バリ島 すめれけて日記

バリ島在住の広島女が、インドネシアやバリ島のあれこれをお知らせします。 アナタの知らないインドネシアを覗いてみてください!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地方の空港からバリ島へ・・・。

Hiroshima-001.jpg
今日から3泊4日で両親がはるばる広島からバリ島へやって来ます。

地方に住む人々は、バリ島に来るのも大変でござぁすよ。

例えば、私の父と母。

今日は11時45分に広島空港発のコンチネンタル航空に乗り、グァムを経由してバリ島にやって来ます。

これが広島県民がバリ島に来る1番簡単な方法なんです。

あー、まぁそんなに大変じゃあないかぁ・・・。

または朝10時に広島空港発の中華航空に乗り、台湾、香港を経由してジャカルタに行き、翌日ジャカルタからバリ島に行く・・・という私のようなヒマ人にぴったりの方法もあります。現に2回程経験しました。

後は、関西国際空港まで行き、そこからガルーダインドネシア航空、日本航空のデンパサール直行便を利用してバリ島に行く方法、もしくは福岡国際空港に行き、シンガポール航空を利用しシンガポール経由でバリ島に行く方法です。

関空、福岡ともに新幹線もしくは高速バス代がかかりますけんねぇー。

あとですね、広島空港。

ありゃあ場所がいけんです。前に内Pでさまぁーずの大竹氏が「すんげぇとこにあるのよ!!」と言っていました。

本郷というもう名前からして田舎でしょ・・・!?と突っ込みたくなるような山の中なんです。

パイロットが選ぶ、離発着が怖い空港ベスト3に入るとか入らんとか・・・。

しかもすぐ霧がかかるので欠航が多い、多い。

1番印象深い欠航は、私の高校の修学旅行での出来事。

行き先は沖縄でした。
朝から雨でして、広島空港に行くと霧までかかってまして、10時頃出発予定だったのですが、お昼前に欠航が決定しました。それでも15時くらいまで、なぜか広島空港で待機。

その後、バスで広島駅に戻り、そこからなぜか新幹線のぞみで新大阪に行きました。しかも修学旅行なのに、一般の乗客と同じ車両でした。一般の人も驚いたと思いますで。

でもへとへとだった私たちは誰も騒がず叫ばず。

大阪に着いて、先生の配慮で海遊館に行きました。

そして大阪箕面市のホテルに泊まり、翌朝伊丹空港から沖縄に行きました。

沖縄には1泊だけ・・・。

その大阪の朝、先生の配慮でゆっくり寝てていいってことになったんですよ。

ですが、サッカー部の人たちはなんと朝早くに起きてホテル周辺を走ったり声出ししたりなんじゃーしてました。朝練ってヤツですわね。

うわっ、こわ・・・。

と思った高校生の私。

今思うとですね、このときの旅行会社の人はすんごい大変だったと思います。

学年を半分に分けて修学旅行に行ったとは言え、200人分の新幹線、バス、ホテル、次の日のチケットへの変更、そんなんを全部やって。

もし、私のお客さんがこういうことに巻き込まれたら・・・。

ちゃんと対応できるかしら・・・。

※写真は広島市を流れる太田川放水路です。

バリ島と関係ない話でごめんなさい。
↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
スポンサーサイト

中華料理屋激戦区に名乗りを挙げた、ちっちゃいワルン!!

以前、ご紹介した「会社の近くのタイ料理屋さん」がいつの間にかつぶれていまして、その後に真っ赤な看板の中華料理屋さんができていました。
「タイ料理のオーナーはジャカルタに帰った・・・」、とタイ料理屋だった頃から継続して働いてるインパラ似のねぇーちゃんが教えてくれました。

今日はその中華料理屋さんをご紹介します。

名前は、『ワルンジョセス(WARUNG JOSES)』

結構、美味しいのにいつもお客さんは私1人だったんです。「なんでじゃー、絶対隣りのプレンクンより美味しいじゃんけぇー」と思ってたんです。まぁ、プレンクンは「アヤムバカール」とかそーいうのを出すお店なんで、ここと競ってはいけんですね。

でもこの日は珍しく繁盛していました。

厨房も大忙しです。
Warung-Joses-003.jpg
こんなに忙しそうなここの従業員を初めて見ました。「頑張って!!」と応援したくなるような厨房の様子でした。

スペシャルメニューとして、「台湾風のお粥」「豆乳(Susu Kedelai)」があります。

「豆乳」と言えばですね、毎日夕方になるとすごい切羽詰った表情で「豆乳」を売りに会社に来る中華系のおっちゃんがおるんです。

最初の頃は、話す言葉も不鮮明で危ない人かと思ったのですが、よぉぉぉく聞くと「Susu Susu、Susu Susu Susu・・・」と言ってることが判明しました。

日本におったら豆乳はほぼ毎日飲んでたのに、あの怪しいおっちゃんの豆乳はどぉぉぉぉも飲む気がしないです・・・。

まぁ、そんなわけで今日のメニューは、ウダンマヨネーズ(海老マヨネーズ)ミーゴレンアヤム(鶏肉の入った焼きそば)です。
Warung-Joses-001.jpg
Warung-Joses-002.jpg
ウダンマヨネーズ(写真左)ってこんなんかいね・・・!?
その昔、クタギャレリアの中華料理レストラン「敦煌」で食べたときは、もっと白くってコロモとかもなかったような(うら覚え)・・・。これじゃあ、海老の揚げものにマヨネーズかけただけじゃんか…。
コロモがですね、なんだかホットドックのコロモのような味で、「なんか懐かしいなぁー」と変な哀愁を感じました。ウダンマヨネーズじゃないぜ、と言われると美味しいです。

ミーゴレンはですね、美味しかったです!!
麺茹ですぎじゃないのぉー、と思わなくもないですけんど、甘いソースで作ったミーゴレンが多いワルン業界で、この本格的な中華料理的ミーゴレンは珍しい存在です。

この辺は中華料理激戦区(FURAMAとか、老太とかタンジュンピナンとかありますけんね)ですが、ここもなんとか頑張って生き残ってほしいもんです。

そんでもって、こういうこじんまりとした中華料理のワルンには、会計のみに専念してるにぃちゃんがいるもんです。
Warung-Joses-004.jpg
奥の方にぽつんと座ってる、なべやかんが大きくなったようなにぃちゃんです。
会計だけに専念してるわりには、値段を把握しとらん・・・という悲しい共通点が彼らにはあります。

どんなにお店が混んできても、彼らは絶対に手伝わないです。逆に、忙しそうにしてるウェイトレスに、「このクルプッいくらだっけ!?」とか聞いて邪魔したりすることもあるのです。

厨房のスタッフの汗と彼の涼しげな顔の対称的なことったら、まぁ!!

☆その他のメニューのご紹介☆
・ウダン(海老)マヨネーズ : Rp25,000
・ナシゴレンアヤム(鶏肉) : Rp10,000
・ナシゴレンシーフード : Rp12,000
・ナシゴレンハイナン : Rp12,000
・ナシチャプチャイ : Rp18,000
・ミーゴレンアヤム : Rp12,000
・ミーゴレンシーフード : Rp15,000
※なんとこちら、ナシチャンプルもありますぜっ!!

ワルンジョセス(WARUNG JOSES)
住所 : Jl. Raya Kuta No,88 Tuban
電話番号 : 62-361-757585
営業時間 : 10時から22時まで
場所・アクセス方法 : プラザバリから、北へ500メートルほど行った右側。レギャン地区のホテル(バリパドマ)からは車で約10分ほど。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

シンガポールがより身近にっ!!

昨日の夜19時13分、地震がありました。

震源地は、ヌサトゥンガラバラット(NTB)のタリワンという所です。

アヤムタリワンのタリワンでしょうか!?

