バリ島 すめれけて日記

バリ島在住の広島女が、インドネシアやバリ島のあれこれをお知らせします。 アナタの知らないインドネシアを覗いてみてください!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド人に未来を占ってもらった!!

India-001.jpg
うちの会社には、やたらと訪問販売員がやって来ます。

豆乳、お香、絵。

この3点は断られても断られてもめげずに何度もやって来ます。

そんな中、珍しいもの(人!?)がやってきました。

それはターバンを巻いたインド人のおっちゃん。

来て早々、「ボスは、いるか??」と。ボスはいなかったので、「いないけど、何の御用ですかい??」と聞くと、「いや、実は俺、占い師なんだ・・・」と。

そんで私の顔を見て、「アナタはラッキーフェイスだ!!」とおっちゃん。

「占っちゃる」とやや強引に言い、そして「俺は良いことしか言わない占い師だ」と。
私が「あー、大丈夫っす。悪いことも言ってつかぁさい」というと、「ホントに大丈夫ぅー!?」と私の目を見つめ一言、

離婚する。

と。

まだ結婚もしてないのに、離婚を予言されちゃいました。こんなんなら、結婚すまーかいね・・・と思った私。

そんでここからおっちゃんの腕の見せ所。

まず、紙になにやらメモをし、私の左手にその紙を握らせるおっちゃん。
そして私に好きな花を3つ聞いてきた、おっちゃん。花に興味がないんで、テキトーに「ハイビスカスと百合と、もうない」と投げやりに答えた私。
(※ちなみに百合は、高校時代に百合子って名前ってだけで自分のことを「リリー」って呼んでる英語教師がいたので、そこから選びました)
おっちゃんは、「3つ言うんだ!!」と熱いので、考えぬいた挙句、「じゃあ、薔薇でいい」と。

そんでその3つの花の中から、「1番好きな花」、「嫌いな花」を決め消去、すると「どーでもいい花」の「薔薇」が残りまして。

それから、「1から5のうちで好きな数字を3つ」聞いてきた、おっちゃん。
なのに、「2、7、8」と答えてしまったマヌケな私。おっちゃんは、「1から5って言っただろ!!」と若干怒り気味。仕方なく、「2、3、4」と私。
そしたら、おっちゃんが先ほど同様に「1番好きな数字」、「嫌いな数字」を決め消去、「どーでもいい数字」の「3」が残りまして。(どーでもいい数字ってのもアレですなぁ)

そしておっちゃんが、この「薔薇」「3」という2つのキーワードが私が今手に握ってる紙切れの中に書かれていたら、「アンタはラッキー!!」と言うんです。

「んなアホな・・・」と思いつつ、インド人のおっちゃんと一緒に呪文を唱え、手を開き紙切れを開けてみると・・・。

おっちゃんの字で、

ROSE 3

と書いてありましてね・・・。私、事前に見てませんけんね!!

「オモロー」ってな感じで盛り上がる私とおっちゃん。

またこそこそと何か紙切れに書くおっちゃん。そんでさっきと同様に、左手に握らせます。

そんで次は、年齢と好きな動物を聞かれました。まぁ隠すことでもないんで、「30歳」、好きな動物は「犬」と私。

そんで次に、「昔、好きだった殿方の名前」を聞かれましてね。「やだ、恥ずかしい、思い出したくもない(!?)」などとわめきながらも、「○○くん」と私。

またまたインド人のおっちゃんと呪文を唱え、手を開き紙切れを開けてみると・・・。

おっちゃんの字で、

30 DOG ○○

と書いてありまして・・・。

再び、「オモロー!!」と。

「30」、「DOG」は偶然ってのも考えれるけど、「○○くん」はホンマに怖いんですけど・・・。

インド人のおっちゃん曰く、私は82歳という長寿を全うし、しかももがき苦しみながら息を引き取ったり、殺されたり、事故ったりして死ぬというわけではないそうです。

「ハッピーな死に方だ!!」と。

あと、大金を手にする時期、素敵な殿方に出会える時期をおっちゃんが教えてくれました。

そして、やっぱりと言うかなんというか。

インド人のたくさん写ってる写真を見せられ、「この人たちは、今精神修行をインドの山奥でやっている。こんな尊敬すべき人たちに、あんたはいくら寄付したい!?」と。

ほらほら、こんな技(?)がタダなわけがない。

渋々払いましたよ。この日は風邪ひいてたんで病院に行こうと思って、余分にお金を持ってたんでねっ!!くそったれっ!!

