バリ島 すめれけて日記

バリ島在住の広島女が、インドネシアやバリ島のあれこれをお知らせします。 アナタの知らないインドネシアを覗いてみてください!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタッフは全員男子!!艶かしい雰囲気のリゾート!!

Casa-Indigo-003.jpg
今日はなんとも言えない雰囲気を醸し出していた、ホテルをご紹介します。

名前は、『カサインディゴ(CASA INDIGO)』

足を踏み入れた瞬間からですね、なんとなく「あれっ!?私入っていいんじゃろうか・・・!?」と思ったんですよ。第六感ってやつですかね!?

まぁぶっちゃけますと、きっとゲイ専用のリゾートではないかと・・・。

まずですね、スタッフが全員男子なんですの。

華を彩るかもしくは、見事に華を枯らすかどちらかのホテルの女性スタッフ。こーいう新しいリゾートには、可愛い女の子が働いてるかもなぁーと楽しみにしてたのに、登場したのは男子、男子、男子・・・。
その日はたまたま・・・ではなく、本当に女子スタッフがいません。

プールでは、白いもっこりタイプのトランクス海パンで泳いでる謎の男子・・・。
もっこりトランクスはいいんです、でも白ですぜ、白!!

そして、やたらと語尾に「かぁーん」や「どーん」を付けるくねくね系男子スタッフ。

家族で楽しもう!!と思い、このリゾートに泊まったら、息子(7歳)が変な方向に目覚めてしまった・・・、なんてことになるかもしれませんし、ならないかもしれません。

もしかしたら私が知らないだけで本当は、『女人禁制リゾート』で、私が帰った後に塩撒いてたらどうしよ・・・、とびびってみたり。

しかもレセプションとレストランには、「凡人はわかったくれなくって結構よ!!」系のアートが飾られておりやんす。
Casa-Indigo-001.jpg
Casa-Indigo-002.jpg
レセプションの後ろの木や丸いヤツは意味不明でしたが、塩撒かれたら怖いので、「素敵なオブジェですねぇー」と言ってみたり・・・。

さぁ、気を取り直してお部屋のご紹介を!!

こちらがなんともまぁ、シンプルなお部屋だことっ!!
Casa-Indigo-004.jpg
Casa-Indigo-006.jpg
Casa-Indigo-005.jpg
Casa-Indigo-007.jpg
お部屋は全20部屋全てプールアクセスルームです。
ちなみに全部屋禁煙ルームです。私のような嫌煙人間にはうれしいホテルですわ。こーいう試み、バリ島でも始まっているんですのぉー。

ダブルベッドルームだったら左の写真のような感じで、ツインベッドルームだったら右の写真のような感じになります。
コネクティングルーム(1部屋はダブル、もう1部屋はツイン)もあります。
そして、一瞬なんだかわからない左下の写真はですね、なんとっっ安全金庫です。くねくねにぃちゃんは、「シンプルで素敵でしょーん!!」と。自慢の一品みたいです。

バスタブはなく、シャワーのみです。
しかも固定式レインシャワーのみ。こりゃあ使いにくいかもっ!!

でも、私思うんですけど、こんな「うちはどなたでもウェルカムなリゾートじゃなくってよっ!!」な感じの狭き門的リゾートにしてどうするんでしょうか??

「妻と一緒に泊まったら、他の宿泊客にプールに沈められましたよ、ははっ」ってなことや、「彼女と一緒に泊まったら、朝ごはんに毒もられましたよ、ははっ」ってなことになるかもしれませんです。

あっ、これ全部私の妄想劇場ですけん。

シンプルな内装のホテルなのですが、なんか独特の空気が漂ってました・・・。

カサインディゴ(CASA INDIGO)
住所 : Jl. Petitenget 88X, Br Umasari, Kerobokan Kelod, Kuta
電話番号 : 62-361-8475470
場所・アクセス方法 : スミニャック通りを北に進み、カフェワリサンを過ぎ、ラヤクロボカン通りの信号を左折します。左折後、道が2つに分かれているところを更に左折、道なりに進んだ左側にあります。
デンパサール国際空港からは車で約20分ほど。

↓ポツっとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
カテゴリー(ホテル公示料金)

・プールアクセスルーム : US$85/1部屋/1泊
※上記料金に21%の税金およびサービスチャージがプラスされます。

☆すめれけて日記・特別価格☆
・プールアクセスルーム : US$48/1部屋/1泊

※2008年8月1日から31日までの料金 ⇒ US$63/部屋/泊
※2008年12月20日から2009年1月5日までの料金 ⇒ US$78/部屋/泊

☆料金に含まれているもの☆
・空港送迎
・コンチネンタルブレックファースト
・税金&サービスチャージ

ご予約ご希望の方は、コチラから!!

お部屋内設備

・インターネットアクセス
・テレビ
・レインシャワー
・コーヒー&紅茶メーカー
・ヘアドライヤー
・冷蔵庫
・安全金庫
・国際電話可能な電話
・エアコン

ホテル内施設&サービス

・Garamレストラン & ラウンジ
・Lux バー
・E-go スパ
・長さ50メートルのメインプール
・レセプション&コンチェルジェ
・医者(オンコール)
・ランドリーサービス
・車レンタル
・ツアーデスク
・カサマート(24時間営業のミニマーケット)
・220ボルトの電圧
スポンサーサイト

コメント

余計なしゃっちょーさん 、初コメントありがとうございます。

禁断の地に足を踏み入れそうになったことは何度もあります。坊主でなくても・・・。

もし踏み入れていたら・・・。

芸術家になってたかもしれません。今からでも遅くねぇっす。

  • 2008/06/24(火) 20:29:38 |
  • URL |
  • ガチョン・キハラ #-
  • [ 編集]

うーん。。。。
惜しい、その時、禁断の聖地に足を
踏み入れていたら・・・
きっとガチョン君の仕事の幅も広がってただろうに(笑)

もう坊主にはならんのか?( ̄-  ̄ )

  • 2008/06/20(金) 16:32:11 |
  • URL |
  • 余計なしゃっちょーさん #TkjQbHGA
  • [ 編集]

晴さん、毎度コメントありがとうございます。
東南アジアのMと言いますと、あそこですかね??あそこの隣国Sは、ゲイの方が多いと聞きます。
私もその昔、坊主頭にしたとき、スミニャックの某日本食レストランで、欧米のねぇーちゃんに誘われました。
もう少しで、魅惑の世界へ旅立つとこでした。

  • 2008/06/20(金) 12:41:15 |
  • URL |
  • ガチョン・キハラ #-
  • [ 編集]

ブログを読んで過去の忌まわしい記憶が
浮かんできました。
東南アジアのMと言う国のリゾートホテルで
スタッフの男性から誘われたことがあります。
思い出すだけでも気持ち悪いです。

  • 2008/06/19(木) 17:00:09 |
  • URL |
  • 晴 #PTRa1D3I
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tabitabibali.blog21.fc2.com/tb.php/99-774a23e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。