バリ島 すめれけて日記

バリ島在住の広島女が、インドネシアやバリ島のあれこれをお知らせします。 アナタの知らないインドネシアを覗いてみてください!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気のアシタバ工房に行ってみよぉー!!

バリ島にショッピング目的でやって来られる方、多いと思います。

可愛いアジアン雑貨や、アクセサリーが日本よりも安い価格で購入できるってのが人気の秘密ですわなぁ。

入れ替わりの激しいお土産業界において、変わらずにしぶとく人気なのが、アタという植物のツルで作られたカバンです。

その中でも1大ブランドとして、その名を轟かせている『アシタバ(ASHITABA)』!!

その工房に行ってきやした。
Shopping-002.jpg
工房では、原料のアタが生えてるとこから、それが製品になるまでをじっくり見ることができます。特徴である(?)、燻してる様子も見ることができ中々興味深いのです。

昔は、あまり知ってる人がいない、「知る人ぞのみ知る秘密の工房」みたいな感じだったのですが、今じゃあバンバンと観光客の車が入ってくる一種の観光スポットになっちゃってました。アクア(ミネラルウォーター)のサービスもあるし。

しかも90%が日本人のお客さんだそうですよ!!

工房って言うんじゃけぇ、なんだかお店より安いイメージがありますが、そんなことないような気がする私。アシタバはお店でも工房でも頑なに割引きしてくれないですのぉ。

工房の良いとこは、やはり品揃えが豊富ってとこです。

また工房で働くスタッフの着ている、「アシタバ特製Tシャツ」も売られています。

実は私、あの燻したイカ君みたいな匂いがどーにもこーにもダメでして。
あと、いつもやたらと荷物が多いのでブタのように膨れあがったカバンを持っているので、荷物があんまり入らないようなアタバックには興味ないっす、本当のこと言うと。

興味のない私のここでの耐久時間は約3分です。ウルトラマンより早くに使い物にならん私です。

しかし、ちょっと外に出ると青々とした田んぼが広がっていて、暇つぶしにもってこいです。

あと、ショッピングって言いますと、「銀細工工房」ですわなぁ。

こないだ久々にバリ島の銀細工のお店に行きました。

こんな真剣な顔でなにやら作っております。
Shopping-001.jpg
こんな真剣に銀細工にひたむきに打ち込んでる女の子をお嫁さんにしたら、なんだか良い家庭が築けそうですねぇー。(ホンマかぁ!?)

私は落ち着きがないので、こんな風に周りでお客さんに見られながら、モノを作るってのが絶対できんと思います。とりあえず、顔上げてニヤっと笑ってしまいそうです。
高校生のときに図書室で受験勉強していたのですが、誰かが入って来るたびにドアの方を見てたので、一緒に勉強していた友達から、「プレーリードッグか!?」と怒られたことがあります(←中々、高度なツッコミです)。

良かったです、銀細工職人の道を歩まなくって・・・。

アシタバ工房(ASHITABA)
住所 : Jalan Siulan No,114 Denpasar
電話番号 : 62-361-461536
営業時間 : 8時から19時まで
場所・アクセス方法 : サヌールからバイパスを通り、トパティ交差点を右折。バドゥン県とギャニャール県の間の割れ門手前100mほどを左折。道なりに10分程行き、右側。
サヌールのホテル(例えば、バリハイアット)からは車で約15分ほど。

◇今日のルピアレート◇

2008年9月30日 : 1円 = 84.90ルピア

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
スポンサーサイト

もうすぐバリ島、混雑しますっ!!

1ヶ月に渡る断食もそろそろ終わりに近づき、イスラム教徒の皆さんの帰省ラッシュが始まりましたぜ。

バリ島とジャワ島を結ぶ、ギリマヌクのフェリー乗り場は8時間待ち(!!)だったそうです。飛行機じゃったら日本に着いとるどぉー。

あどぅー!!

んでもって、今日くらいから来月の6日まで、断食明けの休暇を利用してバリ島に遊びに来るお金持ちインドネシア人がどーんと増えます。

この時期、トゥバンのカルティカプラザ通り、デワルチ像のあるシンパンシゥール交差点なんかはものすごく渋滞しますので、この時期にご旅行の皆さん、なるべく余裕を持って行動しようじゃないか!!

私はクタ、レギャンには近づきませんぜ。

うちの会社の前のウォンソロレストランも9月29日から10月2日までお休みです。
idul-fitri-001.jpg
のほほーんとした猫ですわね。

町の中はのほほーんとはしてませんでぇ、交通戦争です(?)

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

ワルンアホンでブタウィ料理を喰らう!!

今日も美味しいワルンのご紹介ぃぃ!!

トゥバンにある、『ワルンアホン(WARUNG A-HONG)』です。

アホン、アホン、アホンの坂田ぁー♪

ワルンアホンは、ブタウィ料理のワルンでして、アホの坂田師匠とは関係ありません。

ブタウィ(またはベタウィ)は、ジャカルタを含む西ジャワの少数民族のことで、ジャカルタがかつてオランダの植民地だったときの名称バタヴィアからその名がきています。

このブタウィの方々は、元々は17世紀頃に東南アジア各地から労働力として集められた人たちで、インドやミャンマー、インドネシアからはスラウェシ人、中部ジャワ人、スンダ人などの人々がいて、その子孫が現在もこの周辺に住んでいるのです。

と前にソトブタウィのご紹介のときに書きました。

西ジャワは、スンダ地方とも呼ばれていますね。

スンダ地方の人は、インドネシアでは珍しく生野菜をたくさん食べる人たちです。
なもんで、味も油テカテカギトギト感は少なく、さわやかな味を楽しめるというわけでござぁすなぁ!!

スンダの人もさわやかな人が多いかどうかはわかりません。

やはりですね、有名なのはカレド(Karedok)ですね。
Warung-A-hong-002.jpg
キャベツ、モヤシ、キュウリ、バジル、インゲンなんかの上にピーナッツソースをかけていただくんです。

日本人にも有名なガドガド(Gado Gado)の生野菜版って言いきって良いものか・・・。

まぁ、見た目はほぼ一緒ですけんど。

ちなみに、ピーナッツソース系料理は

カレド(Karedok) ⇒ 生野菜を使ってます
プチェル(Pecel) ⇒ ゆでた野菜を使っています
ガドガド(Gado Gado) ⇒ ゆでた野菜を使っています

という3つが有名です。

カレドとガドガドの違いは明確なのですが、プチェルとガドガドの違いがよぉわかりません。
前の会社の食堂に、ナシプチェルがあったので、ほぼ毎日食べていたのですが、何回間違いを指摘されても「ガドガドください」って言ってたし、プチェルの発音が難しくって笑われるわで、散々でしたけど、美味しいし野菜いっぱい食べれて好きでした。

ガドガドは、ご飯ではなく「ロントン」というバナナの葉っぱにくるまれたものと一緒に食べ、プチェルはご飯と食べるっていう違いですかね??(私はロントンが嫌いなんで、ガドガドの場合もご飯と食べてましたわ・・・)

まぁ、いいです、美味しかったら!!

そんで久々に、インドネシアのデザートにも挑戦しました。
Warung-A-hong-001.jpg
ぼけてるけど、エスチャンプルです。
「エス=氷」、「チャンプル=混ぜる」という意味ですよ。氷(ざくざくしてます)と一緒にタペと言う発酵した芋みたいなもんや、タピオカ、ゼリー、小豆みたいなもの、果物、そんでシロップとコンデンスミルクが入っていて、美容にいいんだか悪いんだかわからん一品です。

そんなもんがゴソゴソと入っていてインドネシア人は具をまず食べ、そんで溶けてしまった氷とシロップとミルクの三重奏を楽しみつつ飲んでいます。
がりがりと氷を食べてる人はいませんです。歯が弱いんですかねぇー!?

私は歯は強いけど腹弱いです。色んな人がいます。

ワルンアホン(WARUNG A-HONG)
住所 : Jalan Raya Tuban No,87C, Tuban Kuta
電話番号 : 不明
営業時間 : 10時くらいから23時くらいまで
場所・アクセス方法 : 空港近くの馬に乗った銅像(パトゥンクダ)のある通りに入ります。馬から北に向かい、FURAMAを過ぎ50m程行った右側。
ジンバランのホテル(例えば、インターコンチネンタル)からは車で約10分程。

◇今日のルピアレート◇

2008年9月29日 : 1円 = 86.25ルピア

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

初潜入、KU dE TA様っ!!

