場合1部屋施錠するのですが、こちらは施錠しません。
なもんで、女の子同士とかいいかもしれんですねぇー。あと、カップルでご宿泊していて喧嘩をした際も便利です。

こちらがヴィラの様子です。
Le-Jardin-001.jpg
Le-Jardin-003.jpg
Le-Jardin-006.jpg
Le-Jardin-005.jpg
Le-Jardin-010.jpg
Le-Jardin-004.jpg
Le-Jardin-008.jpg
Le-Jardin-009.jpg
Le-Jardin-002.jpg
です。ル・ジャルダンですけん。
コンセプトは、プライバシーを守り、快適さを追求し、且つ贅沢なご滞在を・・・ということです。当たり前っちゃあ当たり前のような気もしますが・・・。

全ヴィラにはプライベートプール、オープンエアーの台所とダイニング&リビングスペースがあります。
マスターベッドルームはこりゃまた広いでっせ。そんでもって奥にバスルームがあります。

ゲストルームは2階にあります(写真2段目の右)。
ちょいと1階に比べたら狭いですのぉー。
2ベッドルームを4人で使うなら、友達同士より家族のほうが良いかもしれませんねぇー。見えない嫉妬心が生まれそうです。

そして2階には、巨大ガゼボがあります。
海は見えないのですが、良い風が吹きそうです!!

そんでもってこちら、トイレが素晴らしいんです!!
Le-Jardin-007.jpg
ドアがないんです。しかもすぐお庭です。
まさに豪華な野糞です。
こーいうオープンなとこで、用をたすのはどんな感じなんだろう・・・、とニヤニヤ妄想しながらいっぱい写真を撮っていたら、営業のおばちゃんがにこやかな顔で見ていました。

そんなに広くないのに、スパもジムもあるのがうれしいですのぉー。
トリートメントはヴィラ内でもアレンジ可能ですのよ。

お問い合わせはコチラから!!

ル・ジャルダン(LE JARDIN)
住所 : Jl. Sarinande 7, Seminyak
電話番号 : 62-361-730165
場所・アクセス方法 : スミニャックのダヤナプラ(アビマンユ)通りに入り、夜遊び街を突き抜けます。コンティキリゾートを過ぎソフィテルの70メートルほど手前にある曲がり角を右折。道なりに進んで行き、ソフィテルのスタッフ通用門の前、右側にあります。
デンパサール国際空港からは車で約20分ほど。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 【“おフランス人がオーナーです、ル・ジャルダン!!”の続きを読む】

アノーラヴィラ、再び・・・。

最近、我が家に猫が住み着いています。

しかも愛想の悪い、黒猫。

ヤツは、家の前にある祠(バリ人がお祈りをし、お供え物を捧げる所)の横でふてぶてしい顔で寝ています。最初の頃は私が仕事から帰ってきたら、私を睨みつけ逃げるふりをしていたのですが、最近は更にふてぶてしくなり、逃げるそぶりも見せなくなりました。

私は猫アレルギーなので近づかないようにしており、私とヤツの間は微妙な距離感を保ちつつ、それでもうまくやっているつもりでした。

そうしましたらですねヤツ、急にいなくなりまして。

これで夜中にヤツが屋根に上がって暴れたりせんので、安眠を貪れるのぉーと安心してましたら、御礼なのかなんなのか、ヤツったら玄関の前にう○こを残していってました。

うまくやってるつもりだったのは、私だけのようです。

今日は、先日ご紹介した『アノーラヴィラス(annoRa Villas)』のヴィラタイプのお部屋をご紹介します。

こちらが、2ベッドルームヴィラです。
Annora-007.jpg
Annora-006.jpg
Annora-005.jpg
Annora-003.jpg
Annora-004.jpg
Annora-002.jpg
写真下の段の1番右を見てください。
このドアを開けると、そこはプールに続いているんです。なので、プールで遊び濡れた身体でお部屋を横切ってバスルームに行って、濡れた床を歩いて滑って転んで…などという悲劇がありません。

ここのヴィラ、「好きかもぉー」と思ったのは、飾ってある絵が安っぽい絵じゃないとこ!!
上の写真は赤い絵で若干怖かったのですが、この下の絵をご覧ください!!
Annora-001.jpg
こーいう花鳥風月を描いた絵をブンゴセカンスタイルって言うんです、確か。
手抜きなブンゴセカンスタイルの絵は貧相でっせ、あーた。
このスタイルの絵は好き嫌いがはっきり出ます。私も昔は好きではなかったのですが、お客様から「丹精込めて描かれたものは、本当に素晴らしいのよ!!ちゃんと見て!!」と言われ、美術館や絵画集で見て勉強し、考えを改めました。この絵は日本の和室にも合いそうですよねぇー。

この絵は私が今まで見たブンゴセカンスタイルの絵の中でも、特に細かく色合いもキレイで素敵でした。

いかがですか!?

アノーラヴィラス(ANNORA VILLAS)
住所 : Jl. Abimanyu No, 999X, Seminyak
電話番号 : 62-361-734793
場所・アクセス方法 : アビマンユ(ダヤナプラ)通りに入り、ナイトクラブ街を突き抜け、コンティキリゾートの先を左折。ダヤナプラホテルを過ぎ70メートルほど行った左側。
デンパサール国際空港からは車で約20分ほど。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 【“アノーラヴィラ、再び・・・。”の続きを読む】

アビマンユ通りのプチリゾート、アノーラヴィラス!!

Annora-Villa-007.jpg
先日、またまたホテル見学へと出かけてきました。

行った場所はスミニャックのアビマンユ周辺と、ウマラス。

なぜかウマラスだけ、どしゃぶりでした。しかも道路は整備されてなくってでこぼこじゃし・・・。

うー、まらす…。

さて、今日はスミニャックの『アノーラヴィラス(annoRa Villas)』のご紹介をします。

こちらは、2007年12月にオープンしたばかりのヴィラで、6部屋のデラックススイートルーム、5棟の1ベッドルームプールヴィラ、2棟の2ベッドルームプールヴィラがあります。

ここはロビー周辺が特徴的です。
Annora-Villa-009.jpg
Annora-Villa-008.jpg
ロビーは寒色系(と書くと陰気な雰囲気ですが・・・)でまとめてあり、しかしエントランス付近の緑がきらきらと輝きロビーへと光が射し込むのでくらぁーい、どよーんとした雰囲気にはなっておりません。

またヴィラへと続く回廊的な道(写真右)の足元には水が流れており、よぉぉく見ると魚が泳いでいるのが発見できます。

回廊を左に曲がると青いプールと欧米人のねぇちゃんのお尻が目に飛び込んできます。まぶしいっ!!