地震の強さを表すマグニチュードは、5.4でした。震源の深さは21kmで、この地震による津波の心配はありません。

NTBはバリ島からも近いので、もちろんバリ島も揺れました。ちっちゃい地震だったのですが、家が壊れるんじゃなかろうか・・・など色々考えましてね。だって我が家は、猫が屋根で暴れただけで、ものすごい音がしますもんで・・・。

でも今朝、会社で聞いてみても私以外の誰も地震があったことを知らなかったようです。

さて今日はうれしいニュースを2発!!

インドネシアの航空会社ライオンエアーが2008年6月6日(金)より、バリ島⇔シンガポール便を就航することになりました。
JT-002.jpg
毎日1便の運航で、機体は新しく購入したというボーイング737-900ER型機を使用していますので期待できそうです。

私が強制的にライオンエアーに乗っていた、2~3年前まではCAはビッチっぽいし、座席はガタガタ揺れるし、なんか臭いしと怪しいムードむんむんだったライオンエアー。

新しい機体なんて買ったんだぁー(遠い目・・・)。

これで恐怖も薄らぐと思います!!

でも天下のシンガポール航空様のパクリのような制服でチャンギ国際空港を歩くのは、ちと可哀想な気がします。

私、いまライオンエアーのウェブサイトを見たら、シンガポール⇒デンパサールがS$9(約700円)と書いてありましたよ、あーた!!

ライオンエアーは、現在ジャカルタ発シンガポール経由ホーチミン行きなんて便を運航しています。

しかも毎回50席は、シンガポール⇔ホーチミン間の運賃が無料なんて企画もあるそうです。(多分、燃油チャージとタックスだけ払うんですのぉ)

とすると、バリ島からシンガポールを経由して安くホーチミンに行くこともできるようになりますね。

ますます近づくアセアン各国。

インドネシア人も気軽に海外旅行できる時代になってほしいです。そのためには是非、フィシカル廃止をお願いします。

それからもうひとつ、シンガポールネタを!!

なんと天下のシンガポール航空様も、シンガポール⇔デンパサールを現在の毎日往復6便から、毎日8便に増便するそうです!!

まだスケジュールは判明していないのですが、これはかなりうれしい!!

日本からシンガポールの便は確保できたのに、シンガポール⇒デンパサールが確保できん!!という悩みを抱えてた方、多かったと思います。

それも少しは解消されるといいですね。

下の写真は麗しのシンガポール航空のCAさん。
SQ-002.jpg
あまりの美しさのため、何度お尻を触りそうになったことか・・・。

これに便乗して、広島⇔シンガポールの復航もお願いします!!

ライオンエアーのスケジュール
1. JT0108 DPS SIN 23:55 02:55
2. JT0101 SIN DPS 06:20 08:50

シンガポールエアラインのスケジュール
1. SQ941 DPS SIN 09:15 11:45
1. SQ943 DPS SIN 13:05 15:35
1. SQ947 DPS SIN 20:05 22:35

2. SQ942 SIN DPS 09:35 12:05
2. SQ946 SIN DPS 16:40 19:10
2. SQ948 SIN DPS 19:00 21:30

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

最新設備のヴィラです、C151!!

C151-009.jpg
ガソリン値上げ後、初めてガソリンを入れたら、空のタンクがRp20,000(約230円)ほどで満タンになりました。

今は、好きなだけ購入することが可能なのですが、そのうちバイクは1人1日Rp15,000までしかガソリンを購入できない・・・というような規制ができるらしいです。

日本じゃ滅多に満タンにしない(できん??)くせに、バリ島におったら常に入れるときは満タンで・・・をモットー(?)としとる私にはツライ制度です。

うちの会社の運転手のサダさんは、ガソリン代値上げに伴い、インスタントの麺が前までは1つRp1,100(13円)だったのに、昨日は1つRp1,300(16円)にまで値上がりしてしまった!!と激怒しておりました。

私が、「ちっちぇーヤツ」というようなことを遠回しに言うと、「じゃあ、トラック1台分くらい麺を買う人にとってはどーなんだ!?」と激怒。そりゃあまぁ、そーかもしれんけど、私は3つだけインスタントの麺を買ったサダさんと話しているのであって・・・。

最近、インドネシア人怒りっぽいです。。。

さて今日はですね、すごいヴィラをご紹介しますよ。

こちらはずいぶん長いこと建設工事をしていました。前はよくその辺を通っていたのですが、その工事の様子を見て、持ってたイメージと、最初に値段を見たとき、そこに表記されてる料金とのギャップに驚き、腰が抜け、失禁しそうになったほどです。

「まぁ、土産話に・・・」ってな感じで行ったんです、期待もせず。

そうしたら、まぁ、たまげた!!

実は、このヴィラの記事を更新するの、やめようと思ってたんです。「百聞は一見に如かずじゃ、見てくれっ!!」ってなことで。

まぁいいです。伝わるといいなぁ、すごさが。

名前は、『C151 スマートヴィラス(C151 SMART VILLAS)』です。

空港の到着口にもショールームがありますわな。私、ここは販売用のみかと思っていましたわ。泊まれるんですねぇ。

実はここでは私の友達の友達である、韓国人のうーさんがゲストリレーションとして働いています。うーさんは少し日本語が話せます。
聞いたとこ、日本人のゲストリレーションを現在募集中だそうです。もう既に外国人(ここでは、うーさん)がいるってのは良いですよねぇー。インドネシア人の中にポツンと置かれた2人の絆が深まります。まぁ、お互いの性格にもよりますでしょうが。
私も前の会社で、韓国人のスタッフとスウェーデン人のスタッフとは、結構仲良しでした。(台湾人のおばちゃんとは最悪じゃったけど・・・

こちらは1ベッドルームヴィラです。
C151-002.jpg
C151-001.jpg
C151-007.jpg
C151-008.jpg
C151-004.jpg
C151-003.jpg
C151-006.jpg
C151-005.jpg
今日は特別にデカイ写真バージョンです。若干暑苦しいかもしれません、お許しください。(特に上から3番目の右側とか・・・)
このヴィラは、1ベッドルームヴィラなのに、ベッドルームが2部屋あるんです。

見てくださいよ、この広いリビングスペースを!!食器や調度品も中々洗練されていて、素敵です。

ここはですね、何かと自動的なんです。
カーテンの開け閉めもリモコンで、そしてトイレの蓋の開け閉めも自動ってな感じで。
一緒に行ったベル氏は、トイレの蓋に感動しまくりで、実はそーいうのがあるのを既に知ってた&体験済みの私も、「おぉー、すげぇー、ここでう○こしてぇー!!」と一緒になって盛り上げました。
あと、ジェット風呂、お風呂に入ったまま見れるテレビ、う○こしてるときも目の前にテレビ・・・と「テレビっ子かぁ!?」と突っ込みたくなるほどのテレビの数!!こんなに必要なんだろうか!?

そして感動のマッサージルーム!!

見てください、このマッサージベッド。
中国製なのですが、1台60,000,000ルピア(約706,000円)ですよ、あーた!!
乗っかってみたら、下からむにゅむにゅと揉まれました。実は下にはマデさんという按摩さんが潜んでて、マッサージをしてくれる・・・ってなわけないですけど。

そんでもってプライベートプール!!
水中にいると、音楽が聞こえてくるそうですよ。ヌサドゥアビーチホテルのスパにあるプールも音が聞こえるプールですね。シンクロの練習に良さそうです。

あとですね、忘れちゃいけないのが、ここは「水道をひねって出たお水がそのまま飲める」というバリ島では驚異(?)のヴィラなんどす!!
もちろんインドネシアの保健所的なところからのお墨付きです。プールの水もそれを使っているので、極端な話、プールの水も飲めるってわけですのぉー。
あっ、でもプールにはもちろん雨水とかが入るわけですので、飲まないでくださいよ。(って誰も飲まんわっ!!)