もしかしたら、おっちゃんは私が病院に行くために、いつもよりたくさんのお金を持っているのも予知していたのかもしれません。そんで私に狙いを定め占ったと・・・。

それだったらすごいですわね。

では、ここで私も占いっていうか、予言を。

☆もしもインド人と仕事をしたら・・・!?☆

インド人、特にこのおっちゃんのような人は、きっと日本でもターバンを巻いている。
つまり自分のスタイルを絶対に崩さない意固地な人物じゃ。
仕事でこーいう頭が固い人とぶつかると相手は決して妥協しないだろうし、もしも長い目で見て彼が悪くても絶対に謝らないだろう。

つまり苦労する。

こんなん出ましたぁー。(っていう占いのおばちゃんいたような・・・)

※写真はシンガポールの憧れのラッフルズホテルのおっちゃん。ほら、こんな気難しい顔しちゃって。同僚にこんなんいたら大変ですわよ。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
スポンサーサイト

コメント

nonamihoさん、コメントありがとうございます。

ただひっかかるカモが欲しくって言ったんじゃないっすかね…(とネガティブ)。
この前後2日間は、このインド人おっちゃんがウロウロしてるのをよく見かけてたんですが、今は見ません。もしかしたら私の夢だったのかも…。

占いは、最後に言った一言がすごく的を得ていてたまげましたわ…。

  • 2008/08/13(水) 17:33:56 |
  • URL |
  • ガチョン・キハラ #-
  • [ 編集]

こんにちは!
>「アナタはラッキーフェイスだ!!」とおっちゃん。
私もこんなこと、言われてみたいっす!
それにしても貴重な(奇妙な?)体験をしましたね。こんなインド人がバリにいるなんて、驚き!占いはあたりそうですか???

  • 2008/08/12(火) 15:05:40 |
  • URL |
  • nonamiho #-
  • [ 編集]

みーごれんさん、毎度コメントありがとうございます。

ここだけの話、2009年9月に良い出会いがあるそうです、ぐふふ…。

しかしすごい偶然ですね、みーごれんさんのバイト先にインド人が来るなんて!!
なぜにあんなに頑固にどこでもターバンを巻いてるんですかね!?

  • 2008/08/09(土) 11:05:13 |
  • URL |
  • ガチョン・キハラ #-
  • [ 編集]

sayaさん、コメント&歌ありがとうございます。
私は小公子セディの歌なら今でも歌えます。

占い師のおっちゃんは上の写真のおっちゃんより優しい目をしとりました。
1番上のおっちゃんは一応接客業なのにこの笑顔(?)

お布施が少ないからって呪われないか心配でしたけど、今のとこ引き続き風邪引いてるだけで特に異常ナシです。

  • 2008/08/09(土) 11:03:00 |
  • URL |
  • ガチョン・キハラ #-
  • [ 編集]

レガーニャさん、毎度コメントありがとうございます。

はい、当てました。たまげました。
日本人の名前なのに…。ってか何年かぶりに思い出したのに…。
会社のスタッフ曰く、何も書いてない紙を握らせ、呪文を唱えると文字が浮き出る…なんて技をやってのけるインドネシア人占い師もいるそうです。

幻のインド人占い師…。

  • 2008/08/09(土) 10:55:39 |
  • URL |
  • ガチョン・キハラ #-
  • [ 編集]

いいなぁ~、私も占ってもらいたい!
私はガチョンさんの結婚する時期とかが気になります。
そういえば今日バイト先にインド人きました。ターバンまいとった。

  • 2008/08/09(土) 03:08:39 |
  • URL |
  • みーごれん #-
  • [ 編集]

どうも!!最初一番上の写真のおじさんが占い師かと思った。。。寄付という名の占い料を払ったとしても、相当なおもしろ体験ですね!!でも怖い!!
インド人つながりで、小公女セーラの隣の家の召使(肩にサル乗っけてる人)、私はあの人が好きだったなぁ。。
歌は、”わーたしの中のー、片隅に咲ーいてーるー”ですよね。あ、やばい。私も割と歌えそうな気がしてきました。。。

  • 2008/08/08(金) 23:13:16 |
  • URL |
  • saya #-
  • [ 編集]

昔の彼の名前も当てたんですよね。
お布施をもう少し払って種明かししてもらって
会社でやればオプショナルが増えたのに・・・。

でもこんな人が押しかけて来るなんてバリはやはり
すごいですね。一度会ってみたいです。

  • 2008/08/08(金) 22:55:26 |
  • URL |
  • レガーニャ #PTRa1D3I
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tabitabibali.blog21.fc2.com/tb.php/118-36631542
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。