お部屋はこのプールを囲むようにして作られており、サヌールとかでよく見かける「狭いんだけど、みんなワイワイと楽しそうなホテル・豪華版」といった感じです。

こちらは、デラックススイートのお部屋です。
Annora-Villa-006.jpg
Annora-Villa-001.jpg
Annora-Villa-003.jpg
Annora-Villa-002.jpg
Annora-Villa-004.jpg
Annora-Villa-005.jpg
ここはヴィラじゃないタイプです。
デラックススイートというタイプのお部屋は全部屋2階にあり、オープンエアーのリビング&ダイニングルーム、奥にベッドルームとバスルームがあります。結構広いでござぁすなぁ。
ヴィラタイプのお部屋に泊まらなくても、私はここで十分です。

現在、このタイプのお部屋のうち、1部屋のみキッチンがあります。今後は改装工事をし、全部屋キッチン付きのお部屋にするそうです。
完成してオープンした後に、「なんかキッチンがあったほうがいいねぇー」ってことになって急遽作り始めたんでしょうか!?

1階はどうなっているかと言いますと、1階はなんとヴィラタイプのお部屋になってます。
もちろん入り口は別々ですよ。

つまりわかりやすく言いますと、普通のヴィラがあります。お庭もあってプールもあってリビング&ダイニングもあって・・・。しかしよぉぉく見ると2階建てなんどす。んで、2階に上がる階段を探したけどナイ。
そりゃあそうです、2階は違うカテゴリー(デラックススイート)のお部屋なんですけん。コネクティングしとりゃあしません、ということなんです。

つまり狭い敷地に出来るだけたくさんのお部屋を作った、「賢い土地利用リゾート」というわけです。

弊社では2008年6月30日までの期間、スペシャルキャンペーンをおこなっております。
対象となるルームタイプは「デラックススイート」のみです。特典も盛りだくさんなので、是非コチラからお問い合わせくださいませ!!

アノーラヴィラス(ANNORA VILLAS)
住所 : Jl. Abimanyu No, 999X, Seminyak
電話番号 : 62-361-734793
場所・アクセス方法 : アビマンユ(ダヤナプラ)通りに入り、ナイトクラブ街を突き抜け、コンティキリゾートの先を左折。ダヤナプラホテルを過ぎ70メートルほど行った左側。
デンパサール国際空港からは車で約20分ほど。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 【“アビマンユ通りのプチリゾート、アノーラヴィラス!!”の続きを読む】

この辺も要注目スポットかもしれません、ウマサプナヴィラス!!

Uma-Sapna-002.jpg
いよいよネタ切れの、スミニャックのヴィラの紹介をします。

名前は、『ウマサプナ(UMA SAPNA)』!!

アビマンユ通りから向かったのですが、工事中だとかで通行止め。抜け出してあっち行け、こっち行けとしていたら、迷子になってしまいました・・・。

場所は、オベロイ通りに入ってすぐの右側にある魚のデカイ看板の手前の細い道を直進。(トラットリアレストランとか、ザ・レギャンに行く場合は右に曲がらないといけません)
そんでもって、そこから100メートルほど行った場所に、やたらと周りの風景とマッチしすぎて見難いんじゃ、おいっ!!的な看板があります。
Uma-Sapna-001.jpg
ね、わかりにくいでしょ??

今回はですね、皆さんに謝らないといけません。

実は、営業のおねーちゃんと私とうちの会社のベル氏がおしゃべりしすぎて、真面目にヴィラ見学をしておりません。

ベル氏と営業のおねーちゃんは、同じNTT(ヌサトゥンガラティモール)出身だそうで、ヴィラと関係ない話ばっか…。
一応、細かいこと言えばスンバ島とフローレス島って島は違うのに、やっぱりほぼ同郷の人間を見つけるとうれしいもんなんですね。
これは私がバリ島で島根県民に遭遇したときと同じ感覚でしょうか??

私とこのおねーちゃんはともに年齢が同じ、しかも誕生日が1ヶ月違いという共通点があり、結婚の話などで盛り上がりました。

もぉダメです。ずっとしゃべってました。

興味深かったのは、NTTの結婚の話・・・。

NTT周辺の島々では、結婚をするときに男性は女性の家に、かなりの貢物をしなければならないそうです。
営業のおねーちゃんの故郷のスンバ島では貢物として、「馬」「牛」「豚」を嫁さんの実家にあげなければいけません。ベル氏の故郷のフローレス島では、「象牙」を嫁さんの実家にあげないといけないそうです。
もちろん大きさや数でその男の経済力がわかるということなんで、男性はもちろん無理をしちゃいます。
ベル氏のおじさんは、もう息子も結婚して孫もいるのに、まだ結婚時に象牙や牛などを買った際の借金を返済できていないそうです。

ちなみに女の子の家は、「馬」も「象牙」も用意しなくて良いので、入ってくるのを待つだけ・・・というウハウハ状態です。

そのせいか、NTT周辺の島々では、嫁きそびれた女の人がたっくさんいるそうです。
高学歴の女の人ほど、お嫁に行くのが難しいそうです。

そのせいでしょうか、言われてみると私はNTT出身者同士の結婚を1組しか知りません。

ベル氏の奥さんもジャワ人です。

可哀想なNTTの女子。

そのせいか営業のねーちゃんもまだ独身でした。
ねーちゃんが日本人と結婚しようが、欧米人と結婚しようが、男性は必ず「馬」をねーちゃんの実家にあげないといけないようなので、NTT出身者と恋をした日本人の殿方・・・、要注意ですぜ!!

そろそろヴィラのご紹介を。

こちらは1ベッドルームヴィラが18棟、2ベッドルームヴィラが2棟の全20棟が敷地奥までずずずずぃぃぃっと伸びています。
入り口だけ見ると狭そうなので、この奥行きの深さには驚きです。
ヴィラの名前は、「リアウ」、「コモド」、「アンボン」、「ニアス」というようにインドネシア各地の都市名が付けられています。

こちらが1ベッドルームヴィラです。
Uma-Sapna-005.jpg
Uma-Sapna-004.jpg
Uma-Sapna-003.jpg
豚がぶひぶひ。

こちらのタイプのお部屋は新しく出来たヴィラだそうで、なんとなく今までのイメージ(勝手にモノクロってイメージを持ってた)とはガラリと変わり、白を基調としたまぶしすぎるお部屋です。

ヴィラの敷地は広いので、息苦しさもなくのほほんとヴィラライフを満喫できそうです。

が、豚と折鶴のコラボ的絵が気になります。
なぜにこんな絵を描こうと作者は思ったのか・・・!?じっくり語り合ってみたいもんです。

私は個人的には、元々あるタイプのお部屋の方が好きかも・・・。

この周辺も最近はレストランやパン屋さんがオープンし、徐々に賑やかになっています。しかし、新しいヴィラが多い!!

また時間があったら、新しいヴィラ散策の旅に出ます!!

ご予約、お問い合わせはコチラから!!