とまぁ、ここは「あーなるほど、こりゃあー高いはずだわー!!」というヴィラですわ。

住む人にはいいかもしれないですね。

日本には、こーいう快適マンションとかたくさんあって、珍しくもなんともないかもしれないのですが、ちょっと私、テンション上がりました。

ベルさんは、「ここに泊まるチャンスが、もしあったら寝ないでマッサージして、プールで泳いで、それから全部のトイレでう○こする!!」と語っておりました。

しかし、「C151」って変な名前じゃのぉーと思った人、多いと思います。私も思いました。
ちなみに、「C=クラブ(CLUB)」「151=ここの場所の番地」を表しています。

現在、ウルワツの辺りに5棟のみのヴィラを建設中です。

C151スマートヴィラス(C151 SMART VILLAS)
住所 : Jl. Oberoi 151, Seminyak
電話番号 : 62-361-739151
場所・アクセス方法 : オベロイ通りのレストラン密集地を過ぎ、ほんのり田んぼの残ってる道を道なりに進んだ左側。オベロイホテルの手前です。
デンパサール国際空港からは車で約20分ほど。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 【“最新設備のヴィラです、C151!!”の続きを読む】

インドネシアでもガソリン代値上げです!!

Blog-image-001.jpg
ついにインドネシアでもガソリン代が上がっちゃいました。

ここ数日感、もうすぐガソリン代が上がるとかで、精神的に不安定な状態が続いていたバリ島およびインドネシア。

ジャカルタなどで大学生はデモを繰り返し、ユドヨノ大統領はそんなデモする人たちに、「勝手にデモしんさい」的な発言するしで・・・。

そんなわさわさ感はこちらバリ島、トゥバンのちっちゃい旅行会社にも影響を及ぼしておりやんす。

まず、やたらと政治、汚職、インドネシアの未来の話を同僚たちがするようになった、それから元々なんですが、アリサンという賭け事(?)をますますするようになった。

少しでも得したい願望が皆さんあるのか、新聞を読んでてベルさんがこんな記事を見つけたようでやんす。

『すんげぇ、お得なクレジット!!』

聞いたとこ、内容はこんな感じでした。

今、スズキのバイクを買い、36回払いのクレジットを組んだ20人を1グループとします。

そんで6ヶ月に1回、抽選をします。

その抽選で見事当選した人は、その後の返済金がチャラになります。

なので3年間で、6人のラッキーなばぱっばぱっいぶいぶ(紳士淑女)が誕生するってことでござぁすなぁ。

最初は、20人分の1人なんでまぁそれなりの確率ですし、まだ6か月分しか払ってないのに、返済金がチャラになるなんて喜び倍増でござぁす。

早速、主催者(?)に電話をし、詳細を聞いていたベル氏。

でもよぉく考えてみたら、最後の抽選会で当選した人は、もはや返済金も残りわずかでしょうし、喜びも半減ではなかろうかい??

ちょっとでも安くなったらうれしいってことですかい??

これが最後は20人全員返済金チャラじゃったら、やるかもしれんけど・・・。

残りの14人になった人は、「普通にやっておきゃあ良かった」なんてことでデモを起こさないのでしょうか!?私だったら心臓に悪そうなんで地道に借金を返して行く道を選びますのぉ。

ベルさんは、「頭金がいらないけど、参加費がいるんだって。頭金がないのはいいよなぁー!!」とノリノリだったのですが、「頭金」が「参加費」に名前を変えただけじゃないのかぇ??と思わなくもないですけんど。

結局、ベル氏は「スズキのバイクはあんま好きくない・・・」という最初から分かっとったんじゃないんか!?というような理由でこの不可解な借金返済ゲーム(?)に参加するのをやめていました。

※写真はジョグジャ名物の「ベチャ」です。ガソリン代のかからない乗り物です。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

ラマグループのホテルのご紹介!!

Rama-Garden-003.jpg
ここ数日、ちょっと身体の調子が悪かったです。

大きな声では言えませんが、糞づまりでして。

金曜日くらいからキリキリとお腹が痛くって変な汗をかくので、病院に行ってレントゲンを撮ってもらったら、腸が超黒いんです。「なんじゃ、癌なんかぁ」と思ったら、先生に、「こりゃあ、う○こがつまってるわ」と言われ・・・。なんか知らないのですが、腸が正常に働いてなかったようです。

「いやいや私、常に下痢なんですけど・・・」と先生に言うと、「でもここに現にう○こがあるでしょ!!」と言われましてね。

パパイヤを食べなさい!!

とインドネシア人の普通のおばちゃんでもできそうなアドバイスをいただきました。

そんで腸の動きを正常にする薬、座薬、下血を止める薬なんぞをもらってきました。

健康第一ですね、ホンマに。

さて今日は、こんな話題の後になんですが、『ラマガーデンホテル(RAMA GARDEN HOTEL)』のご紹介をします。

たまにお得なパッケージツアーのホテルとしてパンフレットに登場してますのぉ。

クタのラマビーチ、ラーマヤナ、クタシービューと同じラマホテルグループのホテルです。こちらのグループのホテルは外観は普通なのに、結構可愛いという特徴があります。
これで、バリ島内のラマグループのホテル全部見ました、私!!

ここはどんなでしょうか!?

こちらはスーペリアルームです。
Rama-Garden-008.jpg
Rama-Garden-009.jpg
Rama-Garden-007.jpg
うーん、色んな色が色々まざってなんだか落ち着きがない感じです。
しかも、洗面台がベッドの前にあるでぇー。なんだか狭いな感はぬぐえません。
しかも水周りのタイルが緑です。なんだかミドリガメと一緒に生活してるような、錯覚を覚えます。
営業のにぃちゃんに、「亀みたいなのぉー」というと、「はぁーっはっはっ!!」と笑顔・・・。いやいや、私ギャグで言ったんじゃなくって貴重な意見として言ったんですけんど・・・。

ですが、なぜかこのお部屋うす型テレビとDVDプレーヤーもあって、大型ホテルよりすごいかもしれません。

そしてこちらはデラックスルームです。
Rama-Garden-004.jpg
Rama-Garden-006.jpg
Rama-Garden-005.jpg
スーペリアよりも若干広いです。
このお部屋は、改装工事を終えたばかりです。変わったところは、バスルームです。
そう言われると、バスタブがミドリガメではないです。広いですし、いいですねぇー。

しかし暗いです。

「暗いね・・・」と営業のにぃちゃんに言うと、「夜は明るいよ!!」ってそりゃあそーでしょうよ!!
どうもこのにぃちゃんとは会話が噛み合いませんでした。

そしてこちらはワルンラマレストランです。
Rama-Garden-001.jpg
Rama-Garden-002.jpg
巨大スクリーンが2つあるので、毎晩スポーツ観戦を楽しむお客さんで盛り上がっているそうです。
この日は大リーグ中継をやってました。

外はわーきゃー、うーぎゃーうるさい、パドマ(ユディスティラ)通りなんですけんど、中に入ると外の喧騒は聞こえてきませんでしたよ(夜は知らないですけんど・・・)

ところで、この通りはパドマ通りなんでしょうか、ユディスティラ通りなんでしょうか!?

先日ご紹介したロカレギャンからもらった名刺には、「Jalan Yudistira」と書いてあったのですが、その隣りのカサパドマの人の名刺には、「Jalan Yudistira (Padma)」と書いてあり、更にその隣りのレギャンヴィレッジの名刺には、「Jalan Padma」とあり、そしてこちらラマガーデンのパンフレットには、中の料金表は、「Jalan Padma」と書いてあり、裏には「Jalan Yudistira」と書いてありました。

迷いますのぉー。

パドマが言いやすいので、パドマ通りが良いのですけんど、いかがです!?