初体験です。

初潜入です。

私のような庶民は入れないのかと思っていました。

それは天下の、
Kudeta-001.jpg
ざます!!

うひひー!!行っちゃいましたぜー!!しかもサタデーナイトにっ!!

もう正気の沙汰ではなかったです。

実は私と『クーデター(KUDETA)』様は意外なとこでつながりがあったんです。

昔、この近くに住んでいたんですのよ。(それだけかいっ!?)

そんで、近所のワルンにアヤムゴレンを食べに行ったら、お店が混む前にいっちょ腹ごしらえするかぁーというクーデター様のスタッフをよく見かけました。

なんだ、まかない付きじゃないんだ。

なんだ、意外と庶民ちっくじゃん。

こちらのスタッフ、一時期「ものすごく、そんぼん(偉そうな、横柄な)じゃ・・・」という噂がありました。

確かに、自分たちもアヤムゴレンやレレゴレンを食べたり、ブンコスしてるのに、そこで一緒に食べてるほかのお客さんを、「アンタたちとは違うのよっ!!」的な感じで見ていました。

しかも私が姉と一緒に広島弁であーだこーだ言いながらアヤムゴレンを食べてると、「あら、ヤダっ、ジャパニーズ!?うちに来れない輩ね、ふふん」ってな感じでせせら笑いされたことがあります。(私は行ったことないけど、姉は既にデビュー済みだったのに)

私は、せせら笑いってのを初めて見ましたぜ。

そんなわだかまりのあった、私とクーデター様。まぁ被害妄想という説も多々ありますが。

ついについにデビューしましたわよ!!

ここに偶然ご飯を食べに来てたロシア人マフィアと出会って恋に落ちるんじゃねぇーか、アラブの石油王がお忍びで来とりゃーせんか・・・、私の胸は弾みます。

あと、スタッフはホンマにそんぼんなのか!?ってのを確かめないといけませんです。

まず入ったとこでですね、日本だとファミレスでも席まで案内してくれるじゃないですか!?そんなんはなく早速、放置でした。甘えるんじゃないっ、自分の好きな席くらい自分で決めちゃえよ、という心意気でしょうか。

決して、混雑の為入り口のとこでスタッフがテンぱっていた為ではないはずです。だってクーデター様ですわよ。

そんな感じで私たちはずんずんと奥に進み、2階のテラス席に行きました。
Kudeta-002.jpg
ビーチに近いところには、リクライニング式になってるイスでカップルがいちゃいちゃしてる「ラブラブ席」なんかもあって、素敵だったのですが、ラテン系美男美女が熱く愛を語り合ってる横に行くのもテレくさかったので2階にしましたの。

貧乏臭く、「ビンタンビールありますか!?」と聞くと、「おー、そーりー。1階の席にはあるわよ」とのこと。

その言葉には、「ビンタン飲むとかほざくようなヤツがこんな素敵な2階の席に来るんじゃねーよ!!」という意味があるんじゃね!?とビクビクする小心者な私。

うっせーだったら、カクテル飲んでやるーと、1杯が150,000ルピア(約1,765円)もするのを飲んじゃいましたわよ。さすが人の奢りですわね。

お酒も美味しいですけんど、ここは「雰囲気で酔わす場所」ね、と思いました。

朝は雰囲気ガラリと変わり、青い空、青い海、南国の花々の中で朝食を取ることもできますぜ。

あっ、そうそうここで私、日本の芸能人を見かけましたわよ♪

いつもキョロキョロ落ち着きなく人を観察してると、たまにいいことがありますわね。

クーデター(KU DE TA)
住所 : Jalan Laksmana No,9 Seminyak
電話番号 : 62-361-736969
営業時間 : 朝から夜中まで(曖昧ですわね)
場所・アクセス方法 : オベロイ通りに入り、道なりに進んで行き、C151を過ぎ、老舗ホテル、オベロイの隣りです。
レギャンのホテル(例えば、バリパドマ)からは車で約10分程。

◇今日のルピアレート◇

2008年9月27日 : 1円 = 87.00ルピア

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

サヌールの人気ナシチャンプルバリを喰らう!!

昨日の夜、久々に雨が降りました。

風もすごかったようで、朝起きて外に出たら立てかけていたホウキたちはなぎ倒れすさまじいことになってました。

今日もぼんやり曇ってて、雨季の到来ですかね!?

さて、日本では小泉元首相が引退を表明。

これからは、キャラメルマンを作って世界征服の野望に燃えるとか・・・。

あっ、そりゃドクターマシリトじゃ。

今日は久々にご飯ネタを。

ナシチャンプルざます。

しかも、ナシチャンプル・バリ!!

サヌールにある地元民に有名なお店でございますよん。

名前は、『ワルンクリシュナ(WARUNG KRISHNA)』です。

地元民に愛され儲かったんだね・・・と言いたくなるようなキレイな店内。
Warung-Krishna-002.jpg
ここで、イブイブバリが手も口も動かしながら、元気良く働いております。
多分、ダンナさんの給料の少ないのを嘆いたり、子どもの学費の話や近所の噂話をしながら毎日ナシチャンプルを盛ってるんでしょうなぁ。微笑ましい光景です。

今日は珍しくブンコス(お持ち帰り)にしました。

こんな感じのナシチャンプルでござぁす。
Warung-Krishna-001.jpg
あらやだ、残飯!?って思いの方、違いますぜ、ホカホカ炊きたてご飯の名物ナシチャンプルです。
残飯食べるほど落ちぶれてはいませんです。「ホームレス中学生」ならぬ、「ホームレス三十路」ではござぁせん。

こんな見た目ですが、鶏肉は燻製風にしてあって深味があります。

メインは鶏肉とラワールという野菜なのですが、私はナシチャンプル・バリの中ではカチャン(豆)とゆで卵が好きざます。
唐辛子と香辛料のきいた辛い辛いナシチャンプル・バリの中に咲いた一輪の薔薇のような存在で、ここのお店のは豆が大きく、いい感じに炒ってあって地味ながらもその存在をアピールさせ、元広島カープの正田耕三内野手のようです。

普段は海老なんかもあるんですが、もう遅い時間だったのでなかったです。あー、残念。
そのせいか、お値段も若干安くってRp8,000でしたよ。普段はもうちょっとすると思います(Rp10,000から15,000)。

時々、ムショーに食べたくなるナシチャンプル・バリ。

オフィスからは遠いけど、サヌールに仕事で行ったときは迷ってでも探し出して食べたい一品でした。

ワルンクリシュナ(WARUNG KRISHNA)
住所 : Jalan Mertasari, Sanur
営業時間 : 朝からなくなるまで
場所・アクセス方法 : バイパスサヌールのアヨディヤレストランを過ぎ、ガンサヴィラスのある通りへ入り、直進し後はもう何がなんだか・・・、迷いますぜ。ワルン・ワヤンというややこしい名前の店の横です。
サヌールのホテル(例えば、バリハイアット)からは車で約10分程。

◇今日のルピアレート◇

2008年9月26日 : 1円 = 87.90ルピア

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

バリ島の歴史を学んでみましょう!!

デンパサールの東にレノンという地区があります。

バリ州の政府庁舎や、イミグレーションオフィス、日本の領事館、中央郵便局なんかがあって、まぁ日本の霞ヶ関みたいな感じなんですかね、霞ヶ関に行ったことないけど。

そのレノン地区のほぼ中心にある広場に、どどーんと謎の建物が建っています。
Renon-museum-001.jpg
ちょっと前までサヌールに住んでて、嫌というほどレノンおよび謎の建物の前を通ったことがあるのに、それが何か、何の目的で建てられたものなのか知らなかった、私。

今回、潜入してみました。

この建物の名前は、『バジュラサンディ(BAJERA SANDI)』。

実は意外と新しく5年前に建てられていて、歴史のある建物のように見せかけて実は違う・・・というものでした。

結論から言います、ここは歴史博物館です。

歴史大好き、歴史オタクな私がなぜに今まで行ったことがなかったんだい!?そりゃあ、私は日本史好きだからです(知らんわ、そんなこと・・・)。

中に入ると、石器時代からの独立までのバリ島の歴史が模型で展示されています。

見てくださいよ、日本兵に鞭で叩かれてるとこまで再現(写真右)しちゃってますぜ。
Renon-museum-002.jpgRenon-museum-003.jpg
説明を読むと、日本兵によって強制労働を強いられている・・・とありました。

しかしですね、正直言って石器時代から、オランダの植民地になり第二次大戦で日本軍が侵略するまで、そがぁに面白い事件もなく、服装も上半身裸のまんまでさほど変化がありません。

日本の歴史のように、「鳴くよ(794)、鶯平安京」とか、「以後良く(1549)広まる、キリスト教」なんていうポイントとなる年号もあまりないです。

日本には各時代でヒーロー的な人物がいますが、そんなんもいないようです。
唯一、16世紀頃に、ジャワ島からニラルタってお坊さんが来たってのが覚えておきたいポイントです。

建物内部の中央にある螺旋階段があるので登ってみましょう!!