ウマサプナ(UMA SAPNA)
住所 : Jl. Drupadi No,20xx Basangkasa, Seminyak
電話番号 : 62-361-736628
場所・アクセス方法 : スミニャックのオベロイ通りに入ってすぐを右折するところを右折しないで直進。100メートルほど行くと右側に看板がありますが、周囲の壁の色と同化していて見えにくいです。看板のある場所を右折しすぐ。
デンパサール国際空港からは車で約20分ほど。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 【“この辺も要注目スポットかもしれません、ウマサプナヴィラス!!”の続きを読む】

信じますか!?ブラックマジック・・・。

Upacara-001.jpg
こないだカルフールに行ったら、前の会社のオペレーターだった女の子に会いました。
エスカレーター近くの天然石で作られたアクセサリーショップで働いていました。

彼女、突然来なくなったんです。

前の会社には1日で辞めたとか1週間で辞めたって人が多かったんで、彼女もこの類かと思ってたんです、私。

でも違いまして。

彼女、ブラックマジックをかけられて体調を崩してしまい、6ヶ月間家に引きこもっていたそうです。

この噂は聞いたことがあったのですが、「そぉんな理由をつけてまで、会社辞めたかったのかぁぁ」となぜか納得だった私。

今回、恐縮しつつもその辺を突っ込むと、どうやらブラックマジックをかけられたってのは、ホンマらしいのです。

私の半分くらいの線の細いちっちゃい女の子だったのですが、その頃は更にちっちゃくなっていたそうです。

誰がかけたのさっ、アンタみたいな可愛い子にっ!!

とおばさん野次馬根性丸出しで聞くと、驚愕の答えがっ!!

バリアン(霊能力者)曰く、元彼らしいの・・・。

こえー、こえー、怖すぎるぅー、バリ人男子ぃぃぃぃぃ!!

若い男女の間に何があったのかは、それ以上聞けませんでした・・・。

別れ際に、「今度は、ブラックマジックかけるような男の子と付き合っちゃダメよ!!ちゃんと選びんさいよ(←何様!?)」と言うと、「うん、わかった。アナタもね!!」と笑顔の彼女。

あっ、そうね、私もだよね。ブラックマジックかけられたことないけど、もう30歳だし、そろそろどうにかせんとね・・・。

と自分の人生まで考えてしもうたワタクシ。

インドネシア人の友達に聞いたのですが、不細工な男子が美女を連れて歩いているとき、考えられる理由は、

①家が金持ち
②なんかしらビジネスをやって成功した。

そして、

③マジックかけた・・・

だそうです。「すげぇいいヤツなんだ、アイツ!!」とかって理由はありません。
インドネシアの不細工貧乏男子に生き残る道はないのか!?

このように、片思いの相手を惚れさせる・・・なんてこともできるそうなんで、むやみやたらにインドネシア人に写真を渡したらいけないそうです。

とまぁ、日常茶飯事として聞かれる、マジック。

インドネシア人が1番恐れているのが、このブラックマジックですね。

これは人間誰しもが持っている嫉妬やねたみなどが原因で、その人物に呪いをかけ病気などの禍いを生じさせるんです。

ブラックマジックを避けるためには、「怒らず」、「驕らず」にいることが大事ですのぉー。

当たり前のことですけど、中々できないもんなので、常日頃から心がけたいですね。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

私はインドネシアの警察官になりたいっ!?

Police-001.jpg
警察の検問を賄賂を渡すことで、かいくぐってきたそこのアナタっ!!

そう、アナタです!!

お金を渡したら許してもらえると、のほほーんとしてるアナタっ!!

大変ですよっ!!

そう、アナタです!!

あー、私かぁ・・・。

インドネシアではしばし、バイパスなどで警察官が通行車両を止め、なんやかんやとやっている光景を見かけます。

検問しとるんですね。

警察の検問では、車検証のチェック、免許書の有無をチェックします。

車検証の期限が切れてたり、無免許だったりすると、「あどぅー、どうするんだい??警察署で罰金払う??そしたら20万ルピアかかるよぉー」的なことをねちねちと言います。
そんで、「俺に直接払ったら、5万ルピアにしちゃるでぇー」とかなんとか言って許してもらうのがお決まりのパターンです。
普通の人は、警察署にわざわざ行って20万ルピア払うんじゃったら、この鼻毛の出た警察官に5万ルピアを払ったほうが良いと考え、払ってしまうんです。

市民の味方であるはずの警察官らしからぬ行為!!

人の弱味につけ込んだ、えげつない行為です。

私の友達(日本人)は、どぉぉぉしても払いたくなかったようで、「払ってもいいけど、領収書出せぇーや!!」とごねまくり、後日ちゃんと警察署に調書みたいなものを書きに行き、しかも警察官に「やり方が汚いんじゃ!!」と文句も言ったそうです。

一方、私はというと、つい無免許で運転して警察の検問に引っかかってしまい、インドネシア語のできない人のフリをして逃げ切ったことがあります。賄賂も払わんかったです。
正義感溢れる上記の友達には、口が裂けても言えん愚かな行為です。

この検問、ガルンガンやクニンガンなどのバリ島の祝日が近づくと増える傾向にあります。
ガルンガンもクニンガンもお供え物や豚や、もしかしたら奥さんのクバヤ新調代とかで色々お金がかかりますけんねぇー。

ってこたぁ、警察官のお小遣い稼ぎじゃないですかぁぁぁぁ!!

そんな感じの腐敗したインドネシアの警察。

仕方がないねぇ・・・と諦めていたのですが、なんと状況はすごいことになっていました。

なんと、検問に遭遇し警察官に賄賂を渡すと、渡した人は現行犯逮捕され最高10年間刑務所入りになってしまうんです!!

そして、「こいつ、賄賂を渡して逃れようとしたでぇー」と報告した警察官は、Rp11,000,000(約12万円)の賞金(!?)がもらえるそうです!!

な、な、な、な、な、な、なんじゃーそりゃぁぁぁぁぁあ!!

このへんてこな決まりのある前から警察官がウハウハで、このへんてこな決まり後も警察官だけがウハウハだなんて・・・。

今までも私たち市民が率先して賄賂的なものを渡していたのではなく、警察官がそれとなくそーいう方向へ持っていってたのに・・・。

なので皆さん、警察の検問に引っかかったら下手な行動に出るより、警察官から書類をもらい、後日裁判所で正規の罰金を支払うようにしましょう!!

ほんの5万ルピア(500円ちょっと)のお金を警察官に渡したけんって、10年近く刑務所なんてむなしすぎますぜ。

渡した人間が悪いのか、受け取った人間が悪いのか・・・。

※写真は、ジョグジャカルタで偶然遭遇した結婚式です。新郎は警察官とのことです。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

果物がたわわに実った、ブアバリヴィラスのご紹介!!

すごい情報を入手しましたっ!!

あのっ、インターコンチネンタルリゾートが2009年にサヌール地区とクタ地区に新たにリゾートをオープン予定だそうです!!

これで今あるジンバランも入れて、バリ島にあるインターコンチネンタルの数は3件!!
にわかには信じられん話です。現に私は半信半疑(=傷つかない為の予防線)です。

どうします??

どうもしないですか??