ラマガーデンホテル(RAMA GARDEN HOTEL)
住所 : Jl. Padma(Yudistira) Legian
電話番号 : 62-361-751971
場所・アクセス方法 : パドマホテルのあるパドマ通りに入り、ロカレギャン、カサパドマを過ぎた右側。デンパサール国際空港からは車で約20分ほど。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 【“ラマグループのホテルのご紹介!!”の続きを読む】

レギャンにあるので何かと便利、しかもキレイなホテル!!

The-Lokha-Legian-004.jpg
今朝、大家さんがお供え物をしに我が家にやって来ました。

あっ、別に私にお供え物をしてくれるわけじゃあござぁせん。

そのときに、大家さんから「知り合いで家を探してる人いない??」と聞かれまして。

おぉ、そういえば探してる人おるわーと思い大家さんに、「おるおる!!でもバスタブがある家がいいんだってさ・・・」と言うと、「あどぅ、(今募集中の家には)バスタブないぁー、でも探してみるけん!!」と言われ、「あっ、お願いしますぁーす」ってな感じじゃったんです。

そしたら10分後に大家さんからSMSがあって、

『おーい、あったぞー、プール付きの家!! 部屋は2部屋。そのうち1部屋にはベッド有り。バスルーム1部屋。外にちっちゃいプール有り。泳げるぞー』

と・・・。

大家さんは、バスタブをプールだと思ったようです。

だからかぁー!!私にも「裏に作ってあげようか??」って言ったのは・・・。

さて今日は、ちょっとわさわさした地区にあるホテルのご紹介をします。

場所はレギャンのパドマホテルの近くです。

名前は、『ロカレギャン(THE LOKHA LEGIAN)』

わさわさしてるけど、ものすごい便利な場所ですねぇー。なもんで、ここいら周辺のホテル(ロカレギャン、カサパドマ、レギャンビレッジ)は常に満室状態です。

オーストラリア人のお客さんもぼちぼちと復活してきているそうです。

この日も1部屋しか空室ありませんでした。

その残り1部屋だったデラックスルームです。
The-Lokha-Legian-005.jpg
The-Lokha-Legian-003.jpg
The-Lokha-Legian-006.jpg
The-Lokha-Legian-002.jpg
デラックスは全部屋クィーンサイズベッドが2台という珍しいタイプなんです。
ひとりで泊まってもこの状態というのはいかがなもんでしょうか・・・。「今日は右側、明日は左側・・・」と毎日日替わりで楽しもうじゃないか!!ということですかね!?
営業のおっちゃん曰く、「くっつけてひとつにすることもできるよ」らしいのですが、どんな巨体じゃ!!

デラックスルームは2階と3階にあるので、全てのお部屋がプールビューです。あと若干近所の家の屋根ビューです。

ベッドルームからバスルームをちょこっと覗くことのできる、謎の窓(?)があります。
営業のおっちゃんは、「緊急避難口」と言ってましたけんど、こんな狭い隙間を抜けようとした挙句挟まってレスキュー隊出動・・・ってなことになりそうです。

営業のおっちゃんは、ボケてるのか本気なのかよくわからん人物でした。

こちらはロビー横にあるアディヨガレストランです。
The-Lokha-Legian-001.jpg
ユディスティラ(パドマ)通りに面した場所にあります。
カップル用にキャンドルライトディナーや、25人以上からで、バリ舞踊付きディナーのアレンジも可能だそうで・・・。ホンマかいな、そんな場所あるんかいな・・・。(何事も疑うところから始める私)

その他、ホテルの前に新鮮な魚介類のメニューが人気の「アディヨガカフェ」があります。

買い物しまくったりする行動派の方に向いてるホテルですのぉ。

ロカレギャン(THE LOKHA LEGIAN)
住所 : Jl. Yudistira(Padma), Legian
電話番号 : 62-361-767601
場所・アクセス方法 : ユディスティラ(パドマ)通りに入り、サークルKの看板過ぎ10メートルほど行った右側。デンパサール国際空港からは車で約20分ほど。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 【“レギャンにあるので何かと便利、しかもキレイなホテル!!”の続きを読む】

バリハイクルーズからのお知らせでぇす!!

Balihai-may-001.jpg
今日はレギャンとスミニャックのホテル見学に行ってきました。

因縁のベル氏と2人きりで・・・。

昼食のときにじっくり話しました。

「しつけぇーんだよ」とか言ったりしちゃいました、私。

ベル氏は言い訳みたいな感じで、「いーさん(←私のこと)が泣くかどうか見たかった・・・」とか抜かして。残念でしたぁー、私、こんなことで泣かないわよ、おほほぉー。

さて今日は・・・。

海の帝王、バリハイクルーズからのお知らせどす。

下記の期間は、チャーター便が運航されるため、その他のお客様のご予約をお受けすることができません。

5月18日(日) : アリストキャット
5月20日(火) : キャスタウェイクルーズ
5月21日(水) : ビーチクラブクルーズ & アリストキャット
5月28日(水) ; ビーチクラブクルーズ & アリストキャット
6月4日(水) : ビーチクラブクルーズ & アリストキャット

※5月21、28日および6月4日は、ポントゥーンで遊ぶ「バリハイ・リーフクルーズ」は運航可能です。

ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願いします!!

バリハイクルーズ(BALI HAI CRUISES)
住所 : Benoa Harbour Bali Indonesia
電話番号 : 62-361-720331

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

今日もサンギンガンにあるホテルをご紹介します!!

Kori-Ubud-005.jpg
最近、社内にどよぉぉぉんとした嫌な空気が漂っています。

まぁ、理由は私なんですけんど。

こないだ、ぽろっとベル氏を傷付けるような発言をしてしまったんです。

あるホテルとの交渉で、「お客さんからのリクエストをちゃんと最後まで聞いてからホテルに電話してよ、じゃないと、またホテルに電話し直して確認しなきゃいけないじゃんけ!!最初に全部聞いてたら1回で終わるじゃんけ!!」的なことを言ってしまいましてね・・・。
(話を最後まで聞かんと、話の途中で電話する傾向にあるんですわ、彼は)

そうしたら彼の自尊心を傷付けてしまったようで、ここ2日間程話をしてくれません。

前日にそんな言い争い(?)をしたことも忘れ、普通に接したら無視でっせ、あーた。

びっくりしましたよ。他のスタッフに「なんでじゃ!?」と聞くと、他の2人も私同様、そんな争いをしたことを忘れてました。

ネチネチとしつこいです。

これは私の偏見なので、あまり鵜呑みにしないでいただきたいのですが、フローレス島出身の人は若干粘質系が多いように思います。

私は感謝の気持ちを忘れず接してるのに・・・。ちょっと意見したらこうじゃ・・・。

もぉ知らん、勝手にはぶてとけぇや。

今日は先日の、ウマウブドと同じくサンギンガン地区にある、『コーリウブド(KORI UBUD)』のご紹介をします。

コーリ、小売、氷、高利、公吏・・・。 

コーリ(KORI)とはですね、バリ語で「エントランス」という意味です。

そんな広くはない敷地なのですが、ウブドのホテルっぽく下へ下へと客室が広がっています。そんでもって、やはり下のほうにあるお部屋が高いんですのぉ。

こちらはスーペリアスイートというお部屋です。
Kori-Ubud-006.jpg
Kori-Ubud-007.jpg
Kori-Ubud-008.jpg
Kori-Ubud-009.jpg
2階にあります。余計なものが一切ないシンプルで飽きのこないデザインですね。
ハリウッド式ではない、ホンマのツインベッドルームもあるそうです。
大理石の床のバスルームには、バスタブ、シャワーがあります。

バルコニーからはライステラスが見渡せますし、気持ちいい風が吹いてきそうです。

実は3年ほど前に見に行った時、バルコニーからひょいと下をのぞくとゴミがたくさんあって、「おぅ、ゴミビューかぁ・・・、残念・・・」と思ったことがあったんです。
でも今回久々に見ると川もキレイになってましたぜ。

スパまであります。
Kori-Ubud-003.jpg
Kori-Ubud-004.jpg
Kori-Ubud-002.jpg
名前は、「コーリウブド・トロピカルスパ」!!
1人用、ツイン用のトリートメントルームがあります。自然の恵みたっぷりのアロマオイルを使ったトリートメントで、心も身体もリフレッシュできそうです。

リクエストによって、お部屋もしくはプールサイドでマッサージが可能です(って露出狂かっ!?)