かなり目が回る階段なのですが、上には中々の絶景が広がっていますぜ。
Renon-museum-004.jpg
遥か彼方にジンバラン、ブノア港、ウルワツなんかも見渡せます。しかし目の前の鉄塔以外に高い建物がないですねぇー。

こういう眺めは、バリ島では珍しいですよね。なんだか新鮮でしたわ。

ここは夜になると、恋人たちの憩いの場になります。みんなイチャイチャしとりますぜ。

またオカマさまの出没スポットでもあります。こちらはネチャネチャしとります。

深いですねぇ、レノン地区!!

バジェラサンディ(BAJERA SANDI)
住所 : Jalan Raya Puputan, Renon Denpasar
入場料 : お一人様、Rp10,000
場所・アクセス方法 : サヌール方面からお越しの場合は、ケンタッキーフライドチキンのある交差点を左折しデンパサール方面へ向かいます。銅像のあるロータリーを越え、更に直進し1キロ程行った右側。
サヌール地区のホテル(例えば、バリハイアット)からは車で約15分程。

◇今日のルピアレート◇

2008年9月25日 : 1円 = 87.95ルピア

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

今も泉が湧き出る、ティルタエンプル寺院

キンタマーニ高原とセットで行く観光地と言えば、タンパクシリンにある『ティルタエンプル寺院(TIRTA EMPUL)』ですわな。

こちらはですね、聖なる泉が湧き出てくるお寺として非常に有名です。

伝説によりますと、泉が発見されたのは962年。
日本は平安時代でございますわね。摂関政治、藤原家の全盛期でござぁす。もうちょっとしたら清少納言が枕草子でもいっちょ書いちゃるか・・・という時代です。

魔王マヤダナウと闘ったインドラという神様が放った矢の刺さった場所から、不老不死の水が湧き出したのか始まりといわれています。

マヤダナウさん。

ダナウは湖という意味なので、やはり水に関係した魔王なんでしょうか。

寺院内の大きな池では、今でも聖なる水がこんこんと沸き出ているのを見ることができます。
Tirta-Empul-001.jpg
すごいキレイですねぇ。
こんな神聖な場所には、アクアのボトルやTAROスナックの袋なんてもんがポイ捨てされてませんぜ、当たり前ですが。

そんで寺院の外側には、この水を引いた沐浴場があり、バリヒンドゥー教徒が連日訪れ、水浴びをしています。
以前はすっぽんぽんで水浴びしていたのですが、観光客が水浴び中の人々を無遠慮に写真におさめたので一時期は利用する人がおらず無人になっていたそうです。

今は、服を着たまま水浴びをしています。
Tirta-Empul-002.jpgTirta-Empul-004.jpg
バリ人はこの泉には不思議な力が宿っており、万病に効く水と考えられています。

ちょっと艶っぽいですぜ、うひひ・・・。
Tirta-Empul-003.jpg
ほら、こーいうのを撮る輩がいるから無人になったんですぜ。
ここでの写真撮影は出来る限り控えた方がいいかもしれません。(お前が言うなっ!!という感じですが)

また寺院の丘の上には、スカルノ大統領が建てた別荘があります。
こないだ新聞に、「売ります!!」みたいなことが書いてあったのですが、「なんか怖い」、「なんか出そう」ってことで中々買い取り手がいないそうです。

バリ島全土から人々がお祈りに来るってだけあって、お供え物の数もすごいです。お供えし終わった古いチャナンがわさわさ転がっていて、せっかくのキレイなお寺が台無しです。

いっつも思うんですが、掃除しんさいや!!

ティルタエンプル(TIRTA EMPUL)
住所 : Tampaksiring, Gianyar
入場料 : お一人様、Rp6,000
場所・アクセス方法 : ギャニャール県をマス村、ゴアガジャ方面へ行き、ぺジェン村を過ぎ北上しキンタマーニへ向かう道の途中にあります。
南部のホテル(例えば、バリパドマ)からは車で大体1時間30分程。

◇今日のルピアレート◇

2008年9月24日 : 1円 = 87.90ルピア

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

ちんたまに高原に行って来ました!!

4年ぶりくらいですよ、わたしゃ。

だけど変わらない雄姿を私たちに見せてくれましたよ、彼は。

それはですね、日本人に色んな意味で人気のキンタマーニ高原です!!
Kintamani-003.jpg
キンタマーニ。

様々な妄想を抱かせてくれる素敵なネーミングざますね。ずっと由来とかが気になっていたんですのよ。でも、その名前の由来を知ってる人はバリ人の中にもいませんです。

今回、ガイドのドリアナさん(別名・ちっちきちぃー)に聞いてみたとこ、

昔々、中国人の陳さんが開いた公園(=タマン)ってことで、『ちんたまん』という名前が付いたそうで、それが由来だそうですよ。
『ちんたまん』、これまた弱っちぃヒーローみたいなお名前ですのぉ・・・。

んで、「人」をあらわす『ニ』ってのが付いて、『ちんたまんに』となり、それがいつしか『キンタマーニ』となったそうです。

にわかには信じられないようなお話です。

だって元々が、きんたまではなく「ちんたま」だったなんて、出来過ぎじゃないですかい!?

その名前から、「どんなとこなんだろ!?行ってみたいっ!!」と胸躍るキンタマーニ。

まぁ結論から言いますと、

なんもないっすよ!!

じゃったらなんでそんなに人気なんかい!?

キンタマーニ高原ってのはですね、バリ島の東北部にある高原です。バトゥール山(標高1717m)と、バトゥール山火口湖のバトゥール湖を望む、超絶景スポットです。
イメージ的には大山と蒜山を足したような場所ですが、特に牛乳が有名ってわけではござぁせん。

そんな絶景が欧米人の心をとらえ、そんな名前が日本人の心をとらえているんです。

そんでもってバトゥール山ってのは、実は活火山なんです。

最近では、1917年と1926年に噴火しました。見た感じでは、噴煙は上がってなかったんですがねぇー。

ですが、溶岩が流れ真っ黒になり草木も生えてない尾根を見ると、「山は生きている」なんてのをしみじみと感じます。

西側には、レストランやホテルなどの観光施設があります。

ここは有名な、『レイクビューレストラン(LAKE VIEW RESTAURANT)』でござぁす。
Kintamani-001.jpgKintamani-002.jpgKintamani-004.jpg
ここには毎日たくさんの観光客が訪れています。
お昼はインドネシアビュッフェをやってて、こてこてのインドネシア料理ではなく八宝菜なんかもある中華料理っぽい感じで日本人のお口にも合うはずです。
ここにバリ島では珍しいパンプキンスープがあったんで、「おっ、すげっ!!」と喜び勇んで飲んでみたんですが、あーた!!薄いってかなんつーか・・・。悲しい一品でした。

テーブル数は多分、150席ほど。テラス席もございます。

しかし、写真右の木の柵は信じて寄りかかっていいのか、不安だけが募ります。

レイクビューレストラン(LAKE VIEW RESTAURANT)
住所 : Penelokaw, Kintamani, Bangli
電話番号 : 62-366-51394
営業時間 : 8時から22時まで
場所・アクセス方法 : ギャニャール県をマス村、ゴアガジャ方面へ行き、バンリ県に向かい更に北上って、大まかな説明ですんません。
南部のホテル(例えば、バリパドマ)からは車で大体2時間程。

◇今日のルピアレート◇

2008年9月23日 : 1円 = 88.10ルピア

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

中華航空機の事故

怖い事故がありました。
China-Airline-001.jpg
2008年9月20日に、台北発のバリ島・デンパサール行きの中華航空681便が晴天乱気流に飲み込まれた影響で機体が激しく揺れ、30人の負傷者を出すという事故が起きました。

事故が起きた、中華航空681便は、高度37,000フィートの上空を飛行中、突如晴天乱気流に飲み込まれて高度が一気に200フィートも下がるなどと言った激しい揺れに襲われました。

乗客、客室乗務員など30人が負傷し、そのうちの6人が肋骨を折るなどの重傷を負いました。

ところで、晴天乱気流とはなんでしょうか!?