サヌールにできるインターコンチネンタルは、お部屋数150ほど。ジンバランの500部屋強にはもちろん敵わんのですが、サヌール地区では大型ホテルと言っても過言ではないでしょうに。

しかもまだ土地残ってたのか!?と誰もが驚愕のビーチフロントリゾートになるそうです。

こうしてまたバリ島に土地成金が増えていく・・・。

さて今日は、こちらも土地成金を多数産出したであろう、スミニャック・クロボカンのヴィラのご紹介をします。

名前は、『ブアバリヴィラス(BUAH BALI VILLAS)』です。

こちらは、2007年8月にオープンした、1ベッドルームヴィラが5棟、2ベッドルームヴィラが1棟の全6棟7部屋のこじんまりとしたリゾートです。
日本人が設計を手がけたということで、わかる人が見ると違いがわかる造りになっているということです。(えっ!?私ですか・・・、聞かんといてくだせぇ)

お名前についている「ブア(BUAH)」はインドネシア語で「果物」という意味です。

そのため、各ヴィラの名前は「マンゴ」、「パパイヤ」というように果物の名前が付いていますし、ヴィラのお庭には、バナナ、マンゴ、パイナップル、ザクロ、グアバなどの木々が植えられています。

こんな感じです。
Buah-Bali-003.jpg
Buah-Bali-002.jpg
Buah-Bali-001.jpg

写真左から、ザクロパイナップル、右はインドネシア語でクドォンドンと果物です。クドォンドンはルジャッ(Rujak)の中に入っている果物で、妊婦が好んで食べるそうです。

お庭に植えてある果物は、もちろん食べてもいいそうです。食べ頃はスタッフに確認してください。

こちらは1ベッドルームヴィラです。
Buah-Bali-004.jpg
Buah-Bali-009.jpg
Buah-Bali-005.jpg
Buah-Bali-008.jpg
Buah-Bali-006.jpg
Buah-Bali-007.jpg
敷地の広さは250㎡。
ダイニング、リビング、ベッドルーム、プライベートプール、果実の木の点在しているお庭がゆったりとしたスペースの中に配置されています。

建物は萱葺きの屋根に、大理石の床など天然素材を使ったデザインになっています。
またモダンなヴィラの多いスミニャック地区にしては珍しく、籐で作られた家具などがあり、ウブドのヴィラっぽい感じでした。
実際この辺りはスミニャックと言えども、かなり静かな場所ですし、果物目当てに鳥がぴーちく鳴いてて、のどかぁーな感じでっせ。

1ベッドルームヴィラは、ダブルベッドのお部屋と、ヴィラリゾートには中々ないツインベッドのお部屋もあるので、女の子同士にもうれしいです!!

そんでもってブアバリヴィラスには、日本人スタッフ1名、日本語の話せるスタッフが4名います。フロントのおっさんはぺらぺらでしたぜ。

ここからだと、フーレストランにもリビングルームにもクーデタにも歩いて行けそうですね。
それに、スミニャック地区のレストランからのデリバリーも可能ということです。

お問い合わせ、ご予約はコチラまで!!

ブアバリヴィラス(BUAH BALI VILLAS)
住所 : Jl. Petitenget, Gg Cempaka Kerobokan
電話番号 : 62-361-8549797
場所・アクセス方法 : オベロイ通りからプティトゥンガット通りに向かい、お寺を過ぎ、小高い坂を上り道なりに進み、バリアイランドヴィラの10メートルほど北にあります。
デンパサール国際空港からは車で約20分ほど。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 【“果物がたわわに実った、ブアバリヴィラスのご紹介!!”の続きを読む】

バリ島なのに、カムエラヴィラス!?

Kamuela-002.jpg
今日は再び、スミニャックのヴィラのご紹介をします。

名前は『カムエラヴィラス(KAMUELA VILLAS)』です。

木村カムエラ・・・!?

カムエラとは、ハワイにある都市の名前なんです。

ハワイなどでコンドミニアムやホテルを経営しているアストングループがプロデュースしてるので、ハワイの都市名が付いているんですねぇー。

こちらは2007年8月にソフトオープンしました。

バリデリの隣りにあるルコ脇(ガソリンスタンド側です)にある道を入り、舗装されていないでこぼこ道を、「こんなとこにヴィラがあるんかいな・・・!?」という猜疑心を抱きながら進んで行くと目指すカムエラが見えてきます。

現在は2ベッドルームヴィラが5棟のみですが、隣りの土地に1ベッドルームヴィラを建設中です。

こちらがヴィラの様子です。
Kamuela-006.jpg
Kamuela-011.jpg
Kamuela-010.jpg
Kamuela-007.jpg
Kamuela-004.jpg
Kamuela-005.jpg
Kamuela-003.jpg
Kamuela-008.jpg
Kamuela-009.jpg
敷地全体の広さは250㎡
白をメインにしているので、まぶしくて目が開けられません。
お部屋全体はバリ島のヴィラでは珍しく、シャンデリアがあったりしてヨーロッパの古城風(知らんけど・・・)。
こんだけロマンチック風なのに、天蓋がないのがさびしい気もしますが、よぉぉく考えたら、これだけ甘くて更に天蓋があったら甘すぎて糖尿病になってしまいますわ。

お部屋は全てダブルベッドルームです。
2名様でご宿泊の場合は、1部屋を施錠しますので、こんな広いリビングルームを2人で利用することができますぜっ!!

このお部屋に入った瞬間から、なんて表現したらいいのかわからん変な感覚に襲われまして、私。
さっきシャンデリアがあるってだけで、古城風とテキトーなことを言いましたが、そりゃ間違いですわ。

改めて自分で撮った写真をみると、ベトナムの路地裏にある古いお屋敷とか、そんな感じじゃのーと思いました。(註 : ベトナムに行ったことはありません、生春巻きは好きです)

こちらはウェルカムドリンク。
Kamuela-001.jpg
ハチミツ、ライム、ミント入りのジュースで、多少クセがあるものの健康になりそうな味で美味しくいただきました。

1ベッドルームヴィラの完成はまだまだっぽい感じだったのですが、どんな感じになるのか完成が楽しみです。

1ベッドルームヴィラが完成したら、道路も舗装されるでしょう、きっと。

お問い合わせ、ご予約はコチラから!!

カムエラヴィラス(KAMUELA VILLAS)
住所 : Jl. Bali Deli, Seminyak
電話番号 : 62-361-8475966
場所・アクセス方法 : サンセットロードのアヒムサ、ザ・ヴィラスに入る信号を左折し、アヒムサ斜め前のルコとバリデリの間にある路地を入ります。最初は舗装されていますが100メートルほど進むと舗装されていない、でこぼこ道に出ますが、気にせずまっすぐ進んで行き左側。手前には「Jerami Villas」があります。
デンパサール国際空港からは車で約20分ほど。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 【“バリ島なのに、カムエラヴィラス!?”の続きを読む】

イブ・ウィディヤのナシチャンプル屋さん。

今日はですね、ホテルおよびヴィラの紹介に飽きてしまったので、スミニャックのナシチャンプル屋をご紹介します。

名前は「チャンプル・チャンプル(CAMPUR~CAMPUR)」と言います。

このお店は、スミニャック以外にもデワルチ像でおなじみのシンパンシゥール交差点からサンセットロード方面に進んですぐの場所にあります。こっちのほうが本店で、赤い看板にデカデカと「Makan Yuuuuuk!!(食べてけぇぇぇ!?)」と書いてあります。これは置いてけ堀の、「置いてけぇー」の声より怖いです。

新しいスミニャック店はそこから更にスミニャック方面に進み、3個目の信号の手前10メートルほどの場所にあります。

こちらは自分でおかずを選ぶタイプのナシチャンプル屋さんで、常時30種類くらいのおかずたちがスタンバイしています。
そして更に、ナシクニン(ターメリックで炊いたイエローライス)もしくは白ご飯かを選ぶことができるので、ナシクニン好きの私にはうれしいサービスです。

しかもここのおねえちゃんたちは笑顔で愛想がいい!!
仏頂面で、「Apa Mbak(何喰うんだ、わらー)??」ってな方々とは違いますぜ。

夜はナシチャンプル以外のアヤムゴレンやナシゴレンなどのメニューが充実しています。
やっぱ夜にナシチャンプルを食べるのは怖いですけんね。だってほら、朝とかお昼に作ったもんじゃろ・・・!?