こちらはレストランです。
Kori-Ubud-001.jpg
リゾートの真ん中にあるスイミングプールや、ライステラスを眺望できる2階建てのレストランです。
フランス人シェフが伝授したのに、なぜかバリ風のシーフード料理を楽しめます。

また夜は、ロマンティックキャンドルライトディナーもあります。

このレストランは100席もあるので、結婚、特別な行事、記念日、慰安旅行の際のランチやディナーなどにご利用可能です。幹事さん、是非ご連絡ください!!

コーリウブドリゾート&スパ(KORI UBUD RESORT & SPA)
住所 : Jl. Raya Sanggingan Ubud 80571
電話番号 : 62-361-972487
場所・アクセス方法 : ウブドのサヤン地区、クデワタン地区を突き抜け、三叉路を右折します。道なりに進んで行き、Ulun Ubudを過ぎ約200メートルほど行った右側。
デンパサール国際空港からは車で約1時間30分ほど。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 【“今日もサンギンガンにあるホテルをご紹介します!!”の続きを読む】

サンギンガンに佇む、ウマウブド・・・(其の弐)

Uma-Ubud-2-001.jpg
今日は朝から結構すごい雨です。

珍しいですね、5月に1日中雨ってのも。

日本はもうすぐ梅雨ですのぉ。

さて今日は予告通り、ウマウブド(UMA UBUD)の他のカテゴリーをご紹介します。

こちらは、ガーデンルームです。
Uma-Ubud-2-010.jpg
Uma-Ubud-2-009.jpg
Uma-Ubud-2-008.jpg
私はどうも、ワカグループとかのお部屋でよく見かける、「わざとボロっちぃ感じに見せる」演出があまり好きではござぁせん。
なんだかホンマにボロっちく見えるからです。本当にボロいホテル(タンジュンサリとか)は、それでも味があるのに、わざと系はやはり「いまきた感」が否めないですわ。
こちらも若干、「わざとボロっちく見せてる」系でした。(正確には、「アンティーク調」って言わんといけんですわな、すみません・・・)

壁の色もはげかけてて・・・、「って誰がハゲやねん!!」ってブラックマヨネーズ的なお決まりの突っ込みをしたくなるようなお部屋です。

でもこちら、ベッドルームとバスルームが分かれてるんですが、バスルームはすごく可愛かった!!

お世辞も言えない、思ったことが顔にすぐ出る私ったら、「こっちを寝室にしたらいいのにぃー!!」と言ってしまいまして・・・、ヤバイかなぁーと思ってたら、一緒に行った同僚のベル氏も「うん、うん」とうなずいておりました。

こちらのお部屋は、壁に囲まれているので、はっきり言って眺めは良くないです。ウブドに来たんじゃけぇー、森林浴したいのぉーという方は先日お知らせした、テラスルームのほうが良いですよ!!

そしてこちらが、1部屋しかないシャンバラスイートです。
Uma-Ubud-2-007.jpg
Uma-Ubud-2-006.jpg
Uma-Ubud-2-005.jpg
Uma-Ubud-2-004.jpg
Uma-Ubud-2-003.jpg
Uma-Ubud-2-002.jpg
こちらはチャンプアン渓谷とウォス川を臨むことができ、ホンマにウブドらしいです。
すごいですぜ、お部屋も広いです。
プライベートプールと、プライベートスパルームがありやんす。
プライベートスパルームでゆったりと他のお客さんを気にすることなくトリートメントを満喫できます。

バスルームは半屋外になっており、黒い掘り掘り式バスタブ(ジャグジー付き)があります。写真撮って見たら、黒いモノにしか見えなかった・・・(写真下の真ん中)。
シャワーは別に分かれています。トイレも離れた他の場所にありました(みつからなくてたまげたんです)

二人でこの広さは贅沢ですのぉぉぉぉ。

ウマウブドのリゾート全体は、最初入った瞬間は、「そない広くないんかいな・・・」と思ったのですが、奥までずずずずずぃっと伸びていて、中々デカい敷地です。

その広い敷地内に、南国の植物や果物がわんさかと茂っていて、植物の力強さを間近に感じることのできるリゾートです。草にあたってかぶれたぁーとか言ったらダメでっせ。

まぁ植物がとにかくなんでもかんでもすぐに成長するので、管理が大変だ・・・と案内してくれた予約係りのねぇちゃんが言ってました。

植物もこんなにすぐに成長するんだから、インドネシア人の鼻毛がすぐに伸びるのも納得ですわ。

ウマウブド(UMA UBUD)
住所 : Jl. Raya Sanggingan, Banjar Lungsiakan Kedewatan Ubud
電話番号 : 62-361-972448
場所・アクセス方法 : ウブドのサヤン地区、クデワタン地区を突き抜け、三叉路を右折します。道なりに進んで行き、Ulun Ubudを過ぎ約100メートルほど。
デンパサール国際空港からは車で約1時間30分ほど。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 【“サンギンガンに佇む、ウマウブド・・・(其の弐)”の続きを読む】

サンギンガンに佇む、ウマウブド・・・。

Uma-Ubud-009.jpg
2日間続けて、「お手頃・・・」が続いたので、今日はあんまりお手頃ではないホテルのご紹介をします。

その名は、「ウマウブド(Uma Ubud)」!!

最近、「ウマもの」が多いですのぉー。

ウマウブドは辺鄙な場所にあることで有名な(?)、コモシャンバラと同じマネージメントだそうです。

こちらは、14部屋のテラスルームと、10部屋のガーデンルームと、1部屋のウマスイートと、3部屋のウマプールスイートと1部屋のシャンバラスイートの計29部屋が緑たくさんの敷地内にひっそりと佇んでいます。

ロビーにて面白いものを発見!!
Uma-Ubud-004.jpg
Uma-Ubud-005.jpg
馬に乗った謎の3人(インドネシアの東ら辺のアンティークらしいです)と、蜂の巣のかす??
蜂の巣らしきものは、触ったら、いやデカいくしゃみをしただけで、ボロボロに壊れてしまいそうなデリケートなものでした。

こちらは、1番安いカテゴリーのテラスルームです。
Uma-Ubud-007.jpg
Uma-Ubud-006.jpg
Uma-Ubud-008.jpg
お部屋には、ちょこっと庭がありました。
広さは、45㎡とまぁ広めですね。白を基調としてるので、常にキレイにしておかないとすぐ汚げになってしまいそうなお部屋ですなぁー。
バスルームは、ウブドでよく見かける堀り堀り式バスタブがあります。でもほとんどの掘り堀り式は床と同じ素材のままボコッと下に下がっているのですが、こちらはバスタブが埋め込み式になっているので、なんとなく好感が持てました。(意味不明じゃ・・・)

