バリ島 すめれけて日記

バリ島在住の広島女が、インドネシアやバリ島のあれこれをお知らせします。 アナタの知らないインドネシアを覗いてみてください!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年2月オープン!! アジャンタヴィラス、サヌール!!

先日、お伝えしたように引越しをした我が社。

電力のワット数が少ないらしく、1階と2階で同時にエアコンをつけることはできませんし、誰かがプリンターを使うとすぐにブレーカーが落ち、まだまだ問題山積みです。

しかも私の目の前にはテロリストヒゲをたくわえた、ベルナルド氏がいてこれがまた中々迫力があります。

さて今日は、サヌールに新しくオープンしたヴィラのご紹介をします。

その名は、アジャンタヴィラス(Ajanta Villas)です。

アジャンタってどっかで聞いたことないですか??

手塚治虫先生の『ブッダ』に出てきたような・・・。

早速調べてみました。

すると、インドにアジャンタ石窟寺院なるものがあることが判明しました。

アジャンター(अजंता )石窟(寺院)群とは、インドのマハラーシュートラ州北部、ワゴーラー川湾曲部を囲む断崖を550mにわたって断続的にくりぬいて築かれた大小30の石窟で構成される古代の仏教石窟寺院群のことをいう。

さらに、

発見の経緯
アジャンター石窟寺院は、1815年、ハイダラーバード藩王国の藩王に招かれて狩猟に参加していたイギリス人士官ジョン・スミスが虎狩りをしていたときに、巨大な虎に襲われてワゴーラー渓谷に逃げ込んだ際、断崖に細かな装飾が施された馬蹄形の窓のようなものを見つけたことが発見の契機となった。彼はアジャンターの石窟寺院を発見したとき、すっかり放棄されてコウモリのすみかになった石窟のうち第10窟に自分の名前を記している。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


ジョン・スミスって・・・。

中1の英語の教科書に出てきそうなお名前ですねぇー。

世界遺産にも登録されているそうです。

そんな、アジャンタ石窟寺院のお名前の付いたこちらのホテル、どんなもんでしょうか??

場所は、サヌールのダナウ・タンブリンガン通りの北、ナチュラルスパの隣りのちょうどカーブになってるところにあります。

ハイアットから行くと右側なので、ビーチには近そうなのですが、いかがなもんか??

こちらは2008年2月にグランドオープンしたばかりの、まさに出来立てほやほやのヴィラなんどす!!

さて、こちらは私のオススメ、1ベッドルームヴィラです。
Ajanta-Villas-005.jpg
Ajanta-Villas-004.jpg
敷地入って、真ん中にどどんと大きなプール、そして左右にそれぞれ建物があり、1つはリビング、ダイニング、キッチン、もう1つはベッドルーム、バスルームになっています。
なんだかんだオープンエアーのリビングって蚊にくわれるべ・・・と思っていたので、この試みはうれしいです。
しかも2人にはもったいないくらい広いスペースですし・・・。
新婚さん、もしくはカップルで泊まって喧嘩したときも、別々の建物で寝ることができる・・・といううれしい特典付きです。

そしてこちらは、2ベッドルームヴィラ・平屋バージョンです。
Ajanta-Villas-003.jpg
Ajanta-Villas-001.jpg
Ajanta-Villas-002.jpg
こちらのタイプは、ベッドルームが左右2棟に分かれていて、それぞれにキングサイズベッド、バスルームがあります。
リビング、ダイニングはオープンエアーとなっています。
2ベッドルームにしては若干狭いかなぁーという印象を受けます。

ちなみに全てのお部屋がキングサイズベッドで、ツインベッドはありません。

そしてこちらは、2ベッドルームヴィラ・2階建てバージョンです。
Ajanta-Villas-006.jpg
Ajanta-Villas-007.jpg
こちらのタイプの場合は1階の部分にリビング、ダイニング、キッチン、2階に上がると左右に2部屋あり、それぞれがベッドルーム、バスルームになっています。

