バリ島 すめれけて日記

バリ島在住の広島女が、インドネシアやバリ島のあれこれをお知らせします。 アナタの知らないインドネシアを覗いてみてください!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サヌールの盆栽カフェ近くのホテルのご紹介、サリサヌール!!

Sari Sanur 004
やっとこさ太陽が顔を出し、若干良い天気になってきたバリ島です。

しかし、風が強い!!

会社の予約、経理、掃除となんでも担当のベンゾーさんは、肩に木が倒れてきたようで湿布を貼っていました。頭直撃!!とかじゃなくって本当によかったです。
家から会社に来る途中も、トタンの壁がじゃんじゃん倒れていたりと大事です。

道を歩くときは、左右(木、壁)、上(瓦、看板)、下(穴)、前(暴走バイク)に気をつけねばならんようです。

この連日続いた大雨の影響で、東ジャワのマランでは大規模な洪水、中部ジャワのスラカルタ(ソロ)では日本でも有名な川、ブンガワンソロが氾濫し洪水、さらに山間部では土砂崩れが起きているそうです。
ジャカルタのチェンカレン地区も相変わらず洪水と自然の脅威の前に人間はなすすべもない状態です。

さて気になる私の家ですが(えっ!?、気にならない!?)、修理工のおっちゃんのおかげで浸水はいまのとこ治まったものの、相変わらずの雨漏り、プラス強風の影響で屋根やら壁やらがわさわさと震えております。
でも昨日の夜は久々にゆっくりと眠りにつくことができました。

それでは今日も引き続き、サヌールのホテルをご紹介していきます。

今日は、有名なカフェの近くにある『サリ・サヌール』をご紹介します。

その有名なカフェとは、欧米人に人気の『ボンサイ(盆栽)カフェ』です。
その名の通り、ビーチに面したカフェの隣には盆栽がところ狭しと並んでいます。

インドネシアで盆栽がぁ??

と思いの皆さん、私も最初はそう思っていましたがインドネシアのちょいとお金持ちなバパッバパッ(親父殿)軍団は園芸が結構好きなんです。
前の会社にいた西ジャワのチレボン出身のボンボンのおっちゃんは、盆栽が好きなようで私によく盆栽について、あーだうーだ聞いてくるのですが、興味のない私にはまぁ答えられるはずもなく…。
「日本人=盆栽に詳しい」という思い込みはやめてほしいです。
確かにサヌールのハントゥア通りには、「盆栽・ア・ラ・バリ島」的なものが結構たくさん売られていますです。

もはや「BONSAI」は世界的なものなんですねぇー。

とかなり前置きが長くなりましたが、そんなカフェの片隅にあるのが、こちら『サリ・サヌール』です。

ロビーを抜けると真ん中にどどんと大小の丸いプールが2つあり、そのプールを囲むように18室のバンガローが建っています。

プールはよく見ると、ザ・ヴィラスやドゥスンなどと同様に「Yin & Yanマーク(陰陽道のマーク??)」が描かれています。

お部屋のタイプは、スーペリアバンガローデラックスバンガローファミリーバンガローの3タイプ。

満室のため、スーペリアバンガローのみしか見ることができませんでした。
Sari Sanur 003
Sari Sanur 002
Sari Sanur 001
木が茂って作られたんであろう自然の門をくぐると、まずテラスがあります。
ご宿泊の方は、こちらで朝食を食べます。朝食はアメリカンブレックファスト、コンチネンタルブレックファスト、インドネシアンブレックファストの中から選ぶことができますので、前日までに時間とメニューをフロントに連絡しておきましょう。
バリ島風の門をくぐると、ででんとダブルベッド参上!!
お部屋の内装やイメージはなんとなく、お隣の「ラ・タヴェルナ・ホテル」に似ています。
室内には、安全金庫もあります。

気になるNHK状況ですが、現在はまだありません。今後、導入する予定だそうです。

ちょっとこれはいただけん!!と思ったのはバスルームの奥のくぼみ(??)です。
これをバスタブと呼んでもいいのか否か??賛否両論ありそうです。私はあえて「くぼみ」と呼ぼうと思います。(写真、右です、見えにくくてごめんなさい・・・)

デラックスバンガローとの違いですが、スーペリアは入り口が自然の木の門なのに対して、デラックスバンガローの場合は、ヴィラのような「バリ島風門」になっていますし、お部屋が多少広くなっています。

さて先ほども書きましたが、こちらは個々のテラスで朝食を食べます。

営業のおっちゃんは、この朝食サービスがサリサヌールのセールスポイントみたいに言っていました。でも私はビュッフェ朝食の方が好きだけどなぁ・・・。
私のように、ホテルライフにおいて朝食に重点を置いてる人(結構、多いと思いますぜ)は、各ホテルの朝食の運営の仕方(??)を確認するのも楽しい旅行にするポイントかもしれないですのぉ。

ご予約はコチラから!!

サリサヌールリゾート (SARI SANUR RESORT)
住所 : Jl. Danau Tamblingan No,27 Sanur
電話番号 : 62-361-281555
場所・アクセス方法 : サヌールのマクドナルドの交差点をクタ方面からの場合は右折します。ダナウタンブリンガン通りの最初のサークルKを過ぎ、少し過ぎるとごちゃごちゃと看板があり、その中にこそっと看板があります。
デンパサール国際空港からは車で約35分ほど。

↓ポチっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ





お部屋内設備

・エアコン
・国際電話可能な電話
・セーフティーボックス
・テレビ
・ミニバー
・コーヒー紅茶メーカー
・ヘアードライヤー
・テラス

ホテル内設備

・スイミングプール
・マッサージ&リフレクソロジー

ホテル内サービス

・ツアーサービス
・レンタカーサービス
・ランドリーサービス
・郵便サービス

スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2013/06/11(火) 19:46:26 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tabitabibali.blog21.fc2.com/tb.php/13-f5abadb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。