写真右の洗面台も、ウブドの他のホテルではあんまり見かけない感じで、独特のセンスを感じました。

そしてこちらはスパです。
Uma-Ubud-003.jpg
Uma-Ubud 002
トリートメントルームで4部屋(ツインベッド)です。
コモシャンバラ特製のオイルやクリームを使っています。
もちろん、宿泊客以外の方もご利用可能ですよ!!
スパの全体の雰囲気は、お寺の回廊・・・。下には太った鯉がたくさん泳いでいて、なんだかオリエンタルで好きなタイプでした。

そんでもって、こんな素晴らしい眺めを見ながらヨガができます。
Uma-Ubud-001.jpg
こちらのヨガパビリオンでは、毎日ご宿泊客の方向けに無料のヨガ教室がおこなわれています。若干渓谷ビューです!!
朝早い時間は日の出が見えるかもしれませんですよ!!
ウブドにいるとそーいうこと(日の出とか)を忘れがちですが、時々南部よりも美しい日の出やサンセットが拝めますぜ。

写真1番上は、レストランです。
ここでは、インド風にテイストしたインドネシア料理(そりゃあインド料理じゃないのかい!?と思ったりしてけれど・・・)や、アジアンフュージョン料理を楽しむことができるそうです。

次回は違うお部屋のご紹介をします、乞うご期待!!

ウマウブド(UMA UBUD)
住所 : Jl. Raya Sanggingan, Banjar Lungsiakan Kedewatan Ubud
電話番号 : 62-361-972448
場所・アクセス方法 : ウブドのサヤン地区、クデワタン地区を突き抜け、三叉路を右折します。道なりに進んで行き、Ulun Ubudを過ぎ約100メートルほど。
デンパサール国際空港からは車で約1時間30分ほど。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 【“サンギンガンに佇む、ウマウブド・・・。”の続きを読む】

田んぼビューのお手頃ホテル、グリーンフィールドバンガロー!!

Green-Field-Bglw-001.jpg
昨日、久々にウブドに行ってきました。

ウブドのホテルに1ミリもときめかない私と、ウブドのホテルと地理を全く知らない同僚ベル氏のナイスコンビで行ってきたのですが、まぁ大変。ベル氏ったら道を知らんのです。
最初にサンギンガン地区にある、『ウマウブド』に行ったのですが、マス村方面に行こうとするし・・・。

今日は、プンゴセカン地区にある『グリーンフィールドバンガロー(Green Field Bungalows)』のご紹介をします。

プンゴセカンの通り沿いに出てる看板を見た時点で既に期待をしていなかったこちらのホテル。しかし、意外や意外、値段の割には結構素敵なホテルでした。

こちらは、2箇所に分かれた場所にバンガロータイプのお部屋があります。

道路にも近い場所には、値段の安いお部屋があり、そのお部屋にご宿泊の方用のレセプションがあります。道路には近いものの、眺めはイマイチです。
そして、お隣りにあるホテル、トゥガルサリの看板の出ているところから入ると、少し料金が高めの田んぼビューのバンガローがあり、もちろんそっちに泊まってる人用のレセプションもあります。

そんでもって同じタイプの部屋がひとつしかない、全部内装違いまっせぇー・・・という、「オンリーワン」ホテルなんです。

各お部屋は、まずデカいカテゴリー名でまとめられ、そんで各々に名前が付いています。

覚えられんです。

今日は20タイプあるお部屋の中から、2部屋をご紹介します!!

こちらはバレ・スカッバリというカテゴリーの中の、バレ・プサムアンというお部屋です。
Green-Field-Bglw-004.jpg
Green-Field-Bglw-003.jpg
この写真では、ダブルベッドに見えますが、実は2つのベッドがひっついています。離してツインベッドにすることも可能です。
なんと、このお部屋ホテルの公示料金は1部屋1泊Rp375,000です。結構お得だと思うのですが・・・。しかもかなり大きいバスタブがありますぜ。バスルームも清潔感いっぱいです。(写真暗くてすみません)

こちらは、ニュービルディング内にある、バレ・アダッというカテゴリーの中の、バレ・バジャンというお部屋です。
Green-Field-Bglw-007.jpg
Green-Field-Bglw-006.jpg
Green-Field-Bglw-005.jpg
こちらのお部屋は2階にあるので、目の前は田んぼ、田んぼ、田んぼ。そして彼方にモンキーフォレストが見えます。
かなり広いバルコニーがあります。お部屋も広いので、踊れそうです。
正直、お部屋のインテリアはお洒落なんだか、どーだかわからんような感じなのですが、バリ人のお金持ちの人の家に遊びに行ったような錯覚に陥るお部屋です。
(ロイヤルピタマハもこんなインテリアじゃん・・・と思わなくもない)

バルコニーには、流しとコーヒー紅茶メーカーが置いてあるスペース(写真右)があります。カップラーメンを作るのにはもってこいです。

こんな看板が、道路沿いとトゥガルサリの手前に立っています。
Green-Field-Bglw-002.jpg
すごいですねぇー。私でも描けそうな絵です。

敷地の外れには、メインプールがありその隣りに、更に新しいバンガローを建設中です。
なんでも大きなヨガグループがちょくちょくこのホテルを利用するのですが、部屋数が足らないそうです。今度はどんなのができるのか楽しみです。

ご予約、お問い合わせはコチラから!!

グリーンフィールドバンガロー(GREEN FIELD BUNGALOWS)
住所 : Jl. Pengosekan, Ubud
電話番号 : 62-361-975798
場所・アクセス方法 : ウブドのARMA美術館の近くです。でもガソリンスタンドから右に曲がったとこではなく、ウブド中心地へ向かう途中にあるARMA美術館の入り口(クタ方面からは右側)の近くです。
プラマシャトルバス社のウブド停留所から、南へ徒歩5分ほど。
デンパサール国際空港からは車で約1時間30分ほど。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 【“田んぼビューのお手頃ホテル、グリーンフィールドバンガロー!!”の続きを読む】

ウマラスのお手頃ホテルのご紹介!!

Seri-Suite-002.jpg
今日はウブドのホテル見学に行ってきました。

トパティの交差点のとこでものすごい渋滞だったので、最初のホテルに45分も遅刻してしまいました。でも終わった時間は予定通りってすごくないですかい??
案内してくれたねーちゃんの、「他のタイプの部屋も見ますかい??」という誘いをことごとく断った成果(?)じゃと思います。

でも今日はウブドのホテルは紹介しません。ウマラスが1軒残ってますけん。

その名は『セリスイート(The Seri Suite)』!!

岩堀せりのようなスタッフがいる素晴らしいホテルなのかい??しかも『スイート』じゃし!!と私ったら期待しちゃいまして…。

期待しちゃあいけんですね。

セリスイートに行ったときは雨が降ってきたり、色んなことがあって、私のやる気もなくなり、帰って写真を見るといいのがひとつもなかったです・・・。
後で聞いた話によると、この日事務所のあるトゥバン地区は雨が一滴も降ってなかったらしいです。恐るべし、ウマラス。

さて、こちらセリスイートはシンガポール人がオーナーだそうです。

ここは、2階建てのアパートのような、家のような不思議な建物が6棟(上下階で12部屋)とプールの横に3ベッドルームが1ユニット(3部屋)の計15部屋のリゾートです。

こちらは、2階にあるお部屋(デラックススイート)です。
Seri-Suite-006.jpg
Seri-Suite-007.jpg
Seri-Suite-005.jpg
眺めはいいです。
デラックススイートのお部屋には、かなり広いベランダがあります。
このタイプのお部屋には、キングサイズのダブルベッドのお部屋が3部屋と、ツインベッドのお部屋が3部屋あります。
階段は外についているので、下の階に知らない人が宿泊していても大丈夫です。

