バリ島 すめれけて日記

バリ島在住の広島女が、インドネシアやバリ島のあれこれをお知らせします。 アナタの知らないインドネシアを覗いてみてください!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出雲のパワースポット、須佐神社に行ってきたっ!!(番外編)

さぁ、今日は私が行きたくて仕方なかった「三次ワイナリー」のご紹介をします。
Miyoshi-wine-003.jpg
なので、月初め恒例の祝日&お祭り情報はまた今度・・・。

そのウェブサイトには、

霧がいざなう三次ワイン

三次市特有の気候風土に

育まれた葡萄一粒一粒に、

情熱と最新の技術を注いで誕生した

『三次ワイン』

ゆっくりとグラスにみたされていく

ワインは、まるで三次盆地を覆い尽くす

霧の海のように

神秘的な時の流れの尊さを教えてくれます


と、文節おかしくねぇかい!?ってな文章が載っています。

私の目的は、ズバリ試飲ですっ!!

しかも一緒に須佐神社に行ったメンバー(母、姉夫婦、私)の中で呑めるのは私だけっ!!

完全に私のワガママです。

でもまぁ1年に1回の帰国なんじゃけぇ許してくだせぇ。

白ワインが欲しかったんで、ガバガバ呑んで色々試した結果、1番甘口の「巴郷/極甘口」を購入しました。

このワインは、広島県内産のデラウェアを原料として極甘口に仕上げており、食前酒・デザートワインや食後酒に最適だそうです。

あのときは日本に帰ってきたばかりで、まだお酒に弱い時期だったので「巴郷/極甘口」を買ってしまいましたが、段々と日本滞在も長くなりイケる口になってきたら、もうちょっとピリっスキっとの辛口にすりゃあ良かった・・・と後悔しちゃいました。

敷地内にはワインの工場、ワインのみならず三次&広島県のお土産が置いてある物産展コーナー、170名収容可能なバーベキューハウス、50名収容可能なバーベキュー屋外テラス、16名収容可能な特別室があります。

物産展コーナーには、乳団子もありますよ。

広島人なら誰もが歌えるCMソングで有名な(?)竹屋饅頭があったかは見てません。すみません、乳団子派なもんで・・・。

姉は、ご当地ソフトクリーム好きなので、三次ワイナリーにあるであろう、「ワインソフト」を楽しみにしてたんですけど、結局それは食べずに三次ワイナリー近くにあるケーキ&和菓子屋さんで、ケーキを食べました。

三次にもこんなおしゃれなお店があるんですねぇー(おっと失礼・・・)、というような店内でいただくケーキ。

季節柄、栗とか葡萄を使ったケーキが多かったです。
Miyoshi-wine-001.jpgMiyoshi-wine-002.jpg
私は、写真左のモンブランを喰らいました。

写真左と写真右は同じくモンブランなのですが、違いは栗の産地です。

左はおフランス、右は国産です。ちなみに国産の方が値段が高いんです。

試飲ワインをがばがば呑み、ケーキを食べ、至福のひと時ですわー。

でもよく考えたら、三次ワインってうちの近所の酒屋さんでも購入できるんですよぉ。でも試飲はできませんけぇねぇー、こりゃあ三次ワイナリーまで行かにゃあー、って完全に酔っ払いのおっちゃんじゃね、こりゃ・・・。

広島三次ワイナリー(HIROSHIMA MIYOSHI WINERY)
住所 : 広島県三次市東酒屋町445-3
電話番号 : 0824-64-0200
営業時間(物産展) : 9時30分から18時まで
営業時間(バーベキューガーデン) : 11時から18時まで
※土日祝日、バーベキューガーデンは11時から20時まで営業しています!!

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

↓こんなのもあったっ!!↓
広島ブログ
スポンサーサイト

コメント

usisiさん、毎度コメントありがとうございます。

ちょっといっぱいいっぱいです!!
でも元気です!!新しく覚えることたくさんで楽しいです。

ネタはたくさん温めてるんで、乞うご期待を!!

  • 2008/12/10(水) 21:54:50 |
  • URL |
  • ガチョン・キハラ #-
  • [ 編集]

忙しいのですね。
新しい記事のUP待ってますヨ。

  • 2008/12/09(火) 12:59:15 |
  • URL |
  • usisi #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tabitabibali.blog21.fc2.com/tb.php/193-bcc95727
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。