で、欲張っちまった。
Campur2-001.jpg
これで、Rp12,500でした。

1品1,000ルピアから8,000ルピアなので、選ぶものによっては、かなり安くおさえられると思います。

ここはナシチャンプル屋のおかずにしては珍しく、タフの中に野菜の入った「タフイシ」や春巻きなども用意されていて、ちょっと心弾みます。
他には、チャプチャイ、ミーゴレン、ビーフン、テンペを甘く煎ったもの、焼き魚などなど、かなり迷ってしまいます。お味はジャワ風でしょうか、そこまで辛くはないのですが味付けが濃いので、煮魚とそのソースだけで十分だと思います。

うれしいのがサンバル(チリソース)!!

トマトと唐辛子たっぷりのあまり辛くないタイプと、生のサンバルが添えられています。
両方美味しかったのですが、私はトマトのほうがタイプでした。辛くないので、じゃんじゃん食べれます。

またデザート(?)として、ルジャッ(Rujak)があります。

ルジャッとは、若いマンゴ、パパイヤ、キュウリ、ジャンブアイルなどなどの果物を切って、甘いんだかすっぱいんだか辛いんだか、よぉわからんけどなんだかクセになってしまうソースを付けて食べるフルーツサラダ的なものです。
前の会社では、おばちゃまも若い女の子も大好きで、よく食べてる光景を見かけました。ルジャッは女子に人気の食べ物ですのぉー。

食べ過ぎると体臭がきつくなる・・・といううれしくない噂もあります。

ランチ後にプティトゥンガット方面に行こうとした際に見つけた、可哀想な仏像。
Seminyak-Budha-001.jpg
頭にヒトデが乗ってまっせ。

チャンプル・チャンプル(CAMPUR~CAMPUR)
住所 : Jl. Sunset Blok C, Kuta (シンパンシゥール店)
電話番号 : 62-361-766291
営業時間 : 朝8時から22時まで
場所・アクセス方法 : デワルチ像のあるシンパンシゥール交差点をイマンボンジョール通りおよびスミニャック方面に向かい、左側。
スミニャック店はそこから更にスミニャック方面へまっすぐ進み、3個目の信号の10メートルほど手前左側です。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

まだまだあります、スミニャックの新しいヴィラ!!

Kayana-001.jpg
今日もスミニャックのヴィラのご紹介をします。

紹介しても紹介しても、ぼこぼことヴィラが新たにオープンしているので、正直おっつかん状態ですわ、ホンマ。

今日は2007年3月にオープンした『カヤナ(THE KAYANA)』をご紹介します。

場所は、オベロイ通りからプティトゥンガット通りに向かい、お寺を過ぎ、小高い坂を上り、道なりに進み、「カフェタフ」の隣りにあります。元インタンホテルのあった場所です、多分。

こちらのリゾートは、「The Royal Collection」というブランド名が付いています。その「The Royal Collection」ってやつぁーなんだい??と思いの方!!
これは、インドネシア全土にあるホテルチェーン、サンティカグループのブランド名のひとつなんです。サンティカの上のランクにこの「The Royal Collection」のホテルがあるんですねぇー。
アコーグループで言うと、サンティカが「ノボテル」で、カヤナが「ソフィテル」と言った感じでしょうか。

バリ島内には、現在こちらカヤナと200m程手前にある「THE SAMAYA」がこのブランドの称号が付いています。

こちらは、外から見たら狭そうなのですが、実は24棟のヴィラが並木を挟んで、奥に向かってずずーいと建っています。奥に伸びているので、少々距離もあるってことで一応バギーも用意されていますが、傾斜もないのでこの距離は歩けるでしょうに・・・。しかし、バギーの運ちゃん、飛ばしすぎでっせ・・・。狭いんだから危ないですよ、私は危うく轢かれそうになりました・・・。

お部屋のカテゴリーは、デラックスヴィラが12棟、プールヴィラが11棟、2ベッドルームヴィラが1棟あります。
プールヴィラの中には、コネクティング可能なヴィラもあるので、万が一、2ベッドルームヴィラが満室でもなんとかなりそうです。

こちらはデラックスヴィラです。
Kayana-003.jpg
Kayana-005.jpg
Kayana-004.jpg
Kayana-006.jpg
Kayana-002.jpg
Kayana-007.jpg
敷地の広さは200㎡。
ホットウォーターの出るプランジプールがあります。営業の人曰く、「お湯が出て温かくなるまで、若干時間がかかるけん、あったかくならんでぇー、わらぁー!!と、怒らんでつかぁさい」とのことでした。
南国だと言っても夜は冷えるときもありますけん、温かいプランジプールにつかり、日本酒を飲みながら星を眺めるってのもいいじゃないですかぁー!!

ここはバトラーがお茶入れたり、あれこれするスペースが敷地の脇にちょこんと備えられているので、バトラーがあたふたと準備している様子はお客さんの目に入らんようになってるんです。
だからって、突然出てきて驚かすのではなく事前に電話をしてお知らせするので、ご安心ください。

またミニバー内のお飲み物はハッテンワイン以外は無料となっています(最初に入っていたもののみ)。

そしてこちらは技に定評のある(らしい)、アーユルスパ(AYUR SPA)です。
Kayana-011.jpg
Kayana-008.jpg
アーユルスパとはサンスクリット語で、「Life」を意味するそうです。
トリートメントルームには、スチームルーム、オープンエアーのシャワー(2つ)、プライベートガゼボ、ジャグジーがあります。

自慢のメニューは1人のゲストに対し、2人のセラピストの付く、「KAYANA INDULGENCE」(180分、US$135)です。
まず最初にフラワーフットバス。そしてシトラススクラブによるボディウォッシュ、その後ジャグジーに入っていただき、ハーブティーとクッキーをお楽しみください。
そして、カヤナマッサージ、フェイシャルと二人のセラピストが、1人のお客様に至れり尽くせりのサービスをする、まさに溺愛(?)トリートメントでござぁす。

こちらは、「Dauh レストラン&ラウンジ」です。
Kayana-010.jpg
「Dauh」とはバリ語で「西」を表すんです。
なぜに西なのか?西にあるから「Dauh」なのか??しかしここは西なのか??バリ島の中から言えば西じゃけど・・・と考え出すときりがなくなります。
ここでは、ヘルシーな朝食、ランチ、ロマンティックディナーなどを味わうことができます。
また、サンドウィッチなどの軽食はヴィラ内でいただくことも可能です。

またヴィラリゾートにしては珍しく、会議室がありました。
Kayana-009.jpg
こんな素敵なヴィラでSBY(スーシーロバンバンユドヨノ)氏に会えるとは思わなかったので、ものすごく変な感じでした。(写真奥の写真の左側のおっさんがインドネシアの現大統領でござぁす)

感想・・・。

こちらのリゾート、美女スタッフが多かったです!!