んで、こちらが1階にあるお部屋(グランドスイート)です。
Seri-Suite-004.jpg
Seri-Suite-003.jpg
Seri-Suite-001.jpg
このタイプのお部屋にはオープンエアのリビングとダイニングエリア、キッチンがあります。
2階のお部屋に比べたら、若干暗いかなぁーという印象を受けました。(まぁ、雨も降ってましたけんね)
このタイプのお部屋はツインベッドルームはござぁせん。全てキングサイズのダブルベッドでございます。

2ベッドは・・・!?と言いますと、この1階と2階のお部屋を一緒にご利用になる場合は、名前が「2ベッドルームスイート」となるのです。

わかりやすいです。

そんで敷地の1番奥にメインプール(写真上)があります。

値段もお手頃ですし、中々穴場的リゾートだと思うのですが、レセプション横のトイレがいただけん!!電気が点かないで昼間なのに真っ暗だし、水が流れないんです!!
この時点で、「大丈夫なんじゃろうか・・・」と失望してしまった、ヤワな私。かなり態度にも出てました。こんな小さいことですぐ嫌になるけん、結婚できんのんじゃろうか・・・とか色々考えたりして。

人生を見つめなおすチャンスをくれたヴィラでした。

一緒に行った、同僚のベル氏は「インドネシアのホテルはスイートの定義をきちんと正すべきだ!!」とかなんとか言って吠えていました。
スイートと聞いて期待して行ったらいけないかもしれんですわ、ホンマに・・・。

セリスイートウマラス(THE SERI SUITE UMALAS)
住所 : Jl. Umalas 1 No, 42 Br Umalas Kauh, Kerobokan
電話番号 : 62-361-730262
場所・アクセス方法 : クロボカンの信号を過ぎ、150メートルほど行った場所を左折。まっすぐ進むと道が分かれていますが、まっすぐ進んでください。そして道なりに進んで行き、5キロほど進んだ右側。
デンパサール国際空港からは車で約30分ほど。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 【“ウマラスのお手頃ホテルのご紹介!!”の続きを読む】

改装工事し、見事に生まれ変わりました!!アヒヤティヴィラス!!

Akhyati-001.jpg
今日は、スミニャックから北に行ったところにある、ウマラス地区のヴィラをご紹介します。

ウマラス。

「ウマ」はバリ語で「田んぼ」という意味です。

ウマラスではホースライディングを体験できるところがあるそうです。狙ったのでしょうか!?中々、興味深いですねぇ。

そんなウマラスは、名前の通り田んぼだらけ。田んぼの中に新しいヴィラや欧米人の家が建ち並んでいます。

ここも何年か後には、もっとヴィラがじゃんじゃん建って、田んぼが消え失せ「なんでここウマラスって名前なんだろ!?」ってな状況になるかもしれませんね。

私、ウマラスが好きではないです。なぜなら道路が舗装されとらんからです。こんなでこぼこ道にヴィラをぼこぼこ建ててどうするんじゃ、最初に道作れ!!と思ってしまいます。

そんなウマラスの奥に、今日ご紹介する「グランドアヒヤティヴィラス」があります。

2007年4月から半年以上改装工事をしました。
これは大きな決断だったでしょうねぇー。半年以上閉めたら、忘れ去られてしまいそうですけんね、お客さんからも旅行会社からも、スタッフからも・・・。

前まではロビーもなかったのですが、結構素敵なロビーができていました。

こちらでは、旅行会社などの送迎車がお客様のご宿泊されるヴィラの門の前まで行き、各ヴィラ内でチェックイン、チェックアウトができるんです。しかも、1棟のヴィラに1人の専属バトラーが付くらしいです。

それでは、気になる新ヴィラを見てみましょう!!

ちなみに改装前はこんな感じでしたけん。
Akhyati-020.jpg
Akhyati-098.jpg
Akhyati-008.jpg
紫のカーテンが微妙でした・・・。
これは、2006年12月13日の写真です。

今はこんな感じに変身・・・。
Akhyati-006.jpg
Akhyati-007.jpg
Akhyati-003.jpg
Akhyati-004.jpg
Akhyati-002.jpg
Akhyati-005.jpg
スミニャックのヴィラと言いますと、「壁に囲まれちゃった・・・」的なところが多いのですが、こちらは壁がそんなに高くないけんでしょうか、開放的な雰囲気です。
プライベートプールを挟んで右側にオープンエアのキッチンとリビングルーム、左側にベッドルームがあります。

あのっ、因縁の(?)の紫のカーテンは既になくなっていました。
でも新しい茶色のカーテンも、前の紫のカーテン同様に演歌歌手の衣装的にテラテラしていました・・・。
ベッド後ろのオブジェ(写真上の右)がなんだか不思議です。
よぉぉぉぉぉく目を凝らしてみると、バティック(ろうけつ染め)の模様の型だということが判明しました。遠くから見ると魚に見えます。中々気が付かなかったです・・・。

隣りにはバスルームがあります。
バスタブはジャグジー付きになりました。
改装前は、半屋外のバスルームだったので、この辺も大変身ですのぉー。実は私は半屋外のお風呂が非常に怖く大嫌いなので、これは好感度アップ↑ですわ。

敷地奥には、メインプールスパがあります。
現在、スパを改装中ということで見ることができませんでした。

少し前まではメインプールの前は一面田んぼビューだったのですが、今はヴィラや家が建っているので、一面田んぼビューとはいかないです。

僻地リゾートなので、もちろんクタ、レギャン、スミニャック地区へのシャトルサービスもあります。ご出発の1時間前にレセプションにご予約くださいませ。

いやぁ、結構良い感じに変わってましたわ。

アヒヤティヴィラス&スパ(AKHYATI VILLAS & SPA)
住所:Jl.Bumbak 88X, Umalas, Kerobokan, Kuta
電話番号:62-361-8475022
場所・アクセス方法:スミニャックの信号を更に北に直進し、150mほど行き左折。ウマラス2通り(Jl.Umalas II)に入ります。道なりに進んで行くと三叉路に出ます。そこを更に直進し右折後約300m。デンパサール国際空港からは車で約30分。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 【“改装工事し、見事に生まれ変わりました!!アヒヤティヴィラス!!”の続きを読む】

インドネシアの玉木宏・・・!?

先日、インドネシアの高視聴率トーク番組、『Empat Mata』を見ていたら、今までに96人もの女性と結婚したという、驚異の絶倫おじぃさんが登場していました。

『Empat Mata』とはトランス7というテレビ局で、月曜から金曜の毎晩放送されている、超人気番組です。司会のTukul Arwana氏が「なんでもいいから、その道を究めた人」を毎日ゲストに迎え、話を聞くという、日本でいうと『徹子の部屋、お下品版』といった感じでしょうか!?(いや、違うのぉ)

この番組には、インドネシアの芸能人やダンドゥット歌手はもちろん、その辺の素人なんですがすごいおっちゃんやおばちゃんを招いて話を聞くんです。
素人さん相手に面白い話を引き出すのが、Tukulさんは上手なんどす。

そんな、『Empat Mata』に出演していた、96人の女性と結婚しているおっちゃん。

でも、おっちゃんには子どもが16人しかいないそうです。

16人ってだけでも多いですけんど、96人の人と結婚してたにしちゃあ少ないですよね。なぜなら、おっちゃんは結婚後1年経っても子どもができなかった女の人とは離婚していたそうなんです。
全く、女をなんじゃあー思うとるんじゃ・・・。こーいう女性蔑視的なとこ、まだまだインドネシアにはありますわね。。。

でもこのおっちゃんは96人全員と正式に結婚していた・・・というから驚きです。

おっちゃんの義理のお父さんの中には、おっちゃんより若い人もいるということです。すごいですねぇー、おっちゃん!!

