バリ島 すめれけて日記

バリ島在住の広島女が、インドネシアやバリ島のあれこれをお知らせします。 アナタの知らないインドネシアを覗いてみてください!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カタール航空で近隣諸国に遊びに行こう!!

Qatar-Airways-001.jpg
ここ最近、毎晩暴風雨です。

私の家の向かいの家は若干建物が老朽化しているので、風がふくと屋根がばったんばったん跳ね、なぜか玄関の前に植えてるちっちゃい椰子の木がぐるんぐるん大暴れし、玄関や壁を殴っています。

ここの息子くん、怖いのか知らんけど暴風雨になったら「ままぁー、ままぁー、とろーん(助けてぇー)!!」と泣き叫んでいます。

本気で「とろーん(助けてぇー)!!」と言ってる人を初めて見ました。

さて今日はですね、デンパサール国際空港にやってくる少しマニアックな航空会社をご紹介したいと思います。

それはバイパスから空港に行く途中、『ソウルガーデン』の手前にデカデカと看板を掲げる『カタール航空(Qatar Airways)』です。

カタール航空は、カタールのドーハを本拠地としている国営の航空会社で、アジア、ヨーロッパ、アメリカなどの主要都市へとつながっています。

本拠地はドーハ国際空港 (DOH) で、日本へは全日本空輸とのコードシェア便として関西国際空港へ乗り入れています(IATAコードは、QRです)。

デンパサール国際空港からは、マレーシアのクアラルンプール経由のドーハ行きという便が出ています。

私はマレーシアに行くために利用したのですが、時間がいただけん!!

夜中の0時くらいにデンパサールを出発し、明け方3時にクアラルンプールに到着するんですぜ、あーた!!

ドーハまで行くお客さんが機内から降ろされるのかどーかは知ったこっちゃないのですが、中々厳しいものがあります。

しかも乗ったらすぐ、機内食サービス!!

夜中の1時にコテコテのチキンソテーが出てくるんですぜ、あーた!!

いくら食いしん坊万歳のワタクシも食べませんでした。(胸焼けしますけん)

でも、せっかく乗ったのにタダでは帰れん!!と思った、がめつい私はコーヒーをもらったのですが、カタールのフレッシュ(コーヒーのミルク)は日本のと比べて、かなりでかいですぜ、あーた!!

アイスコーヒーなどの1回分のシロップが売ってるじゃないですか!?あのくらいの大きさのミルクなんです!!

私の隣りに座ってたインド人のにぃちゃんは、ブレッドトークで買ったらしいチョコレートたっぷりのパンを指までしゃぶって食べ、さらに機内食もたいらげていました。

このにぃちゃん、カタール航空のチェックインカウンターを待つ順番が前後だったんです(にぃちゃんが前に並んでた)。

そのせいか、ばっちり隣同士だったんです(私が窓側だった)。

にぃちゃんもそれを覚えていたようで、座った瞬間から、

僕のほうが前に並んでたのに、なんでキミが窓側なんだい??まぁ、いいけど・・・。

と言ってきやがった!!

そして、3分後。

キミも覚えてるだろ??僕のほうが前に並んでたよね、なんで僕は通路側なんだい??まぁ、いいけど・・・。

と愚痴愚痴言っとるんです。

「私、リクエストしましたけん、窓側がいいって」と私が言うと、「あうっち!!」とおでこをぴしゃりと叩き、嘆きのポーズ。

僕はいつもリクエストしなくても窓側なんだ。なんで今回は窓側じゃないんだい??まぁ、いいけど・・・。

とまだ言っとる・・・。

「席、代わりましょうか??」なんて口が裂けても言うもんか!!と決意しました。

最初、「こんな便にいったい誰が乗るんだろ!?きっとガラガラなんだろうなぁー」と思っていたのですが、いやいやそんなことはござぁせんでした。

ドーハからさらにヨーロッパ諸国やアフリカに帰る人でほぼ満席状態でした。

ところで、カタールってどこでしょうか??