案内してくれた営業の子も可愛く上品な女性でした。
何より一緒に行ったテロリストヒゲベル氏が、カヤナではよくしゃべり、営業の女の子を喜ばすため面白くないギャグをぶちかましてました。なんてわかりやすい・・・。

ご予約、お問い合わせはコチラから!!

ザ・カヤナ(THE KAYANA)
住所 : Jl. Raya Petitenget, Kerobokan Kelod, Kuta Utara
電話番号 : 62-361-8476628
場所・アクセス方法 : オベロイ通りからプティトゥンガット通りに向かい、お寺を過ぎ、小高い坂を上り道なりに進み、「カフェタフ」の隣りにあります。
デンパサール国際空港からは車で約20分ほど。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 【“まだまだあります、スミニャックの新しいヴィラ!!”の続きを読む】

ビーチまでは徒歩7分、アストンプラダヴィラスのご紹介!!

Pradha-009.jpg
先日に引き続き、今日もスミニャックのリゾートのご紹介。

プティトゥンガットビーチに程近い場所にあるヴィラのご紹介です。

名前は、『アストン・プラダヴィラス(ASTON PRADHA VILLAS)』

ザ・ドゥスンへと続く道へ入り、ドゥスン手前を右に曲がると目指す、アストン・プラダが見えてきます。

こちらは、2ベッドルームヴィラが全9棟のこじんまりとしたリゾートです。

こちらがヴィラの様子です。
Pradha-002.jpg
Pradha-003.jpg
Pradha-008.jpg
Pradha-007.jpg
全体の広さは270㎡と十分な大きさ。
2ベッドのうち、1部屋はクィーンサイズのダブルベッドルーム、もう1部屋はツインベッドルームになっていて、2名でご利用の場合は1部屋を施錠します。
ダブルベッドのお部屋は紫を基調とし、ツインベッドのお部屋は緑を基調とし、またリビングルームは赤や黄色を使用しており、色鮮やかなヴィラです。

ヴィラ内には、リビング、ダイニング、本格的な料理も作れそうなキッチン、プライベートプール(8×5m)、そしてプールのそばにはジャグジーがあります。
Pradha-006.jpg
こちらのジャグジーはお湯は出ないのがちょっと残念。お湯が出るんだったら露天風呂気分でのんびりできそうですねぇー。

チェックイン時には、ウェルカムドリンクのパイナップルジュースと、カップルの場合はハート型のデザートがご用意されています。
Pradha-005.jpg
Pradha-004.jpg
パイナップルジュースをいただいたのですが、底にシロップが入っています。ココナッツが入っているんでしょうか、ココナッツの甘さを感じました。
でも、営業のおっちゃんに聞いたら、「ココナッツ入ってない」と頑なに言ってました。

スパはありませんが、各ヴィラ内でトリートメントを受けることが可能です。

またレストランもないのですが、シェフがヴィラにて自慢の腕を奮って料理を作ってくれる・・・というサービスもあります。
しかし、ちょいと歩けばリビングルームやクーデターレストランもありますし、更に歩けば、食の宝庫オベロイ通りに到着しますけん、「食」には困らないんじゃあ・・・!?と思います。

帰りに子犬を見かけました。
Pradha-001.jpg
ちょっと行くと、犬だけでなく牛にも会えるはずです。

ご予約、お問い合わせはコチラから!!

アストン・プラダヴィラス(ASTON PRADHA VILLAS)
住所 : Jl. Kayu Jati I No, 5 Seminyak
電話番号 : 62-361-735446
場所・アクセス方法 : オベロイ通りからプティトゥンガット方面へ向かい、サマヤ(SAMAYA)を過ぎ、右折。80mほど行き左折(看板有り)。ドゥスンホテルの警備員のいる場所より10mほど手前を右折し、まっすぐ行くとロビーがあります。
デンパサール国際空港からは車で約20分ほど。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 【“ビーチまでは徒歩7分、アストンプラダヴィラスのご紹介!!”の続きを読む】

スミニャックの最新リゾート!! アナンタラ・バリ!!

Anantara-001.jpg
今日はですね、スミニャックの最新リゾートをご紹介します。

かなり最新ですよ、だって2008年2月にソフトオープンしたばかりですけん。

グランドオープンは、2008年6月の予定。
まだちょっと工事してましたけど。6月には間に合うでしょう、きっと。

名前は、『アナンタラリゾート・スミニャック(ANANTARA)』

スミニャックの夜遊びスポット、アビマンユ通りを真っ直ぐ海に向かい、ソフィテルスミニャックの前にあります。

はて、そんな場所にホテル建てれるスペースがあったっけ!?

と誰もが考えるはずです。私も一緒に行ったテロヒゲ・ベル氏も考えました。しかしですね、ホンマのホンマにソフィテルスミニャックの前にあるんです!!

だから、ホンマのホンマにオーシャンフロントリゾートなのです。

これはスミニャック1ですわ。

正直、ソフィテルさんが可哀想です。

アナンタラリゾートは、ホアヒン、サムイ島、モルディブ、ドバイといった世界有数のリゾート地にもありますよね。

今回、インドネシアには初登場でござぁす。

しかも初登場トップ10入り!!くらいの勢いです。

お部屋は全部で59部屋。

そのうち44部屋が目の前、超最高、海!!のアナンタラ・オーシャンスイート、そして残りの15部屋が残念ながら海は見えないのですが、アナンタラリゾートのプールおよび、ソフィテルさんのプールビューかも!?な、アナンタラ・スイートルームです。

部屋数の大半がオーシャンビューのリゾートなんて、ニッコーとグランドバリビーチとフォーシーズン以外にバリ島にありました!?ないですわよね??

こちらがアナンタラ・オーシャンスイートのお部屋でござぁす。
Anantara-007.jpg
Anantara-008.jpg
Anantara-004.jpg
広さは80㎡とかなり広め。
全部屋ダブルベッドルームなので、カップル向きのリゾートです。
お部屋にはDVDプレーヤー、IPod、インターネットWiHiアクセス、フラットテレビ、エスプレッソマシン、安全金庫などが完備されています。
黒と茶色で統一された室内は、しっとりと落ち着いた大人の雰囲気。「ホントにここはバリ島かいのー!?」と思ってしまうはずです。

室内のバスルームには、ドイツ製の特注レインシャワー(写真左)があります。
Anantara-009.jpg
Anantara-010.jpg
室内のバスルーム!?

