バリ島 すめれけて日記

バリ島在住の広島女が、インドネシアやバリ島のあれこれをお知らせします。 アナタの知らないインドネシアを覗いてみてください!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気のアシタバ工房に行ってみよぉー!!

バリ島にショッピング目的でやって来られる方、多いと思います。

可愛いアジアン雑貨や、アクセサリーが日本よりも安い価格で購入できるってのが人気の秘密ですわなぁ。

入れ替わりの激しいお土産業界において、変わらずにしぶとく人気なのが、アタという植物のツルで作られたカバンです。

その中でも1大ブランドとして、その名を轟かせている『アシタバ(ASHITABA)』!!

その工房に行ってきやした。
Shopping-002.jpg
工房では、原料のアタが生えてるとこから、それが製品になるまでをじっくり見ることができます。特徴である(?)、燻してる様子も見ることができ中々興味深いのです。

昔は、あまり知ってる人がいない、「知る人ぞのみ知る秘密の工房」みたいな感じだったのですが、今じゃあバンバンと観光客の車が入ってくる一種の観光スポットになっちゃってました。アクア(ミネラルウォーター)のサービスもあるし。

しかも90%が日本人のお客さんだそうですよ!!

工房って言うんじゃけぇ、なんだかお店より安いイメージがありますが、そんなことないような気がする私。アシタバはお店でも工房でも頑なに割引きしてくれないですのぉ。

工房の良いとこは、やはり品揃えが豊富ってとこです。

また工房で働くスタッフの着ている、「アシタバ特製Tシャツ」も売られています。

実は私、あの燻したイカ君みたいな匂いがどーにもこーにもダメでして。
あと、いつもやたらと荷物が多いのでブタのように膨れあがったカバンを持っているので、荷物があんまり入らないようなアタバックには興味ないっす、本当のこと言うと。

興味のない私のここでの耐久時間は約3分です。ウルトラマンより早くに使い物にならん私です。

しかし、ちょっと外に出ると青々とした田んぼが広がっていて、暇つぶしにもってこいです。

あと、ショッピングって言いますと、「銀細工工房」ですわなぁ。

こないだ久々にバリ島の銀細工のお店に行きました。

こんな真剣な顔でなにやら作っております。
Shopping-001.jpg
こんな真剣に銀細工にひたむきに打ち込んでる女の子をお嫁さんにしたら、なんだか良い家庭が築けそうですねぇー。(ホンマかぁ!?)

私は落ち着きがないので、こんな風に周りでお客さんに見られながら、モノを作るってのが絶対できんと思います。とりあえず、顔上げてニヤっと笑ってしまいそうです。
高校生のときに図書室で受験勉強していたのですが、誰かが入って来るたびにドアの方を見てたので、一緒に勉強していた友達から、「プレーリードッグか!?」と怒られたことがあります(←中々、高度なツッコミです)。

良かったです、銀細工職人の道を歩まなくって・・・。

アシタバ工房(ASHITABA)
住所 : Jalan Siulan No,114 Denpasar
電話番号 : 62-361-461536
営業時間 : 8時から19時まで
場所・アクセス方法 : サヌールからバイパスを通り、トパティ交差点を右折。バドゥン県とギャニャール県の間の割れ門手前100mほどを左折。道なりに10分程行き、右側。
サヌールのホテル(例えば、バリハイアット)からは車で約15分ほど。

◇今日のルピアレート◇

2008年9月30日 : 1円 = 84.90ルピア

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2010/04/16(金) 18:13:23 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

usisiさん、毎度コメントありがとうございます。

苦手と言いつつ、アタバックを手にすると必ずにおいをついついかいでしまいます。
私は、アタバックっていう名前を知らずに、あーいうカバン全てを「アシタバ」って言うのだと思っていました。
恐ろしや、思い込み…。

アタの蔓は中々不味そうでしたよぉー。作る工程の見学は楽しかったですわ。

  • 2008/10/01(水) 12:36:02 |
  • URL |
  • ガチョン・キハラ #-
  • [ 編集]

先程の「イカプン」コメントはワタクシです。
ニックネームを書かずに送信したかもしれません。すみません(汗)

  • 2008/10/01(水) 00:59:14 |
  • URL |
  • usisi #-
  • [ 編集]

そーですね、確かにアタ製品はイカの燻製っぽいカホリがプ~ンといたしますなぁ。
アシタバではなく「イカプン」でも良いじゃないか?と言いたくなる独特のカホリです。
てっきり「飯屋」だと思いこんでいたワタクシは、過去何回かバリ島に行っているにも関わらず、アシタバは未踏の地です。一体何の為のガイドブックなのか!!
…まぁ、まぁ、落ち着いてと…
アシタバという植物を使った料理が出て来る、日本人がインドネシア料理に飽きたら行くレストランだと思ってました。
トホホ…

  • 2008/10/01(水) 00:52:29 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tabitabibali.blog21.fc2.com/tb.php/155-ae14455e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

チュルクに行ってシルバーアクセサリーを探す。

チュルクはシルバーアクセサリーや銀細工の村として知られています。安くシルバーアクセサリーを買えるということで人気があります。ここでシルバーアクセサリーを仕入れるという業者もいるようです。あと、インドネシアのシルバーアクセサリーといえば、バリ島のガムラン...

  • 2008/11/16(日) 20:27:23 |
  • サイノメ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。