サッカー好きの人ならずとも「ドーハ」くらいは聞いたことあるでしょうが、「どこの国と隣接してるんだい??」や「母国語はなんだい??」と質問され、きちんと説明できる人は少ないでしょうに。

カタールってのはですね、正式名称カタール国で、中東・西アジアの国です。
首都は「ドーハの悲劇」でおなじみのドーハ。アラビア半島東部のカタール半島のほぼ全域を領土とする半島の国です。
ペルシア湾に面していて、南はサウジアラビアと接し、北西はペルシャ湾を挟んでバーレーンに面しています。

公用語はアラビア語です。

経済体制は石油と天然ガスに依存していて、輸出の大半が石油・天然ガス及びその関連製品で占められています。
インド、パキスタン、イランなどからの外国人労働者がカタール国籍を持つ総人口よりも多く、外国人労働者に労働力を大きく依存しています。
ちなみに、この外国人労働者を除いた国民一人当たりのGDP(実質国内総生産)は、ルクセンブルク(西ヨーロッパの小国だす)を越えて世界第一位とする言説もあるほどです。

ほぉ。

西アジアなのですね、そういえば2006年にはアジア大会がありました。

しかも石油原産国です。

石油+王 = お金持ちぃぃー♪

事前にきちんと調べておいてドーハまで行き、誰でもいいから石油王の何番目かの妻におさまればよかった・・・。

こちらのCAさんは、多種多様です。

空飛ぶ絨毯に乗ってそうなアラブ系美女もいれば、ピロシキが好きそうなロシア系美女もいます。

しかし中には歌を歌って愛を語らう中国山岳部族系の女子もいて、なんだなんだここは人種のるつぼかぁぁー!?とテンションも上がります。

ちなみに英語は通じるような通じんような、笑顔とジェスチャーで意思を伝えました。

カタール航空は元々王族が所有していた航空会社なのですが(ピタマハのオーナーが王族ってのとはワケが違うじゃないの!!)、1997年に現オーナーによる新しい経営チームが設立されました。

機体はほとんどはAIR BUS社ですが、シアトル⇒ドーハ間にはボーイング社の機体を導入する予定だそうです。

下の写真は機内の様子です。なかなかキレイでしょ!?
Qatar-Airways-002.jpg
Qatar-Airways-003.jpg
注意書きもアラビア語です。当たり前じゃけど、よ、読めん・・・。
この文字は日本とは逆で、右から左に読むと聞きましたけど、定かではありません。

それから、マイルをためるのが好きな人に朗報です!!

カタール航空の特典クラブは世界の中でも高い率でマイルを稼ぐことのできる、「フリークエント・フライヤー・プログラム」だそうです。

でも、そんな航空会社聞いたこともねぇー、怪しいんでねぇの??と思いの方、カタール航空は航空評価会社、Skytrax社による統計で5つ星に達する4つの航空会社のうちの1つなんです。
だからデンパサール空港に行く途中の看板にもちゃんと「☆☆☆☆☆」が書いてあるんですねぇー。

カタール航空がデンパサールに乗り入れを開始したのは、ここ1年ほどです。

機体もまだまだ新しいですし、なんたって安い!!

期間限定のプロモーション料金だったのですが、ぶっちゃけ私は180ドル未満でマレーシアに行きましたけん!!

オフィスは空港内とカルティカプラザホテル内にあります。

カタール航空(QATAR AIRWAYS)
◎カルティカプラザホテル内
住所 : Krisna Room, Discovery Kartika Plaza Hotel, South Kuta beach 80361
電話番号 : 62-361-752222
◎デンパサール国際空港内
住所 : Wisti Sabah Building Room 11, 2nd Floor, Ngurah Rai International airport
電話番号 : 62-361-760274

デンパサール発着スケジュール

デンパサール⇒クアラルンプール⇒ドーハ
(00:10発⇒03:10着、04:10発⇒07:10着)
(03:30発⇒06:30着、07:30発⇒10:30着)

ドーハ⇒クアラルンプール⇒デンパサール
(23:35発⇒11:55着、12:55発⇒15:55着)

異国情緒を楽しみたい方には、オススメでっせ!!

↓ポチっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tabitabibali.blog21.fc2.com/tb.php/38-3b18bdea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。