ってこたぁ・・・??

そうです、テラスにもジャグジー兼バスタブがあるんです。
Anantara-005.jpg

こんな感じで、外からチラ見できます。
Anantara-012.jpg
スタッフや他の宿泊客はどうすればいいのでしょうか??見て見ぬフリ!?もうちょっとテラスに置いてある観葉植物が成長するのを待つしか術はないのでしょうか・・・!?

5階の部屋のバスタブからの眺めはこんな感じ・・・。
Anantara-006.jpg
こんな素敵な眺めが目の前にあったら、せっかくなんでシャンパン片手にサンセットを見ながら、バスタブでくつろぐ・・・なんてことをしたいもんです。

しかしそれをやるには、その前にクリアせんといけん問題が山積みです。

そしてこちらは宿泊客以外でもご利用可能な、自慢のルーフトップラウンジ!!
Anantara-002.jpg
Anantara-003.jpg
その名も「Sunset on Six (S.O.S)」とおしゃれー!?いかにもジャカルタ人が付けそうなお名前です。
6階にあるけん、「on Six」なんですねぇー。
DJブースもあったりして、かなり楽しそうな空間です。こんなとこで1杯呑むのが似合う女子になりたいもんです。

1階のレストランは朝食レストラン、そしてランチ、ディナー時にはタイ料理、アジアン料理のレストランになります。

レストランで珍しいものを発見!!
Anantara-011.jpg
なめてみたら甘かったです。

とにかく、たまげたアナンタラリゾート!!

料金は・・・、1泊500ドル近いですぜ、あーた!!
でもでも、一生に1回であろう新婚旅行は、スミニャックの箱っぽい景色無しヴィラに宿泊するんなら、ちょっと奮発して、ここに泊まりたいのぉーと思った私です。(新婚旅行は、熱海希望なのですが・・・)

やっぱ、海には勝てんですよ・・・。

新しいホテルに泊まってみたい方はコチラから!!

アナンタラ・スミニャックバリ(ANANTARA SEMINYAK BALI)
住所 : Jl. Abimanyu (Dhyana Pura),Seminyak
電話番号 : 62-361-737773
場所・アクセス方法 : スミニャックのアビマンユ通りをビーチに向かってまっすぐ進み、ソフィテルスミニャックを過ぎた右側。ガドガドレストランの向かいにあります。
デンパサール国際空港からは車で約20分。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 【“スミニャックの最新リゾート!! アナンタラ・バリ!!”の続きを読む】

インドネシア人に人気のアヤムバカールレストランのご紹介!!

昨日の夜、カルフールというスーパーマーケットに行ってきました。

いつものことなんですが、長蛇の列のレジ。

隣りのレジでは中国人のおばちゃん団体がぴーちくぱーちくわめいています。
もしも私が中国人と仕事をしたことがないウブな乙女だったら、「あらま、喧嘩してるんじゃろうか・・・!?」と心配したかもしれませんが、こんな状況が前の会社では日常茶飯事だったので、「あぁー、普通にお話してるんじゃのー」と無視。

このおばちゃん、みんな揃って3 in 1インスタントコーヒーを大量購入しています。

3 in 1インスタントコーヒーとは、ご丁寧にも砂糖、粉ミルクが入ったコーヒーのことです。

お徳用袋(多分50杯分のスティックが入ってる)をひとり30袋くらい購入していました。

そりゃあ混むはずじゃー。

こんなに買って何するんでしょ??売るんですかね??

この人らは台湾からの人じゃなく、中国本土からの人っぽかったのですが、前の会社の台湾人スタッフも台湾に帰る際に、インスタントコーヒーとインスタントミルクティーを大量購入してましたわ・・・。

流行ってるんですかね??

しかもですね、ひとりのおばちゃんはレジを待ってる間に、購入予定のジーンズをその場で試着し始め、その他大勢のおばちゃんに見せ、プチファッションショーの開始。

これにはさすがの私もたまげました。

北京オリンピックはちゃんと成功するのか、心配になったほどです。

そうしたら私の後ろに並んでる、明らかにおかまさんが「やーね」と私に目配せしてきました。実は団体おばさん中国人よりも、この後ろに並んでたおかまさんに興味があった私は、これはチャンスとばかりに話しかけました。(ナンパ!?)

叶姉妹級のうそ臭い乳だったので、「本物!?」とか聞いたりしちゃって・・・。

案の定、偽乳でした。

ジャカルタで手術し、35,000,000ルピア(約39万円)だったそうです。

「タイランドでやればいいじゃーん!!」と本当に余計なお世話な一言を言うと、そのおかまさん、「タイランドは15,000,000ルピアだけど、品質が悪いわーん。ジャカルタはそーいう手術してくれる先生が少ないから高いんだけど、すんごい良いわよーん」と。

触らせてもらったのですが、弾力があり素晴らしい出来ばえ(?)でした。

そのおかまさん、鼻筋の通ったキレイなお鼻だったので、「それはいくら??」と聞くと、「ばかぁー、これはオリジナルよぉー、うちのお母さんはインド系だからぁー、素敵な鼻なのよん。それより、あんたその鼻、手術しなさいよ!!ジャカルタで、11,000,000ルピアよ」とアドバイス(?)されました。

退屈なレジ待ちも彼女のおかげで楽しく過ごせましたわ。

さて、前置きが長くなりましたが、今日はですね、インドネシア人観光客や日本人観光客にも人気のアヤムバカールのレストランのご紹介をします。

名前はプレンクン(PLENGKUNG)と言います。

プレンクンとはバリ語だそうですが、会社のバリ人スタッフに意味を聞いても、「知らん・・・」ということでした。

こちらで有名なのはサンバル(チリソース)。
ここのサンバルを1度食べると病みつきになり、夢にも出てくる・・・と、大げさな友人は言ってましたが、私はトマトとライムたくさんのサンバルが好きなので、そこまでタイプではありませんでした・・・。

注文したのは、アヤムバカールイカンゴレン(魚の姿揚げ)テンペゴレンです。
Plengkung-004.jpg
Plengkung-002.jpg
有名なアヤムバカール。
秘伝(勝手に秘伝にした)の香辛料をつけて焼くので、他のお店でよく見かけるような甘いタレをつけながら焼くタイプではござぁせんでした。
ちょいとジューシー感に欠けるかなぁーというのが本音でござぁす。

私が、はまったのはイカンゴレン、すごいデカいです。美味しかった♪

ちなみに口の中はこんな感じ・・・。
Plengkung-003.jpg
外はカリカリでジューシーな皮、中はホクホクの白身、ほんのり塩味でサンバルはを付けなくてもがんがんいけます。ちょいとレモンをたらして食べても美味しそうです!!