晴天が付くってそれだけで、なんだか楽しそうな雰囲気なのですが・・・。

ってことで困ったときの、ウィキペディア(Wikipedia)様々。

晴天乱気流(せいてんらんきりゅう、Clear-Air Turbulence : CAT)とは、雲のような視覚的な兆候をまったく伴わずに起きる気団の不安定な移動である。

ほぉ、ってことは肉眼では確認できないんですね。

更に読むと、

「エアポケット」と呼ばれることもある。大幅に異なる速度で移動している空気の塊同士が衝突する時に起きる。
高高度(7,000-12,000m / 23,000-39,000フィート)ではジェット気流の周辺で頻繁に発生する。また、山脈の近辺で発生することもある。晴天乱気流は肉眼でもレーダーでも見つけることができないので、回避することも難しい。

しかし、シンチレーション計などの光学的に乱流を測定する装置を使えば、遠くから検知することが可能である。
この種の乱気流は、航空機の航行には危険な存在である。風速や風向が急激に変化することで、航空機の翼で生じる揚力が急速かつ予測不可能に変化し、激しい揺れが起きてしまう。
旅客機が乱気流に遭遇すると、機内で乗客や客室乗務員が体を投げ出されて負傷することがある(まれなことだが、1997年12月28日のユナイテッド航空826便の事故のように死亡事故に至る場合もある)。

ということです。

レーダーでも見つけることができないってのが怖いですねぇ。
いきなりじゃったら、ベルト着用サインとかも出てなかったんでは・・・!?ほいで、がくーんってやられたんですわな。

そーいえば、乱気流とかとは関係ないのですが、ジョグジャカルタのボロブドゥール上空はなぜかわからんけど、必ず揺れるそうです。不思議な気を出しているんですかねぇ!?

※写真は香港の空港に佇む中華航空機です。
私もよく中華航空を使って故郷に帰ってました。でも今回の事故は中華航空機云々ではなく、気流の問題ですけん、もしかしたらシンガポール航空だったかもしれんし、JALだって起こりうる事故なわけですよね!?

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

夜景の見えるイタリアンレストランで腹いっぱい!!

今日も食べ物ネタ。

でもいつもとちょいと違うわよん、イタリアンざます!!

人気レストラン、トラットリアがジンバランにオープンしていたんです。

お店は「スミニャックでかなり儲けたわね・・・」と思わせる白亜の館でござぁす。
思わず、「ここはニースかっ!?」と突っ込みたくなります。ニース、行ったことないけど。しかもニースはイタリアじゃなくってフランスじゃし・・・。

1階、2階、3階までありますわよ。

1階はガラス張りのエアコンルーム。

日中は暑いんで、ここがいいかもしれないですね。
写真撮ってないんでイメージしてもらいたいのですが、白い椅子、白い壁、胸毛がもっさぁーと生えたイタリア人、思わずバリ島にいることを忘れてしまう空間です。

2階はオープンエアー。

3階もオープンエアーざます。

3階にはプールがありますが、もちろん誰も泳いでいません。

そんでもって、トイレも3階にあります。

3階からの眺めは、お昼だと真っ青なオーシャンビューですし、夜はデンパサール国際空港に離発着する飛行機やジンバランビーチやクタの夜景を望めます。

私が食べた、前菜スペシャルと、葉っぱの乗ったピッツァ
Trattoria-001.jpgTrattoria-002.jpg
ほら、いつもレレだ、テンペだ、タフだってのを食べてると、ルッコラのことを「葉っぱ」なんて言ってますわよ、恥ずかしいですねぇー。

右の前菜は正式名称「Antipasto Della Casa」と言います。
なんとですね、7種類もの前菜群がどどーんと登場しますよ。知らなかったとは言え、たまげる量です。
あさりの酒蒸し・トマト風味、白身魚フライ・トマトソース、ツナと温野菜のサラダなんかがありました。
しかし、世の中にはトマト嫌いのイタリア人ってのはいないんですかね!?トマト嫌いのイタリア人にとってはイタリアってとこは住みにくいとこでしょうね。

葉っぱのピッツァは、「4 Formaggi E Rucola」と言います。

葉っぱがまだシナっとならんうちにさくさく食べましょう!!
チーズとトマトとルッコラのコラボ(?)を考えた人に感謝したくなる、そんなお味でございますよ。

ちなみにここよりもルッコラがどばーっとたくさん乗ってるレストランは、レギャンの「ザンジバー(ZANZI BAR)」です。お好きな方は是非、お試しください!!

全品、かなり量が多いので頼み過ぎに注意ですよ!!

しかしまぁ、ここのスタッフはよく動きます。

バリ島のある意味で名物の、「ちゃんと目が合ってるし、手挙げて呼んでるのに無視するスタッフ」ってのがいませんぜ。

可愛い子が多いのもうれしいです。

トラットリアジンバラン(TRATTORIA JIMBARAN)
住所 : Jalan Wanagiri, Temple Hill Studio, Jimbaran
電話番号 : 62-361-8616924
場所・アクセス方法 : ウルワツ通りとリッツカートン様へ行く四差路をリッツ様方面に向かいすぐ左側。
ジンバランのホテル(例えば、インターコン)からは車で約5分ほど。

◇今日のルピアレート◇

2008年9月19日 : 1円 = 87.35ルピア

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

西ジャワ料理を食べようじゃないか!!

今日もインドネシア料理をご紹介します。

『スレラクリン(SELERA KURING)』というレストランです。

スレラクリンなんて名前で、イタリアンとか日本食とかおフランス料理なわけがないっ!!

そう、西ジャワ料理ですよ。

西ジャワ、バンドゥンなどではインドネシアでは珍しく、生野菜をたくさん食べるんです。

生のもやしやキャベツ、ハーブの上にピーナッツソースをかけた、カレド(Karedok)なんかが有名ですのぉ。
なもんで、生野菜をたくさん食べるバンドゥンの人たちは肌がキレイな人が多いと聞きます。言われてみると、私の知ってるバンドゥン人は肌つやが良かったような気がします。

知ってる人は3人しかいないんですけどね・・・。

3人しか知らんくせにバンドゥンを語るなっ!!と怒られそうですわ。

さて、私にとって西ジャワ・バンドゥン料理といえば、これです。
Selera-rest-002.jpg
こーいうポーズがヨガにないっすか??

こちら、「グラミーゴレン」です。

「グラミー」ってのはですね、淡水魚です。
そんなグラミーを1匹まるごと揚げて、サンバル(チリソース)を付けていただきます!!
外はカラっとサクっとで、中は白身がふんわりとしていて、ご飯がご飯がすすむくんです(←古いねぇ)。
ヒレとかも食べちゃいますぜ。(そんなに腹が減ってるんかい!?)

レストランの場所は、スミニャック(クロボカン)と空港を結ぶサンセットロードの中間にございます。

こんなデカい看板を見たことある人、多いのでは・・・!?
Selera-rest-001.jpg
こんなデカい看板な上に、エントランスには、謎の美女の像があり、「高そうー」、「バイクでの来店、お断り」ってなオーラーをプンプンと出しているのですが、実は意外とリーズナブルなお値段なんですよ。

ちなみに、上の「グラミーゴレン」は、Rp36,000(約400円)ですよ。
これ1匹で大人3人が満足できますぜ。

レストランの名前になってる、スレラ(SELERA)ってのはですね、「食欲」って意味なんです。

でも「愛欲」って意味もあるそうですよ。うひひ・・・。

ちなみに、クリン(KURING)ってのはスンダ語(西ジャワ)で「レストラン」という意味です。

大変、勉強になるブログですねぇー。

でもスレラもクリンも日常会話では滅多に使わないでしょうねぇー。

スレラクリン(SELERA KURING)
住所 : Jalan Sunset Road No, 88 Kuta
電話番号 : 62-361-7454627
営業時間 : 11時から22時まで
場所・アクセス方法 : 空港、ヌサドゥア方面からバイパスを突き抜け、サンセットロードへ。イマンボンジョール通りと交わる交差点の次の信号右側にあります。
しかし、また次の信号まで行ってUターンしないと、入れないような・・・。
クタ地区のホテル(例えば、サンティカビーチ)からは車で約20分程。

今日から、本日のルピアレートをお知らせします。

2008年9月18日 : 1円 = 89.75ルピア

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

一夫多妻で有名なウォンソロレストラン!!

