バリ島 すめれけて日記

バリ島在住の広島女が、インドネシアやバリ島のあれこれをお知らせします。 アナタの知らないインドネシアを覗いてみてください!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この辺も要注目スポットかもしれません、ウマサプナヴィラス!!

Uma-Sapna-002.jpg
いよいよネタ切れの、スミニャックのヴィラの紹介をします。

名前は、『ウマサプナ(UMA SAPNA)』!!

アビマンユ通りから向かったのですが、工事中だとかで通行止め。抜け出してあっち行け、こっち行けとしていたら、迷子になってしまいました・・・。

場所は、オベロイ通りに入ってすぐの右側にある魚のデカイ看板の手前の細い道を直進。(トラットリアレストランとか、ザ・レギャンに行く場合は右に曲がらないといけません)
そんでもって、そこから100メートルほど行った場所に、やたらと周りの風景とマッチしすぎて見難いんじゃ、おいっ!!的な看板があります。
Uma-Sapna-001.jpg
ね、わかりにくいでしょ??

今回はですね、皆さんに謝らないといけません。

実は、営業のおねーちゃんと私とうちの会社のベル氏がおしゃべりしすぎて、真面目にヴィラ見学をしておりません。

ベル氏と営業のおねーちゃんは、同じNTT(ヌサトゥンガラティモール)出身だそうで、ヴィラと関係ない話ばっか…。
一応、細かいこと言えばスンバ島とフローレス島って島は違うのに、やっぱりほぼ同郷の人間を見つけるとうれしいもんなんですね。
これは私がバリ島で島根県民に遭遇したときと同じ感覚でしょうか??

私とこのおねーちゃんはともに年齢が同じ、しかも誕生日が1ヶ月違いという共通点があり、結婚の話などで盛り上がりました。

もぉダメです。ずっとしゃべってました。

興味深かったのは、NTTの結婚の話・・・。

NTT周辺の島々では、結婚をするときに男性は女性の家に、かなりの貢物をしなければならないそうです。
営業のおねーちゃんの故郷のスンバ島では貢物として、「馬」「牛」「豚」を嫁さんの実家にあげなければいけません。ベル氏の故郷のフローレス島では、「象牙」を嫁さんの実家にあげないといけないそうです。
もちろん大きさや数でその男の経済力がわかるということなんで、男性はもちろん無理をしちゃいます。
ベル氏のおじさんは、もう息子も結婚して孫もいるのに、まだ結婚時に象牙や牛などを買った際の借金を返済できていないそうです。

ちなみに女の子の家は、「馬」も「象牙」も用意しなくて良いので、入ってくるのを待つだけ・・・というウハウハ状態です。

そのせいか、NTT周辺の島々では、嫁きそびれた女の人がたっくさんいるそうです。
高学歴の女の人ほど、お嫁に行くのが難しいそうです。

そのせいでしょうか、言われてみると私はNTT出身者同士の結婚を1組しか知りません。

ベル氏の奥さんもジャワ人です。

可哀想なNTTの女子。

そのせいか営業のねーちゃんもまだ独身でした。
ねーちゃんが日本人と結婚しようが、欧米人と結婚しようが、男性は必ず「馬」をねーちゃんの実家にあげないといけないようなので、NTT出身者と恋をした日本人の殿方・・・、要注意ですぜ!!

そろそろヴィラのご紹介を。

こちらは1ベッドルームヴィラが18棟、2ベッドルームヴィラが2棟の全20棟が敷地奥までずずずずぃぃぃっと伸びています。
入り口だけ見ると狭そうなので、この奥行きの深さには驚きです。
ヴィラの名前は、「リアウ」、「コモド」、「アンボン」、「ニアス」というようにインドネシア各地の都市名が付けられています。

こちらが1ベッドルームヴィラです。
Uma-Sapna-005.jpg
Uma-Sapna-004.jpg
Uma-Sapna-003.jpg
豚がぶひぶひ。

こちらのタイプのお部屋は新しく出来たヴィラだそうで、なんとなく今までのイメージ(勝手にモノクロってイメージを持ってた)とはガラリと変わり、白を基調としたまぶしすぎるお部屋です。

ヴィラの敷地は広いので、息苦しさもなくのほほんとヴィラライフを満喫できそうです。

が、豚と折鶴のコラボ的絵が気になります。
なぜにこんな絵を描こうと作者は思ったのか・・・!?じっくり語り合ってみたいもんです。

私は個人的には、元々あるタイプのお部屋の方が好きかも・・・。

この周辺も最近はレストランやパン屋さんがオープンし、徐々に賑やかになっています。しかし、新しいヴィラが多い!!