写真右の壁掛けがブルガリ様のクッションの生地っぽいです。「パクったの??」とぶっちゃけ聞いてみたところ、「ひゃはー」と笑っていました・・・。

でもこの生地はどこぞの島の織物なので、パクったかどうか真相は藪の中です。

ちょいと面白いシャワーを発見!!
Ajanta-Villas-008.jpg
レインシャワーとはちょいと違いますのぉー。

くるくる回ると面白いなぁーと思ったのですが、そんな奇跡は起こらないようです。

さて気になるビーチですが、これが曲者で・・・。

ホテルのインフォメーションなどを読むと、「A beautiful beach is only 50 meters away via private beach access.」と書いてあり、「おっ、ビーチには面してないけんども、50メートルじゃったら近いじゃんけ!!」とうはうはです。

しかしですね、ビーチに行くにはこんなとこを通らねぇといけんのです!!
Ajanta-Villas-010.jpg
Ajanta-Villas-011.jpg
ま、まさにアジャンタ洞窟を思い起こさせます!!(知らんけど・・・)

写真右なんて、ネガティブなどこでもドアのようでござぁす。

しかも直線距離では50メートルでしょうが、実際に歩いた距離はそれ以上でっせ!!どよーんとした雰囲気のマーケット内を歩いて行くと、おばちゃんやこどもたちがじぃぃぃぃーっと見つめてきて、異様な雰囲気です。

この重いゾーンを越えると目指すビーチが現れます!!
Ajanta-Villas-009.jpg
喜び倍増!?

マーケット内でトラブルなど起きないようにか、それとも迷子にならないためかはわかりませんが、ヴィラからビーチ、ビーチからヴィラへ行く際は必ずスタッフが同行してくれるそうです。

まぁ、とにかくビーチへのアクセスが惜しいっっっ感いっぱいのリゾートです。

アジャンタヴィラス(AJANTA VILLAS)
住所 : Jl.Danau Tamblingan No,21, Sanur
電話番号 : 62-361-285953
場所・アクセス方法 : クタ方面からお越しの場合は、バイパスサヌールのマクドナルドの信号を右折、ダナウタンブリンガン通りに入り、ロータスカフェの前、ナチュラルスパの隣りです。
デンパサール国際空港からは車で約40分ほど。

↓ポチっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
カテゴリー & ホテル公示料金

・1ベッドルームヴィラ : US$195++/1部屋/1泊 (全3棟)
・2ベッドルームヴィラ : US$250++/部屋/1泊 (全5棟)

お部屋内設備

・冷蔵庫
・衛星放送受信可能なテレビ
・プライベートプール
・DVDプレーヤー、サウンドシステム
・ブロードバンドコードレスインターネット接続
・衣装部屋
・キッチン
・収納スペース
・コーヒー紅茶メーカー
・電話
・エアコン

ホテル内施設

・レセプション
・駐車場
・ライブラリー
・ラウンジ
・ビーチカフェ&クラブ
・ストリートカフェ
・フィットネスセンター

ホテル内サービス

・24時間体制の警備
・ハウスキーピング
・24時間、バトラーサービス
・24時間、ルームサービス
スポンサーサイト

コメント

クリスさん、毎度です。
ここですか、うーん奇抜な色遣いで私は好きでしたけど。アンティークがちょうどいい感じで、でしゃばりもせず…。

エローラとは目と鼻の先なんで、ここからも歩いてハルディスに行けますよ。

  • 2008/04/09(水) 19:38:59 |
  • URL |
  • ガチョン・キハラ #-
  • [ 編集]

ここにも登場! クリスです
こちら、どうでした?
姉妹ヴィラのエローラ・ヴィラとは何かヴィラ内は違うんですかね?

う~む、私ならハルディスに歩いていける立地優先でエローラを選択しますけどね。

  • 2008/04/09(水) 14:19:04 |
  • URL |
  • クリス #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tabitabibali.blog21.fc2.com/tb.php/43-228da5e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。