今日はですね、色んな意味でお世話になっているのに、このブログで紹介しない上、「下痢になっちまう」なんて暴言を吐いてしまったレストランのご紹介をします。

それはうちの会社の前にどどーんと建つ、『ウォンソロ(WONG SOLO)』です。

私が紹介するに至った理由、それは、

・ここ何回か食べたけど、下痢せんようになった。
・ここ何ヶ月でご飯が私好みの固めの美味しいものになった。

からでござぁす。(偉そうじゃね)

こちらは、「アヤムバカール・ウォンソロ」と名乗っているくらいなんで、ホントはアヤムバカール(鶏の炭火焼き)が自慢のメニューなんでしょうが、私はここではパケット・レレしか食べません。

おでかけですか、レレレのレ?

レレ(Lele)ってのは、ナマズのことでござぁすよ。見た目がすごくグロいので、繊細な人は見た目だけでダメかもしれません。

ナマズと言えば、秋篠宮殿下ですわね。

こんなもの食べちゃってますよ、奥さん!!
Wong-solo-002.jpg
ナマズのボディは白身でその顔ほどクセがなく、インドネシアではレレゴレン(ナマズの唐揚げ)にして食べます。

このパケット・レレはですね、レレが1匹とタフ、テンペ、それからマーボーナスみたいなモノ、それからご飯が付いています。
タフ、テンペ、レレにはウォンソロ秘伝の唐揚げ粉的なものがついています。
タフとレレはその秘伝の粉に抱かれることによってその美味しさを増すのですが、テンペはなんとなく合わないような気がします。

先日食べたときは、付け忘れていたのかどうかわかりませんがいつにも増して美味しかったです。こうなりゃ、いつも忘れてほしいもんです。

こちらウォンソロ・クタ店は、ジャワ島のソロ特有のリマサン(LIMASAN)と呼ばれる木造建築スタイルで建てられた中々素敵なお店です。

ちなみによく耳にする、ジョグロってのは同じくジャワ島のジョグジャカルタの建築スタイルです。

違いはリマサンのほうは柱が5本(インドネシア語で5はリマどす)なんですのよ。

ここは2階に座敷があります。
Wong-solo-001.jpg
昨日ご紹介した、トゥガルサリのウッデンルームの室内もここの2階席みたいな感じです。

扇風機は1階のホールに向かっているので、2階は風が吹かない日は非常に暑いのですが、家族連れやカップルに大人気です。

さてウォンソロというと、オーナーのおっさんにはいっぱい奥さんがいて、その各地にいる妻たちに1軒ずつお店を与えたという武勇伝が有名でござぁす。

さっき支店の数を数えてみたら、28店もありやんした。

ってことは28人の妻たち!?

しかも国を超え、マレーシアにもお店がありますで!!

私もオーナーのおっさんの29番目の妻になり、ウォンソロ・広島店を開きたいもんです。

ルママカンウォンソロ(RUMAH MAKAN WONG SOLO)
住所 : Jalan Raya Kuta No,87 Tuban
電話番号 : 62-361-7435459
営業時間 : 10時から22時まで
場所・アクセス方法 : プラザバリの反対側にあるラヤクタ通りを、400m程北上します。すると「ANAP」のアウトレットがででんと登場します。その道路挟んだ反対側にあります。
クタ地区のホテル(例えば、サンティカビーチ)からは車で約10分程です。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

トゥガルサリの人気の秘密は・・・!?

ウブドに、『トゥガルサリ』という、妙に人気のあるホテルがございます。

宿泊した人はチェックアウト時に半年後もしくは来年の予約をして帰るほどだそうです。

トゥガルサリを中心に航空券の予約をしたり、年休を取ったりするってわけですね。

なぜにそがぁに人気なんかい!?と思い見に行ったんですよ、見に行ったものの正直言って何が魅力なんかわかりませんでした。もしかしたら宿泊者が集団催眠にあってるのかもしれません。

ぐだぐだ言ってないでお部屋をご紹介しましょうかね。

こちらは、『ウッデンルーム(Wooden Room)』です。
Tegal-Sari-007.jpgTegal-Sari-006.jpg
Woodenというくらいなんで、木でできた素朴な感じのお部屋です。萱葺き屋根のいいにおいがします。
太っちょの欧米人夫婦が宿泊したらお部屋が壊れそうです。そろーっと歩かねばいけませんで。タップダンスなんてしちゃあダメです。
なんか建物自体も高床式倉庫みたいです。

そんでこちらは、『スーパーデラックス(Super Deluxe)』です。
Tegal-Sari-004.jpgTegal-Sari-003jpg.jpg
Tegal-Sari-002.jpgTegal-Sari-005.jpg
田んぼ沿いを歩いて行くと敷地の奥に、妙に新しいビルディングがあります。
お部屋は、クィーンサイズベッドとシングルサイズベッドがあり家族での宿泊もいいかもしれません。
お風呂も広々としていて、清潔です。

ウブドのホテルって部屋の中が暗いってことが多いのですが、なんだかいたるとこに電気がありますし、田んぼ向かって大きいガラス張りのドアがあるので明るかったです。

さぁ、ここまで見たもののいまだに「別になんてことはない、フツーのウブドのホテル」という感じで、一緒に行ったベル氏と、何がそがぁに良いのかわからないままわだかまりが残っていました。

じゃあ、泊まった人の声を聞こうじゃないか。

すると、まず皆さんが最初におっしゃるのは、

「スタッフが素晴らしい!!」ということです。

どがぁに素晴らしいんかい!?と更に突っ込んで聞いてみると、「程よい距離で接してくれる」、「絶対に変なツアーやアクティビティを勧誘してこない」、「嫌味じゃない笑顔がいい!!」ということでした。

更に「もっすごい丁寧に掃除してある!!」ってのも好印象ですわな。

そんでもってこの値段。

・スーペリアルーム : 1部屋1泊、Rp330,000
・デラックスルーム : 1部屋1泊、Rp440,000
・ウッデンルーム : 1部屋1泊、Rp440,000
・スーパーデラックスルーム : 1部屋1泊、Rp550,000
・ドゥプレックスルーム : 1部屋1泊、Rp660,000

※2008年9月現在の料金です。
※ハイシーズンの料金はお問い合わせください

お客さんをナンパしようとするどこぞの高級ヴィラとはえらい違いですのぉ。いくら箱が良くっても、中がゴミまみれだったら意味ないっすもんね。

これはオーナーのスタッフ教育の賜物ですわね。

高級ヴィラよ、威張ってる場合じゃないっすよ!!
日本語ガイドよ、ちょっとクドくしてはいないかい!?

さてトゥガルサリのお部屋から丸見えの田んぼたち。
Tegal-Sari-008.jpg
上の写真は、ロビーからの眺めです。
ウブドもちょいと空き地がありゃあヴィラを建てちゃったりしてるんで、ここも何年後は田んぼじゃなくなるんじゃろうか・・・、と心配しているアナタっ!!ご安心くだせぇ、目の前に広がる田んぼもトゥガルサリの土地なんざますよ。

ちょっと良い1枚。
Tegal-Sari-001.jpg
曇ってきてて残念ですわな。

サービス業とはなんぞや・・・ってのを教えてもらった気分ですわ。

トゥガルサリ(TEGAL SARI ACCOMMODATION)
住所 : Jalan Hanoman, Padang Tegal, Ubud
電話番号 : 62-361-973318
場所・アクセス方法 : デンパサール方面から、ウブドへ向かいARMA美術館を過ぎ道なりに進みます。プラマシャトルバスの手前100m程の場所に看板があります。
デンパサール国際空港からは車で約1時間15分程。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

お得なランチメニューがおススメの、タラス!!