義理のお父さんはどんな気持ちなんでしょうか・・・。

バリ人はどうなんだい・・・!?

と言いますと、なんとバリ人は3回までしか結婚をしてはいけないそうです。

1回目の奥さんと離婚し、2回目の奥さんと離婚し、3回目の奥さんとも離婚し、さぁ次こそ運命の人じゃあー!!と思い4回目の結婚をしようとしても、できないんじゃ・・・と、うちの会社のスタッフが言っていました。

インドネシアも宗教によって色々と異なりますねぇー。

今日は、テレビつながりのネタを・・・。

下の写真はインドネシアのロックバンドのボーカリスト。
UNGU-001.jpg
あのっっ、日本人俳優に似てるなぁー、とずっと思ってました。

どうです!?『のだめカンタービレ』(←ちょいと古いやね・・・)で千秋先輩役の玉木宏さんに微妙に似てませんかい!?もちろん写真左側のめがねの男性です。

こちらさんは少しふっくらとしています。

玉木さんは是非、太らないでほしいです。

この写真上の男性は、UNGUというバンドのボーカルのPASHA氏で、ロングヒットの『Cinta Dalam Hati』という歌のプロモーションビデオを見たときに、「あれっ!?千秋様に似てやいないかい??」と思ったのです。

PASHA氏は1979年11月27日にDonggalaというところで生まれました。若いんですね、意外と。

オフィシャルサイトでプロフィールを調べたとこ、驚いたことにPASHA氏のメールアドレスが公開されていました。こんなんいいんでしょうか!?

歌は宗教的なのが多いので、真剣に聞いたことはないんですけんど。

ちょっと前は坊主頭だったので、『ウォーターボーイズ』の頃の玉木さんか・・・!?と言われたら別にそうでもなく・・・。たまぁぁぁに見せる憂いのある表情が玉木さんに似ています。

どうです、似てますか・・・!?

似てないか・・・。

今日はネタがありませんでした!!(キッパリ)

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

2008年もバリアートフェスティバルが開催されます!!

PKB-001.jpg
昨日、コメントで「今年もアートフェスティバルは開催されますか??」というのがあって、曖昧な回答をしてしまったのですが、今年もやりまっせ!!

今年もアートフェスティバルが開催されますぜ!!

日程は、2008年6月14日(土)から7月12日(土)の約1ヶ月間です。

なんと、今年で30年目だそうで。私と同じ年ですわ。

これは言わずと知れた、年に1度のお祭り騒ぎ。

バリ州政府主催で開催され、バリ島のみならずインドネシア全土、日本、アメリカ、ヨーロッパ、台湾などから選び抜かれた演奏家や舞踊家、芸術家たちがその腕を披露します。

場所は、デンパサールの少し北にあるアートセンターです。
広い会場内には、たくさんのステージが設けられています。そんでもって会場周辺には、屋台などもあり、こっちのためだけにやって来る人もたくさんいます。

ちょこっと、日程を見たのですが日本人にも人気のジュンブラナ県の竹のガムラン、ジェゴグは6月20日(金)の20時からでした。

それから同じ日に、なんだか楽しそうなイリノイ大学の学生さんによる東洋の音楽と西洋の音楽のコラボ(?)的祭宴「ガムランとジャズのカルテット」なるものもありました。
ちょっとこれは見に行きたいと思います。

もちろん毎年恒例の「ミス・バリ島コンテスト」もありますぜ。

今年も楽しみですのぉぉー♪

詳しくはコチラから!!

※きっと予定は変更されるでしょう。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

インドネシア、バリ島の2008年5月の祝日&お祭り情報!!

Waisak-Image-001.jpg
昨日の夜、ちょっとした事件がありまして。

19時前に、家に帰ろうと戸締りをしてたんです。

そうしたら、左右から閉めるタイプのシャッターの右半分だけが一向に閉まらんのです。

いつもは同僚のベル氏が帰る際に、親切心で半分ほど閉めておいてくれるのですが、それも昨日はしてませんでした。あっ、でも左側はいつものように半分閉めてありました。

ってこたぁ、ベル氏も閉めようと試みたものの、シャッターが動かなかったのでそのままにして帰ったんですね。おなごひとり残して・・・。確かになにやらがちゃがちゃとやっておりました。

ほぉー、そうか・・・。

と思いつつ蹴ったり叩いたりしたものの、びくともしないシャッター。

すると様子を見ていたウォンソロのおにぃちゃんが助けてくれました。
ですが、にぃちゃんが引っ張ってもダメです、全く動かない。私の力云々ではなく、シャッターがホンマにおかしくなったようです。(ちなみにいつもはひとりで閉めれますけん)

仕方がないので、ジンバランに住んでいるスタッフのべんぞー氏を呼んで助けてもらうことに。最初は、「えぇぇー、んなわけない。頑張って閉めてよぉー」という感じじゃったのですが、「いやいや、ウォンソロのにぃちゃんでも無理なんじゃ!!」と言うと心優しきべんぞー氏はかけつけてくれまして。

でも、やっぱり閉まらん。

なんでも、朝シャッターを開けた人物が強く開けすぎたようで、その衝撃で奥の方にあるいつもはかからん鍵がかかったようなのです。ちなみに朝シャッターを開けた人物は、べんぞー氏なので、わざわざ来てもらったことを私は恐縮がらなくても良い・・・ということが判明しました。

べんぞー氏、ウォンソロのにぃちゃん2人でシャッターを叩いたりしていたら(私は下から懐中電灯で光を灯す係りでした)、やっとこさ閉まりました!!そのときの感動ったら、まぁ!!

時計を見ると20時でした・・・。

この事件で、常日頃から「僕っていい人でしょ!?」とか「友達がよく、お前はいいヤツだって言うんだ!!」が口癖のベル氏は単なる夢見がちな男だった・・・ということが判明しました。

卑怯者。

という言葉が頭に浮かんでは消え、浮かんでは消え・・・。

ウォンソロのにぃちゃんは寡黙じゃったけど、いい人たちでした。

ウォンソロで食べたら下痢する・・・とか言ってごめんなさい。

さて、今日は5月のインドネシアの祝日&お祭り情報をお届けします。

☆5月のインドネシアの祝日☆

1日(木) : キリスト昇天祭 (KENAIKAN ISA ALMASIH)

20日(火) : ハリラヤ・ワイサッ (HARI RAYA WAISAK TAHUN 2552)
⇒お釈迦様の生誕、正道、涅槃を成就したことを祝う日です。

☆5月のバリ島のお祭り集中日☆

5日(月) : 新月
⇒新月の日には、バリヒンドゥー教徒はお寺に行きお供え物を捧げます。
特ににぎわっているお寺は、デンパサールのジャガッナタ寺院とマタハリモール・ギャレリアの近くにあるグリヤ・タナ・キラップ寺院です。

17日(土) : トゥンプッ・ワヤン (Hari Tumpek Wayang)
⇒この日は、ワヤンという影絵芝居で使われる人形たちの日です。
この週に生まれた赤ちゃんは、1回目もしくは3回目のオトナン(バリ島、ウク暦の誕生日)の儀式のときに必ず影絵芝居の語り部であるダランとガムラン(影絵芝居の際はグンデルと言います)を招いて。ワヤンクリッ(影絵芝居)を催さなければいけません。
また1人前のダランにとっては特に重要な日で、ワヤンという伝統芸能が無事に、そして衰えることなく存続されていくように・・・と神に祈ります。

20日(火) : 満月
⇒この日も新月の日同様にたくさんの神事がバリ島各地で行なわれます。

※写真は、5月20日のワイサッを記念して、ボロブドゥール寺院とお坊さんです。
ワイサッの日には、インドネシア各地の仏教徒がボロブドゥール寺院に集結します。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。