皆さん、骨やヒレまでバリバリ食べて、結局こんな姿に変貌を遂げました。
Plengkung-001.jpg
魚もここまで食べてもらって、喜んでることでしょう・・・。

☆料金のお知らせ★
・アヤムバカール : Rp12,500
・イカンゴレン : Rp22,500
・テンペゴレン : Rp6,000
・タフゴレン : Rp6,000
・ビールビンタン(小) : Rp13,000
・ビールビンタン(大) : Rp20,000

ランチ時、ディナー時に関わらず賑わってる人気のレストランです。しかも夜はライブもやってるらしいです。

アヤム片手にしっぽりと夜を過ごしたい方にオススメです。

プレンクン・バリ(PLENGKUNG BALI)
住所 : Jl. Raya Kuta No,90 Tuban Kuta
電話番号 : 62-361-757383
営業時間 : 9時から朝4時まで
場所・アクセス方法 : 空港方面からお越しの場合は、プラザバリを過ぎ400メートルほど行った右側。木々に覆われ、看板が見えにくいです。
レギャン方面のホテル(バリパドマ)からは車で約15分ほど。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

5年に1回飲めば十分かも・・・!?ソーダグンビラ・・・。

あなたはソーダ・グンビラをご存知ですかぇ??

噂では聞いたことあるし、隣りで飲んでる人に出くわしたことのある、ソーダグンビラ

でも私、飲んだことなかったんですねぇー。

なぜって・・・!?

見た目、明らかにやばいです。

でも、なんでも経験ってことで飲んでみました、ソーダグンビラ

その前にソーダグンビラってなんなのさっ!?

ソーダグンビラとは、直訳すると「うれしい炭酸水」

何がうれしいのか??

私のような肥満体にはうれしくない炭酸水だとずっと思っていました。
炭酸水だけでも、「うれしくない」シロモノなのに、そこに更に「うれしい」が付くんですぜ、あーた!!
そーいうイメージがあったので、自分の中で禁じ手にしておりました。

じゃけぇー、なんなんじゃ・・・!?

ソーダグンビラとはですね、下の写真のように練乳イチゴシロップが入った中ジョッキの中にソーダを入れまぜこぜして飲む飲み物なんです。
Soda-Gembira-003.jpg
ほらね、絶対うれしい結果をもたらさん・・・。

現に同僚のベル氏はこのソーダグンビラとアヤムゴレンというパターンの夕食を毎日のように食べ続けたとこ、今のような見事な上島竜兵腹に進化(退化!?)したそうです。

恐ろしやー、ソーダグンビラ・・・。

まぜこぜした結果、こんな飲み物になります。
Soda-Gembira-002
恐る恐る、一口飲んでみる・・・。

おや、これは食べた(飲んだ??)ことのある味だぜい。しかし甘いのぉー。

んでよぉぉぉく考えたとこ、わかりました!!

夏になると販売されるカップのカキ氷、練乳いちごの味です。そこにほのかにしゅわしゅわ感があります。でも日本のソレは日本の食の世界の中では甘いほうですが、インドネシアのこちらの飲み物はソレを更に上回るもんのすごい甘い飲み物です。

しかも時々、溶け切ってない練乳の野郎がむにゅっとノドをすべり落ちます。

こののどごし、他じゃあ体験できんでっせ・・・。

そんでソーダグンビラを飲んで、うれしくなっちゃったテロリストひげ親父・・・。
Soda-Gembira-001
毎日飲めないですよ、すごいなテロリストひげ親父・・・。

私は5年に1回、いや8年に1回ぐらい飲めばいいや・・・。

☆気になる料金のご紹介★
ソーダグンビラ : Rp5,000から、高いとこでRp15,000!!

飲み物界のパリスヒルトンやぁー!!(セレブって言いたかったんです・・・)

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

インドネシア、バリ島の2008年4月の祝日&お祭り情報

April-Image-001.jpg
4月です。

さっき某高級ヴィラの営業部長が会社に営業に来てたのですが、なんとまぁ品のない・・・。品のなさでは有名な私のほうがあの某高級ヴィラの営業向きかもしれん・・・と思ったほどです。

そいつ(既にそいつ呼ばわり)が私に、言った言葉。

うちの日本人スタッフが言ってたけど、日本人女性はインドネシア人男性が好きなんでしょ??(←こーいう質問はよく聞かれる、くだらなすぎて答える気もせん)

心の声・・・
⇒それはあんたんとこの日本人スタッフの考えじゃん。国籍で人を好きになるんじゃなくて、対人間として好きになるんじゃないんか、わらっ!!あんたんとこの日本人スタッフ、脳みそ腐ってんじゃねーの。
いいえ、日本人女性はナウル共和国の人が好きですの、とか言ってやろうか、わらっ!!

しかもそいつは年上の女性が好きらしく、一緒に来てた営業の女が、

バパッ(おっさんに付ける敬称)は年上が好きだから、あなたはダメかもねー。35歳でぇーすとか嘘ついてみたらいけるかもよ。

心の声・・・
⇒ダメでいい。

なんなんだろーこの強気。身長が池乃めだかさんぐらいのMr.オクレのくせに・・・。
素敵なのは、あんたんとこのヴィラであって、あんたじゃないじゃん・・・。(←ここ勘違いしてるホテルマン&ウーマン多いですよねぇー)
真面目にヴィラの営業しやがれっ!!もしここがアメリカだったら、セクハラっちゅうことでこのこまねずみみたいなおっさん訴えてやるっ!!

終始こんな感じで自分の家族の話や自分の好みのタイプを話すおっさん。ヴィラの話は全体の5%じゃ。何しに来たんだろ。
しかもお土産に、朝食の残りみたいなパンとケーキ持ってきて・・・、美味しかったけど。

あそこは『自称・高級ヴィラ』じゃと思った次第でござぁす。

さて、4月早々怒ってますが、今日は4月のインドネシアの祝日&お祭り情報をお届けします。

☆4月のインドネシアの祝日☆

⇒ありません。3月、あんなに休んだからですよ。

☆4月のバリ島のお祭り集中日☆

6日(日) : 新月
⇒新月の日には、バリヒンドゥー教徒はお寺に行きお供え物を捧げます。
特ににぎわっているお寺は、デンパサールのジャガッナタ寺院とマタハリモール・ギャレリアの近くにあるグリヤ・タナ・キラップ寺院です。

12日(土) : トゥンプッ・カンダン(Hari Tumpek Kandang)
⇒この日は家畜の日です。飼っている動物、いつも農作業のお世話になってる牛や、大事な食料になってくれる豚や鶏、目や耳で楽しませてくれる小鳥にお供え物を捧げます。
最近はバリ島でもペットブームなのですが、犬や猫は対象外のようです。

20日(日) : 満月
⇒この日も新月の日同様にたくさんの神事がバリ島各地で行なわれます。

先月の4連休中、会社の前のアヤムバカールレストラン・ウォンソロはお昼時に何台もの大型バスがやってきてすんごい賑わいでした。
どこからか聞きつけたのか、簡易お土産物屋さんも登場するし。
次回のインドネシアの連休は8月の独立記念日。その前にスクールホリデーもござぁす。

いいですのぉー、ウォンソロ・・・。

※写真は、ブノア岬の『バリカーマ』の白いハイビスカスです。珍しくないですかい??

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。