さて今日は、人気のレストランをご紹介します。

ここは結構在住者の間で流行ってて、色んなとこで紹介されとります。

なので説明いらんでしょう、『ザ・タラス(THE TALAS)』の登場です!!

人気は、お昼のセットメニューです。

セットメニューは、「和風ハンバーグ」「エビのカレー炒め」「コロッケ&から揚げ」「グリーンカレー」「フォー」の5種類あり、料金は大体27,000ルピアから35,000ルピアです。

しかもですね、前菜として生春巻き、それから食後のデザート、さらにアイスもしくはホットコーヒーも付くんですねぇー。経営状況は大丈夫なんだろうか・・・と不安になりますが、いまのとこ急な値上げもないので大丈夫なんでしょう。

ここには日本語ベラベラのバリ人オーナーがいます。

長年、日本の居酒屋で働いていたというだけあって、なんだか日本人みたいな気遣いのできるおにぃちゃんです。

もうひとりここにいるスタッフのにぃちゃんは、絶対インドネシア語しか話さない人で、私が広島から来た知り合いの人と行った際も、その人はインドネシア語がわからんのに、にぃちゃんはずーっとインドネシア語で話しかけていました。その鈍感さもある意味貴重です。

何が好きって、私はこの生春巻きが1番好きです。
Talas-05.jpg
香菜とほんのりシソ風味の葉っぱ(シソか!?)と、プリップリのエビちゃんが入っていて、それを甘辛いソースに付けて食べるんですが美味いっす!!
こんなにまるまる1本もいいんですかい!?と思わず問い正したくなります(しないけど)。

こちらは、「コロッケ&から揚げ」「グリーンカレー」です。
Talas-004Talas-002
コロッケにおいて私は、じゃがいもが中で自己主張してるような、まだゴロゴロ感の残っているのが好きなので、若干ここのはやわらかいかなぁーという印象です。ぶっちゃけますと、近所に住む奥さんが作ってくれるコロッケがバリ島で1番美味しいです。(非売品)

グリーンカレーはココナッツミルクたっぷりで美味いっす!!
中には、鶏肉、なすび、マクアポッという丸いナス、ズッキーニ、唐辛子、レモングラス、香菜なんかがわっさわっさと入ってますぜ。

そんで楽しみのひとつ、日替わりのデザート
Talas-003Talas-001
左はタピオカミルク、右は宮城県名物ずんだ餅です。
ずんだ餅ってヤツを初めて食べましたよ。きなこかと思ったんですが違うんですね、なんと枝豆だそうですよ。久々のお餅、美味しかったです♪

1日1メニューの日替わりデザートなのに、なんで2種類のデザートの写真があるんじゃい!?と思った方!!アナタはスルドい!!

これはですね、日を改めて食べに行ったからでござぁす。いつもだったら行く度に更新してネタ不足を補おうとする私が、珍しく更新を我慢しネタをあたためていた結果です。やればできるっ!!(自画自賛)

とまぁこちらでは、こんな感じで色んな国のものが食べれるんですねぇー。

クタの中心地からは若干離れているものの、行く価値のあるお店です!!

ザ・タラス(THE TALAS)
住所 : Jalan Merta Nadi, Kuta
電話番号 : 62-361-7474778
営業時間 : 11時から23時まで
定休日 : 毎週火曜日
場所・アクセス方法 : サンセットロードからクタ中心地へ向かう橋渡し的道路である、ムルタナディ通りにあります。パパイヤスーパーマーケットと同じ通りですな。
クタのホテル(例えば、サンティカビーチ)からは車で約15分程。
※料金にプラス10%の税金がプラスされます。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

幻のお酒、トゥアック!!

ぼちぼちと、雨が降り始めましたよ、雨季ですかね!?

しかも先週の土曜の夜は停電でした。

雨にぬれて帰る + 停電 = ものすごく憐れな気分になる、という公式があります。

嫌ですねぇ、雨季。まったくウキウキしません。

今日はですね、珍しく『お酒』の話なんぞを・・・。
Tuak-Image-002.jpg
どうでもいいんですが、私の好きなお酒は、梅酒です。

多分、インドネシアでは日本食レストランに行かないと呑むことのできない一品ですなぁ。
インドネシアおよびバリ島のお酒って言うと、「ビンタンビール」「アラック」「ハッテンワイン」しか知らん私。

梅酒とか酎ハイってのは、「あー、美味しいのぉー!!」と思いながら呑んでるんですが、アラックってアラどうよ、なんだか臭いしなんだか優しさのないアルコールって言うんですかね、今まで無理して呑んでたような気がします。

アラックはスーパーなどでも売られてて観光客の皆さんにも馴染みがあると思いますが、今日は幻のお酒である「トゥアック(TUAK)」をご紹介します。

トゥアックとはですね、椰子の樹液でできたお酒でござぁす。

椰子の枝を切って放っておくと、樹液が出てくるんですよ。それを溜めておくと自然発酵するんですね。これを呑むんです。

アルコール度数は、そない高くないはずです。

多分、10度未満ですかね!?

そんでもって「発酵=生きている」ってわけで味は定まっていません。

私は近所のお師匠さんの家で呑んだのですが、毎回味が違いますし日が経つとまた違った風味が出てくるんですよ。

お師匠さんは近所に住むタクシー運ちゃんからトゥアックを入手したらしいのですが、最初にもらったソレは完全発酵をする前だったので糖分も残ってましたし、スパークリングワインのようであり、なぜかフルーツの香りもし、最高に美味しかった!!ということです。

私が飲んだのは、パーム椰子から作られた完全発酵後のものでした。

パーム椰子ってのといわゆる普通の椰子ってのは違うんですね。タクシーの運ちゃんに聞いて初めて知りました。

調べていく過程で写真も見たのですが、葉っぱ(?)がふさふさで普通の椰子の木は、残り少ない毛をなんとかしようと努力しているおっちゃんのようじゃのーと思いました。

パーム椰子ってのを聞くと、洗剤を思い浮かべたアナタ!!

私もです!!

パーム椰子は果肉と種子から油脂が取れるんですねぇー。そんでもって、単位面積当たりで得られる油脂の量は植物の中で1番であるため、商業作物としてマレーシアを中心に大規模な栽培(プランテーション農業)が行われているんです。おぉー、洗剤のCMで見たことあるわい!!

そんなパーム椰子から作られたトゥアックを呑んだのですが、なんだか臭い・・・。このにほひこそ完全発酵の証だそうです。また次の日に呑んだら、たくわんの匂いがしました。(それをおならのにほひと言った下品なワタクシ)

慣れてくるとホイホイ呑めます。

なんだか白ワインのような、広島県のお酒「幻」の赤箱のような感じです(いや、褒めすぎたわい・・・)。

お師匠さん自慢の椰子の実で作られた杯で、戦国武将呑みをしてると、ホンマにアッと言う間に1瓶空になっています。

でも「酔ったどぉー」という認識はナシ。

しかしですね、驚いたことに立ち上がった瞬間にグラリとし、中々立ち上がれんのんです。1瓶を2人で呑めば当たり前ですわな・・・。お師匠さんも呂律が回らなくなってました。

どがぁな味かいね!?と思い呑みたくなった方、多いはずです。

しかしですね、自然発酵酒なので日持ちしません。ちなみに日持ちをするよう、蒸留したものがアラックなんですよ。

なので幻なんですねぇー。ますます呑みたいでしょ!?

※ちなみに上の写真はですね、トゥアックがなんだか好きそうなにぃちゃんじゃのーってことで載せてみました。ジャワ人です。なのでお酒は呑まんかもしれません。こんな顔して、大の甘党かもしれんっす。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

コマネカがもう1軒ウブドにできました!!

久々の更新でござぁす!!

あの、ウブド王族を凌ぐ勢いと私が勝手に思ってる、ネカ美術館のオーナーのネカファミリーがまたまたやっちゃいましたぜ。

なんと、コマネカリゾート、コマネカリゾート アット タンガユダに続いて、『コマネカ アット ビスマ(KOMANEKA at BISMA)』をオープンする予定です!!