また時間があったら、新しいヴィラ散策の旅に出ます!!

ご予約、お問い合わせはコチラから!!

ウマサプナ(UMA SAPNA)
住所 : Jl. Drupadi No,20xx Basangkasa, Seminyak
電話番号 : 62-361-736628
場所・アクセス方法 : スミニャックのオベロイ通りに入ってすぐを右折するところを右折しないで直進。100メートルほど行くと右側に看板がありますが、周囲の壁の色と同化していて見えにくいです。看板のある場所を右折しすぐ。
デンパサール国際空港からは車で約20分ほど。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
カテゴリー(ホテル公示料金)

・1ベッドルームヴィラ (プライベートスパプール) : US$212
(Villa Gili、Villa Obi、Villa Krakatao、Villa Bangkaの4棟)
・1ベッドルームヴィラ (プライベートスイミングプール) : US$254
(Villa Mentawai、Villa Riau、Villa Komodo、Villa Sumba、Villa Ambon、Villa Timorの6棟)
・1ベッドルームエグゼクティブヴィラ (プライベートスイミングプール) : US$290
(Villa Morotai、Villa Ternate、Villa Flores、Villa Alorの4棟)
・1ベッドルームデラックスヴィラ (プライベートスイミングプール) : US$327
(Villa Halmahera、Villa Natuna、Villa Bunaken、Villa Niasの4棟)
・2ベッドルームデラックスヴィラ (プライベートスイミングプール) : US$381
(Villa Papua、Villa Aruの2棟)
※7月20日から9月15日と、12月20日から1月7日までの期間は、ハイシーズンチャージが加算されます。

お部屋内設備

・国際電話可能な電話
・衛星放送受信可能なテレビ
・ワイヤレスインターネットコネクション
・DVDプレーヤー
・ステレオCDプレーヤー
・安全金庫
・冷蔵庫、ミニバー
・エアコン
・インヴィラダイニング
・バスタブ、セパレートシャワー
・リビング&ダイニング

ホテル内施設&サービス

・ランドリーサービス
・空港送迎
・ツアーデスク
・スパ
・東屋
・ヨガ、メディテーション
・24時間体制の警備員
・レンタカー&レンタバイク
・タクシーサービス
・ドクター(オンコール)
スポンサーサイト

コメント

クリスさん、こんにちは。

素朴な疑問にお答えします。
①谷啓氏のがちょーんではありません。これはインドネシア語です。意味はびーちぼーい的な商売人(?)のことです。
②ガゼボは、インドネシア語、バレはバリ語です。
③Banjarは村よりも小さい集合体です。そんで各Banjar毎に集会所的なものがあります。
お祭りもBanjar毎でやるんだと思います。
Kelodはバリ語で「東」という意味でござぁす。

いかがでしょうか!?
マニィことはよくわからんとです。

  • 2008/04/25(金) 14:15:57 |
  • URL |
  • ガチョン・キハラ #-
  • [ 編集]

こんにちは、
バリに行きたくても、行きたくても、行けない
クリスです

先程、検索機能を使ってみました。やっぱり便利ですね。

毎度の素朴な疑問なんですが・・・
①ガチョン・キハラのガチョンは日本のがちょーんなんですかね?
  それともインドネシア語なんですかね?
②ガゼボとバレって何か違うんですかね?
③BanjarとKelodとか地図で書いてあるんですけどどういう意味なんですかね?

それでは、またコメント致します。
よろしくどうぞ!!

  • 2008/04/23(水) 12:38:13 |
  • URL |
  • クリス #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tabitabibali.blog21.fc2.com/tb.php/71-3db5200d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。