コマネカビスマはですね、ウブドのビスマ通りにあります。

なので、コマネカ アット ビスマという名前なんですね。

もうちょっとひねった名前にすりゃあいいのに・・・、と思わなくもないですけんど。

自慢のメインプールロビーはこんな感じです。
Komaneka-Bisma-pool.jpgKomaneka-Bisma-lobby.jpg
パッと写真を見る限りではアユン渓谷とか、パヤンガンの渓谷のようでございますねぇー。
こんな風景がビスマ通りという、まだまだモンキーフォレスト通りに近い場所に隠れていたんですねぇ。ウブドも中々奥が深いです。

ちなみにこちらはチャンプハン川の渓谷にあるそうです。

ますますよくわからんようになりました。

お部屋はこんな感じです。
Komaneka-Bisma-003.jpg
ビルディングタイプのスイートルームが34部屋エレガントなヴィラが10棟という、ウブドにしては、まぁまぁ大きめリゾートですね。

各ヴィラには、なんと長さ12mのプライベートプールがあります。
常々、「コマネカのプライベートプールは小さいやんけ・・・」と文句を言われ続けた腹いせでしょうか!?そんなに長くしちゃって。
でも幅が50センチとかかもしれんです。(んなわけないでしょうけど・・・)

そんでもってこちら、ウブドのホテルのくせに施設も充実しています。

まず、オリンピックの半分のサイズだぜってのが自慢のメインプール!!
ここで泳ぐ人はスピード社でも他のブランドの水着でもかまいません。

そんでもって円形のお子様用プール、ロビーバー、スパヴィラ、ヨガ施設、フィットネスジム、500mのジョギング専用トラック、ミーティングルーム、ウェディングチャペルまでございますよ。

さてこちら、2008年末にはオープンの予定です。

気長に待ちましょう!!

コマネカ アット ビスマ(KOMANEKA at BISMA)
住所 : Jalan Bisma, Ubud
電話番号 : 62-361-971933
場所・アクセス方法 : モンキーフォレスト通りと王宮のある通り(ラヤウブド通りですね)の交差するところを左折。プリルキサン美術館を過ぎ、100m程行き、左折。そこから1本道をひたすら900m程行った右側。
噂ではモンキーフォレスト通りからビスマ通りに抜ける道があるらしいとか・・・!?
デンパサール国際空港からは車で約1時間ほど。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

カンクン(空心菜)に見る、女子への気遣い・・・。

今日はですね、またまた「食べ物ネタ」でござぁす。

しかも、またまたインドネシア料理。

以前にもご紹介したことのある、『ワルンスプラッシュ(WARUNG SPLASH)』の登場でござぁす。

この前はイチオシメニュー(であろう)、タコライスをご紹介したのですが、今日はナシチャンプルをご紹介しますよ!!

こちらでは毎日、ジャイ子に似たバリ人のおばちゃんが愛情を込めて作った10種類以上のおかずがショーケースの中に並んでいます。

しかもナシクニン(ターメリックライス)と白いご飯を選ぶことができますし。

今日はこんな感じで選んでみました。
Wrg-Splash-NK-001.jpg
ナシクニンは正直言って、普通のワルンの方が美味しいっす。
パラパラ感がないですし(もち米入れとるけんね)、あとナシクニン特有のあの香辛料臭が薄いってのもナシクニンファンの私にとっては非常に寂しいことです。

ナシクニンの香辛料臭は嫌いだけど、見栄えがよくインドネシアっぽいナシクニンが食べたいという人(そんな人はいるんでしょうか・・・)にはもってこいのナシクニンです。

今回選んだおかずはですね、カンクン(空心菜の炒め物)、ビーフン(春雨かも!?)バビケチャップテンペです。

テンペは、その身をサンバル(チリソース)にゆだねています。テンペプニェみたいな感じで辛いっす。

カンクンを食べる際、私はあのジャイ子似のおばちゃんの「仕事」を感じましたわよ!!

カンクンってのは茎(?)と葉っぱを食べる野菜ですね、なので切らずにそのまま炒めてどぉーんと出てくる場合が多く、すするのか噛むのか、しかも長いのでふらふら揺れて中々口に入らず、そうこうしてるうちにタレが口の周りに飛び散り、食べ終わった後は惨劇のあったかのような顔になる・・・という非常に食べづらいものなんです。

「気になる男子と始めての食事のとき、カンクンを注文しちゃダメ!!」

ってのがインドネシア女子の合言葉になっているそうです(嘘です)。

そんなカンクンがですね、こちらでは4~6センチの長さに切ってあるんですのよ!!なもんで、食べやすい!!お子さんも喉につまらせることなく食べれるでしょう。

これで女子も気兼ねなくカンクンを食べることができます。

もしかしたらジャイ子おばちゃんもその昔、好きな男子とのデートでカンクンが食べにくく、苦心している顔を見てドン引きされフラれた・・・という過去があるのかもしれません。

しかし、見た目が日頃見慣れているカンクンではなく、ニラ(インドネシア語ではクチャイ)っぽいので、つい「やだ、口がクチャイじゃん・・・」と新たな問題が勃発しそうですが、安心してくだせぇ、こりゃあカンクンです。

ワルンスプラッシュ(WARUNG SPLASH)
住所 : Ruko Nusa Indah Blok 5 Jalan Raya Kuta No,87 Tuban
電話番号 : 62-81-23842175
場所・アクセス方法 : プラザバリの反対側にあるラヤクタ通りを、400m程北上します。すると「ANAP」のアウトレットがででんと登場します。その反対側にアヤムバカールと一夫多妻で有名な、「WONG SOLO」があります。その斜め前に目指すワルン・スプラッシュはあります。黄色い壁が目印です。
クタ地区のホテル(例えば、サンティカビーチ)からは車で約10分程です。
営業時間 : 10時から22時まで
定休日 : 毎週月曜

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

絶品です、テンペバカール!!

食べ物ネタが続きます。

断食中の皆さん、すみません。

でも私が撮った写真は不味そうなので、むしろ断食中の人向けかもしれませんです。

先日、友達と美味しいテンペバカールを食べにいきました。

テンペバカールとは、テンペをバカールしたものでございます(ってそのままじゃんけ)。

私はテンペ&タフというインドネシアの2大食の貧民が大好きなんです。

テンペの美味しさは日本人にも比較的受け入れられているけれど、タフは拒否反応を示す人が多いように思います。以前、あまりの美味しさにぶったまげた「マリオボロレストラン」のタフを妹と一緒に食べに行ったとこ、「うーん、イマイチ・・・」という悲しい反応でした。

タフもタフという日本の豆腐みたいな名前じゃけぇ、日本人も「ほぉ、豆腐かい!?」って思い舌と脳下垂体(??)と胃袋が準備をして意気揚々と食べて、「豆腐じゃないじゃんけ・・・」とがっかりするんじゃと思います、食感とかが微妙に似てますしね。
んで、「やっぱ日本の豆腐は美味しいのぉー」ってことで再び箸をつけることなくテーブルの隅に追いやられるんですよ。

だから、タフなんて中途半端な名前を捨て何か新しい名前をつけてほしいもんです。

こーいう訴えはどこにしたら、いいんですかね、ユドヨノ君宛てですかね??

私が言いたいのは、豆腐とタフを比べないでくださいっつうことです。

さて、こちらが友達おススメのテンペバカールでござぁす!!
Arema-002.jpgArema-001.jpg
これ、肉っ!?ってな食感と甘いソースの香ばしい匂いでご飯がすすむ、すすむ!!
テンペをバカールしようと思った人よ、ありがとうっ!!そんな風に言いたくなるようなお味でござぁす。

あっ、バカールは「焼く」という意味で、こちらのお店では、炭火焼にしております。

んでサンバル(チリソース)も辛くて美味い!!

テンペやタフには、トマトたっぷりの生サンバルで食べることが多いので、最初はこの唐辛子中心のサンバルに難色を示したのですが、これもおおいにアリです。

ちょい濃い目のソースと、辛いサンバルでぐちゃぐちゃになった口内に、クマンギ(インドネシアのバジル!?)を投入すると、清涼感溢れます。
クマンギは砂漠の中のオアシス的存在ですな(大げさな・・・)。

お店の名前は、「アヤムバカール・アレマ(AYAM BAKAR AREMA)」というので、本当の目玉メニューは、アヤムバカール(鶏肉の炭火焼)です。

バカールはゴレン(揚げ物)より、そりゃあもちろん健康的です。ちょいと高いですけんど。

お店はこんな感じです。
Arema-003.jpg
フジテレビの露木さんみたいなおっちゃんがいます。露木さんがオーナーのようです。

場所は、デンパサールのイマンボンジョール通りです。
トゥクウマール通りと交わる交差点よりクタ寄りにあり、隣りには年中セールってな感じのカバン&靴屋さんがあります。
通りに面した場所に看板(垂れ幕!?)あります。

ちなみにですね、お店の名前の「アレマ(AREMA)」ってのはですね、驚いたときに発する「あらまぁー」って意味ではなく、

「アレ(ARE) = ANAK(子ども)」
「マ(MA) = MALANG(マラン)」

という意味で、アナッマラン(マランの人、若者)のお店という意味でござぁす。

マランってのは、東ジャワ島にある都市の名前です。

お昼も開いてますけど、毎日かなり混んでいます。
また注文が入ってから焼き始めるので、多少時間がかかりますが、露木さんに対して怒ったり、物を投げたりせず、気長に待ちましょう!!

アヤムバカール・アレマ(AYAM BAKAR AREMA)
住所 : Jalan Iman Bonjol, Denpasar
電話番号 : 不明
営業時間 : 11時から22時まで
場所・アクセス方法 : ラヤクタ通りからイマンボンジョール通りへ向かい、トゥクウマール通りとの交差点の500m程手前右側。見落としがちなんで要注意です。
クタのホテル(例えば、サンティカビーチ)からは車で約20分ほど。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

ジャワ風ケーキ!?

福田総理辞任のニュースはコチラ、インドネシアでも結構報道されています。

今朝のバリポストにも載ってましたし。

福田総理は前に、日本とインドネシアの友好なんちゃらの会長かなにかをやってたようで、そんな福田さんが総理になったってことで、インドネシアはますます日本との関係が良くなるんじゃねぇかってことで期待をしていたようです。

なので突然の辞任に動揺を隠せないようです。

アメリカの大統領候補オバマ氏(ノッチではないです)の、お母さんの再婚相手がジャカルタの人だったそうで、もしもオバマ氏が大統領になったらアメリカとインドネシアもちぃとは良い関係になるんじゃないか・・・と考えてるインドネシア人は多いです。

外交ってそんな簡単なもんなんでしょうかね!?

さて今日はシオマイ、パダン料理と続けざまにインドネシア料理をご紹介し、「コイツはもうちっとえーもんを食ってないんかい!?」と思われてはなんなんで今日はちょいとたまげた素敵なデザートをご紹介します。

さて、友達とご飯を食べに行って、「もうちょっとしゃべりたい!!」ってなときに、どこに行くか!?バリ島ではそんなカフェ的なもんな少ないように思うんですよね。

そんなとき私は、「バリベーカリー(BALI BAKERY)」に行くんざます。

バリベーカリーは、デンパサールのハヤムウルック通りとクタのラヤクタ通りの2件にあります。毎日いつの時間帯も混んでる人気のカフェ兼レストランでござぁす。

昔々、パパイヤもブレッドトークもない頃は、ここのパンがバリ島の中で1番美味しくって(私の中で)、遠回りしてでもパンを買いに行ってました。

今回食べたのはこのケーキ♪
Bali-Bakery-001.jpg
名前は、「ジャワニーズケーキ」(多分)。

なんでジャワなんじゃあ思います!?

それはですね、多分なんですけどジャワ島に縁のある「コーヒーパウダー」「ココナッツ」なんぞが入ってるからではないかと・・・。

しかもですね驚くべきことに、白い層にはナタデココが入ってるんですよ!!こりゃあなんというか新食感ケーキですよ。

下から2番目のチョコレート系スポンジと白いムース状の間にココナッツがいます。

「バリ島のケーキじゃけぇ、甘いんじゃないんね!?」と誰もが思うでしょうが、そんなこたぁござぁせん。
食べ過ぎ注意の小さめサイズのケーキなので、ぺロっと5個はいけそうです(意味ないじゃんけ)。

こういう素材(ナタデココやらココナッツ)を使ったケーキは、南国フルーツ系のものに多いと思いますが、今回あえてチョコレートたちとのコラボレーションに挑戦したバリベーカリーの強い思いを食べながらひしひしと感じました。

値段は、確かRp18,000でした。

ジャワって名前が付くケーキだからって、カレーアヤムやスープブントゥッ味じゃあなくって良かったですねぇ。

バリベーカリー(BALI BAKERY)

クタ店
住所 : Jalan Raya Kuta 65 Banjar Abianbase Kuta
電話番号 : 62-361-755149
営業時間 : 7時30分から22時30分まで
場所・アクセス方法 : バイパスのシンパンシゥールをサンセットロード方面に行きます。カルフールを過ぎ、左折。パパイヤスーパーマーケットを過ぎ、信号の左側。
レギャン地区のホテル(例えば、バリパドマ)からは、車で約10分程です。

デンパサール店
住所 : Jalan Hayam Wuluk 181 Tanjung Bungkak, Denpasar
電話番号 : 62-0361-243147
営業時間 : 7時から22時30分まで
場所・アクセス方法 : サヌールのケンタッキーのある交差点を左折、デンパサール方面に行きます。ングラライ像のあるロータリーを右折し、300から400m程行った右側。
サヌールのホテル(例えば、ハイアットやサヌールビーチホテル)からは車で約15分程。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

インドネシア、バリ島の2008年9月の祝日&お祭り情報!!

Sep-image-001.jpg
さぁ今日から断食が始まりました。

これから約1ヶ月、イスラム教の皆さんは頑張ってください。

さて昨日の夜、近所のコンビニに朝食用のパンを買いに行ったんですよ。

レジに並んでてフト足元を見ると、折りたたまれた5万ルピア札が落ちてたんですよ。

これが例えば、1,000ルピアとかだったら、レジのにぃちゃんに「落ちてたでぇー」と言うのですが、5万ルピアは悩みました。
日本で言うと500円玉が落ちてたようなもんですかね!?
警察に届けるのもなんじゃし、ネコババしようかいね・・・というギリッギリの金額ざます。

私の頭の中では、

◇このお金でこのパンを買おうかいな。
◇このお金でついでにビールも買おうかいな。
◇このお金でさっき買おうかどうか悩んでたボディーソープの詰め替え用を買おうかいな。
◇このお金をそのまま財布に入れようかいな。

という選択肢が入り乱れておりやんして。

微塵も、

◇さっき前に並んでた子のだろうなぁ、渡してあげないと。

というのがありませんでしたよ。
でももしかしたら「ドッキリ」かもしれんですし(現にインドネシアでは道行く素人を相手にしたドッキリ番組が多いんです)、すんごいドキドキの時間を過ごしましたよ。

で結局、小心者の私は前に並んでた女の子に渡してあげましたよ。

すごい感謝されたんで、良かった良かった。

しかしこんなんでドキドキしとるようじゃあ、大悪人にはなれませんのぉー。

さて今日は月始めなんで、9月のインドネシアの祝日&お祭り情報をお届けします。

☆9月のインドネシアの祝日☆

⇒ありません。

☆9月のバリ島のお祭り集中日☆

15日(月) : 満月
⇒満月の日には、バリヒンドゥー教徒はお寺に行きお供え物を捧げます。
特ににぎわっているお寺は、デンパサールのジャガッナタ寺院とマタハリモール・ギャレリアの近くにあるグリヤ・タナ・キラップ寺院です。

24日(水) : プガッウワカン(Hari Pegat Uwakan)
⇒クリオン(バリ島の吉日)が水曜日にあたるこの日は、毎月吉日とされバリ島の人々はお供え物を捧げます。
特に、このブダ(水曜という意味のバリ語)・クリオンは、ガルンガンからクニンガンまでの一連の祝日を締めくくる重要な日とされています。
クニンガンから数えると25日目にあたり、ガルンガン前日から家々の前に立てられたペンジョール(お飾り)が、この日一斉に処分されます。

29日(月) : 新月
⇒この日も満月の日同様にたくさんの神事がバリ島各地で行なわれます。

今月末くらいから、断食明けの休暇の影響で混雑し始めるバリ島。
この時期は、空港へのご出発などの際は時間に余裕を持って出発しましょう!!

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。